女子バレー鍋谷友理枝両親も選手のサラブレット?春高バレーの伝説とは?

鍋谷友理枝

2016年8月6日に始まるリオデジャネイロ五輪、バレーボールの全日本女子チーム出場メンバーとして選ばれている鍋谷友理枝選手。

リオデジャネイロオリンピック世界最終予選でも全日本女子代表に選ばれ、試合でも活躍を見せた鍋谷友理枝選手。

鍋谷友理枝選手がバレーボール選手になるのは必然だったのか?チームメイトにいる幼なじみとは?

鍋谷友理枝選手の経歴とともに、気になって調べたことをまとめていきたいと思います。

女子バレーリオ五輪日本代表メンバーはこちら

女子バレーリオ五輪代表メンバーまとめ背番号順&試合日程とテレビ放送時間
追加:明石家サンタでリオ五輪女子バレー日本代表選手の元カレからこちらのページに辿り着かれた皆様へこちらにその点に関して書いていますので、ご覧いただけると嬉し...

スポンサーリンク
  

 

女子バレー鍋谷友理枝両親もバレーボール選手のサラブレット?その経歴とは?

 

女子バレー鍋谷友理枝選手のプロフィールと経歴に関しては、以下になります。

鍋谷友理枝選手のプロフィールと経歴 

【名前】鍋谷 友理枝(なべや ゆりえ)
【背番号】11
【ポジション】WS(ウイングスパイカー)
【所属】デンソーエアリービーズ
【生年月日】1993年12月15日(22歳)
【出身地】川崎県川崎市
【出身高校】東九州龍谷高校
【身長】176㎝
【体重】58㎏
【最高到達点】スパイク302㎝/ブロック285㎝
【代表歴】15年W杯

出典:SprtsnaviHP 選手プロフィール 鍋谷友理枝

ご両親ともに青山学院大学体育会バレー部の出身で、お父さんは高校や実業団で活躍、お母さんも春高バレーで活躍するなど、バレーボール一家に生まれた正にサラブレットといえます。

そんな環境の中、鍋谷友理枝選手は小学3年生の時からバレーボールを始めました。

出身校は淑徳SC中等部、東九州龍谷高等学校という、いずれもバレーボール部は強豪校と言われるチームに所属していました。

高校3年生の時には、キャプテンとして全日本バレーボール高等学校選手権大会の優勝に貢献し、自らも最優秀選手賞を獲得。

2011年12月にⅤプレミアリーグのデンソーエアリービーズに入団が内定すると、2011/12シーズンの3位決定戦に出場し、プレミアデビューを飾りました。

2012年9月に行われたアジアカップでは全日本女子代表メンバーに選出。

2013年10月、第1回世界U23女子バレーボール選手権においては、銅メダル獲得に大きく貢献しました。

デンソーエアリービーズでチームメイトであり、全日本女子メンバーにも登録されている大竹里歩選手とは幼なじみです。

大竹里歩選手のお父さんである元全日本代表選手の大竹秀之さんと、鍋谷友理枝選手のお父さんが高校時代のチームメイトであったことから、家族ぐるみの付き合いがあるというエピソードもあります。

出典:Wikipedia 鍋谷友理枝

同じポジションWSウイングスパイカーの古賀紗理那選手はこちら

女子バレー古賀紗理那選手の経歴とネックレスが気になる?ツイッターは?
2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選が5月14日に開幕しましたね。中学時代元バレー部(万年補欠)だった私も、毎回の試合をドキドキしながらテレ...

 

女子バレー鍋谷友理枝両親もバレーボール選手?春高バレーの伝説とは?

 

ご両親がバレーボール経験者だったこともあり、鍋谷友理枝選手自身も中学・高校とバレーボール部ではいずれも強豪校と言われている学校へ進学している事を考えると、まさにバレーボール一筋だったことが分かりますね。

関東に住む鍋谷友理枝選手が、九州の大分県にある高校に通う決断をしたということに、とても驚きました。

スポンサーリンク

そして高校3年生の時の春高バレーでは、同じ中学生時代を共に過ごした大竹里歩選手がキャプテンを務める下北沢成徳高校と準決勝で対戦したそうです。

その時の記事を見つけました。

「春の高校バレー」第64回全日本バレーボール選手権の準決勝第2試合は、4連覇を狙う東九州龍谷(大分)が下北沢成徳(東京)との大接戦をを3-2で制し、4年連続7度目の決勝進出を果たした。

東九州龍谷は第1セットを25-22、第2セットも25-19を連取して王手をかけた。

しかし、下北沢成徳に第3セットを20-25、第4セットを23-25で奪い返されてフルセットに持ち込まれた。

第5セットも行き詰まる熱戦となったが、最大5点差を跳ね返して18-16で下北沢成徳を振り切った。

出典:SANKEIDIGITAL 2012.1.8 バレーボール 春高バレー

この記録だけ見ていても、白熱したどちらが勝つのか分からない、手に汗握る試合だったというのが分かります。

この試合は、鍋谷友理枝選手にとっても、想い出に深く刻まれた伝説ともいえる闘いだったと思います。

しかも、鍋谷友理枝選手にとっては、幼なじみでもある大竹里歩選手がキャプテンを務める下北沢成徳高校との対決。

漫画やドラマの世界のようなドラマチックな展開です。

数ある出場校の中から勝ち進み、準決勝というステージでぶつかるといのも、二人の縁を感じてしまいますね。

さらにⅤプレミアリーグでは、デンソーエアリービーズでチームメイトとなり、全日本代表メンバーにも登録された鍋谷友理枝選手と大竹里歩選手。

鍋谷友理枝選手には、バレーボールの道へ導いてくれた家族の存在と、大竹里歩選手との絆が深く関わっているように感じました。

鍋谷友理枝選手と幼なじみで、同じデンソー・エアリービーズ所属の大竹里歩選手はこちら

女子バレー大竹里歩の父親の身長は?鍋谷選手とは仲良いの?
FIVBワールドグランプリ2016が6月3日に開幕し、全日本女子チームはブラジル大会3試合を終え、1勝2敗という成績となっています。毎週3試合行われる今大会...

 

女子バレー鍋谷友理枝選手これからの活躍は?

 

全日本代表に選ばれながらも、まだまだ試合出場の機会が少なかった鍋谷友理枝選手。

世界を相手に戦い勝利するためには、やはり安定したベテラン選手の力が必要なのですよね。

しかしながら、現在の全日本女子バレーのキャプテン木村沙織選手も、鍋谷友理枝選手と同じ22歳の頃にはたくさん試合に起用され大活躍していましたから、鍋谷友理枝選手にも必ずチャンスはあるはずです。

FIVBワールドグランプリ2016では、試合出場のチャンスを生かし、次世代のエースとして注目される活躍に期待をしたいと思います。

なお、FIVBワールドグランプリ2016の生中継の放送予定はなく、6月24日~26日の京都大会のみ、ディレイ放送と録画放送があるそうです。

全試合を見ることが出来なくてとても残念です。

出典:日本バレーボール協会HP FIVBワールドグランプリ2016 TV
 

同じポジションMBミドルブロッカーの島村春世選手はこちら

女子バレー島村春世選手FIVBワールドグランプリいない?黒タイツはなぜ?
2016年8月6日から始まるリオデジャネイロ五輪、バレーボールの全日本女子チーム出場メンバーのMBミドルブロッカーとして選ばれている島村春世選手。島村春世選手とい...

まとめ

 

全日本メンバーに登録されても、さらに代表メンバーに選ばれることが必要で、ベンチ入りが叶ったとしてもコートで試合を出来るのは6人という厳しい世界です。

鍋谷友理枝選手も、常にその6人の中でチームを牽引し、頼れるスパイカーになってくれることを期待して、これからも応援していきたいと思います。

【おまけ】

鍋谷選手が、女優の夏菜さんやサッカー選手のエジルさんに似ているとの結果が・・・。

大きな目が特徴的で、そこが共通点なのかもしれませんね。

出典:sokkuriHP 鍋谷友理枝の検査結果

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016大会メンバーまとめはこちら

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016第3週中国大会メンバーまとめ
2016年7月1~3日に開催される全日本男子バレーFIVBワールドリーグ予選ラウンド第3週中国大会メンバーをまとめてみました。以下、FIVBワールドリーグ予選ラウンド...
スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
桐生祥秀選手は陸上を中学から始めた?トレーニングメニューは?
古賀淳也は自由形でオリンピックを狙ってた?弟や家族の職業は?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
永瀬貴規柔道オリンピック選手の母の料理レシピは?父や兄姉はどんな人?
女子バレー木村沙織選手結婚は?髪型かわいいし天然エピソードも面白い?
クレー射撃オリンピック代表の中山由起枝が引退出産からの復帰した理由は?
陸上の髙瀬慧選手がイケメン?日頃のトレーニングやスパイクのブランドは?

Menu

HOME

TOP