5月の紫外線は危険過ぎる?シミ予防と改善に効果的なことは?

日焼け予防 日傘
5月ともなるとそろそろ紫外線が気になる季節ですよね。

紫外線を浴び過ぎるとシミ・しわ・皮膚がんの原因になるので、女性にとっては特に憂鬱な季節なのではないでしょうか。

ところで皆さんは、紫外線にはシミ・しわの原因になるUV-Aと皮膚がんの原因になるUV-Bの2種類があるという事実をご存知ですか?

UV-Aは太陽から地球に届く紫外線の約95%を占めており、屋内にいても浴びてしまう可能性があるので俗に生活紫外線と呼ばれています。

対してUV-Bは、地表へ届く割合は約5%ほどしかありませんが、エネルギーが強く、浴び過ぎると皮膚の炎症や皮膚がんの原因になるので決して油断できません。

5/8の世界一受けたい授業では、そんな紫外線に纏わる様々な新事実を太陽紫外線研究の第一人者・佐々木政子先生が詳しく解説して下さいました。

仕事柄外出の機会が多い女性の方は特にご覧下さい。

スポンサーリンク
  

 

5月の紫外線は危険過ぎる?シミ予防と改善に効果的なことは?

 

紫外線に纏わる様々な雑学をクイズ形式でご紹介していきたいと思います。

第一問 月別の紫外線量は・・・

A.5月が一番多い

B.8月が一番多い

C.5月と8月はほぼ同じ

普通に考えたら8月が一番多いような気もしますが、正解は・・・Cです。

佐々木先生によると紫外線の強さは気温と関係が無いそうです。

実はもう既にピーク時と同じくらいの紫外線量ということですので、「まだ紫外線対策は早いでしょ」なんて悠長なことは言っていられませんよ!

第二問 日焼けしやすいのは・・・

A.男性

B.女性

なんとなく女性の方が外部からの刺激に弱そうなイメージですが、正解は・・・Aです。

男性と女性に紫外線を当てて、どのくらいの量で日焼けするか実験したところ、約1.2倍日焼けしやすいことが判明しました。

ただ、何故男性の方が日焼けしやすいのか、その理由はまだ解明されていません。

第三問 一番紫外線の悪影響を受けやすいのは・・・

A.すぐ赤くなりわずかに黒くなるタイプ

B.赤くなった後いつも黒くなタイプ

C.あまり黒くならずすぐ黒くなるタイプ

ちなみに日本人はBのタイプが最も多いらしいですが、正解は・・・Aです(私はBタイプなのでちょっと安心しました)。

AタイプはBタイプの3~5倍、皮膚がんなどの発生リスクが高いです。

ですので、Aタイプの方は過剰な紫外線を浴びないよう日頃から十分ご注意下さい。

第四問 20代と60代、日焼けしやすいのは・・・

A.20代

B.60代

「20代は蓄積量があまりないからすぐダメージを受けやすそう」「60代は肌を紫外線から守る保護機能が衰えていそう」といった出演者陣の意見もありましたが、正解は・・・Bです。

一般的に60代は20代に比べて紫外線に当たる表皮が薄くなっているので紫外線の影響を受けやすいと言われています。

スポンサーリンク

※ただし、日焼けサロンに通うなど日焼けをし続けている人は例外です。

第五問 ジュースにすると隠れジミ予防・改善に効果のある野菜は・・・

A.ほうれん草

B.トマト

C.にんじん

トマトはその効能をよくこの番組で紹介されますが、正解は・・・Cです。

にんじんなどに多く含まれるβカロテンは肌の新陳代謝を良くし、隠れジミを減らす効果があります。

また、にんじんは固形のまま摂取するよりもジュースにして飲んだ方が吸収率がUPします。

にんじんベースの野菜果物ジュースを2週間飲み続けたところ、隠れジミが大幅に減ったという事例もあるそうなので、是非お試しあれ。

 

紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の効果的な防ぎ方とは?

 

紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の効果的な防ぎ方を、番組の検証結果を基に纏めてみました。

それぞれどのように予防できるのか見てみましょう。

①UV-Aは日傘を使って防ごう!

日傘を使うとどれくらいUV-Aを防げるのかという実験が行われました。

以下は実験日のコンディションと実験結果です。

実験日のUV-Aの量・・・51.5(W/m²)(1年のうちで最も紫外線が強いとされるレベル)

顔に当たる紫外線の量・・・2.6(W/m²)

地面から反射してくる紫外線の量・・・1.9(W/m²)

なんと日傘をさすだけで約95%もの紫外線をカットできることが判明しました。

さすがに地面から反射してくる紫外線は防げないのではと思っていましたが、これは意外な結果でしたね。

外出する際は日傘をさしていくことをお勧めします。

②UV-Bはポリエステルの服を着て防ごう!

綿の服とポリエステルの服だとどちらの方がよりUV-Bを防げるのかという実験が行われました。

以下は実験日のコンディションと実験結果です。

実験日のUV-Bの量・・・1.49(W/m²)

綿の服の場合・・・0.13(W/m²)

ポリエステルの服の場合・・・0.00(W/m²)

これは決して、私の記述ミスではありませんよ。

信じられないかもしれませんが、ポリエステルの服を着るだけで100%UV-Bを防ぐことができるのです。

何故こんな思わず2度見してしまいそうな結果になったかと言うと、生地を形成しているポリエステル分子が紫外線を吸収してくれるので肌まで届かないからなのです。

紫外線の浴びやすさに服の色は関係無いそうなので、服選びの際は生地に気を遣うようにしましょう。

 

まとめ

 

日光浴は、骨粗しょう症予防や不眠症予防になるので、極端に紫外線を避けることはあまり良くありません。

適度に紫外線を浴びることはとても大切です。

そこで抑えてもらいたいポイントが、「浴びる時間帯」。

1日のうち紫外線の弱い時間帯は午前10時までと午後14時以降です。

5月から夏にかけては15分程度日光を浴びるだけでも骨粗しょう症予防や不眠症予防になります。

手のひらはシミのもとになるメラニンがほぼ無いので、シミを気にすることなく日光浴ができます。

どうしてもシミは作りたくないという方は、木陰で手のひらを太陽に向けて日光浴をするようにしましょう。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP