女子バレー井上愛里沙の性格は?高校時代に進路が変わったきっかけとは

井上愛里沙選手
FIVBワールドグランプリ2016が6月3日に開幕し、各国で予選ラウンドが行われています。

全日本女子チームは、ブラジル大会3試合、アメリカ大会3試合を終え、2勝4敗という成績となっていて、24日から日本で開催される京都大会3試合を控えています。

決勝ラウンド進出に向けて、日本の声援を味方につけ、勝ち星を重ねていって欲しいと思います。

さて、今回紹介する選手は、井上愛里沙選手です。

筑波大学在学中ながら、全日本チームに召集され出場メンバーにも選ばれた井上愛里沙選手は、もしかしたらバレーボールを続けていなかったかもしれないという逸話も?

その真相を探るべく、まずは、井上愛里沙選手のプロフィールから順に見ていきたいと思います。

女子バレーリオ五輪日本代表メンバーはこちら

女子バレーリオ五輪代表メンバーまとめ背番号順&試合日程とテレビ放送時間
追加:明石家サンタでリオ五輪女子バレー日本代表選手の元カレからこちらのページに辿り着かれた皆様へこちらにその点に関して書いていますので、ご覧いただけると嬉し...

 

女子バレー井上愛里沙選んだ高校はバレーの強豪校ではない?

 

女子バレー井上愛里沙選手のプロフィールと経歴に関しては、以下になります。

井上愛里沙選手のプロフィールと経歴

【名前】井上 愛里沙(いのうえ ありさ)
【背番号】19
【ポジション】WS(ウリングスパイカー)
【所属】筑波大学
【生年月日】1995年5月8日(21歳)
【出身地】京都府舞鶴市
【出身高校】西舞鶴高校
【身長】180㎝
【体重】67㎏
【最高到達点】スパイク300㎝/ブロック289㎝
【代表歴】Team CORE

出典:SprtsnaviHP 選手プロフィール 井上愛里沙

井上愛里沙選手がバレーボールを始めたのは、お父さんの勧めで小学校2年生の時からとのこと。

小学校6年生の頃には身長が170㎝を越え、中学校は岡山県の強豪校、就実中学校にバレー留学をします。

中学卒業後は、出身地である舞鶴市の西舞鶴高校に進学。

日鶴舞高校のバレーボール部は、京都府では上位に入ってはいても、決して強豪校ではないため、もしかしたらそのまま井上愛里沙選手の才能は埋もれてしまったかもしれません、

転機となったのが、2013年度全日本ジュニア代表にただ一人の高校生として選出されると、同年6月にブルノで開催された世界ジュニア選手権に出場し、28年ぶりとなるチーム準優勝に大きく貢献しました。

2014年4月、筑波大学に進学すると、時を同じくして日本代表に初選出されます。

同年5月、モントルーバレーマスターズでは途中出場ながら12得点をあげ、全日本シニア代表デビューを飾りました。

2015年4月、東京オリンピック強化指定選手であるTeam COREのメンバーに選出されると、同年7月に光州市で行われたユニバーシアードに出場、銅メダル獲得に貢献しました。

出典:Wikipedia 井上愛里沙

同じ筑波大学男子バレー日本代表の高橋健太郎選手はこちら

男子バレーNEXT4の高橋健太郎の筋肉が凄い?かっこいい画像あり
FIVBワールドリーグ2016 予選ラウンド第3週中国大会メンバーが、7月1~3日にかけて開催されます。高橋健太郎選手もメンバーに含まれています。全日本男子バレー南部...
スポンサーリンク

 

女子バレー井上愛里沙選手の性格とは?高校生で全日本ジュニアでの活躍が凄い?

 

現在は筑波大学3年生の井上愛里沙選手ですが、調べているとたくさんの情報が溢れていました。

注目が集まっている証拠ですね。

3年前に行われた世界ジュニア女子選手権大会においても、「勢いが止まらない」と表現されるほどの活躍を見せた井上愛里沙選手。

スパイクだけでなく、連続でサービスエースも奪ったのだとか。

「高いブロックに対しても、逃げずに思い切り打つことだけを考えていた」という井上愛里沙選手には強気な性格が伺えます。

また、井上愛里沙選手を全日本ジュニアに抜擢した福田康弘監督は、「スパイクもレフト、ライト、センターのどこからでも攻撃が出来、同世代の古賀紗理那選手とは異なる持ち味を持っている。」、「これからの日本バレーを背負って欲しい選手の一人」と語っています。

全日本ジュニアメンバーの中で、唯一高校生だった井上愛里沙選手でしたが、世界を相手に臆することなく実力を発揮出来てしまうあたり、生まれ持った才能があるのではないかと思ってしまいます。

出典:日本バレーボール協会 NEWS 【現地レポート】新星誕生、井上愛里沙選手!第17回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)

同じポジションWSの長岡 望悠選手はこちら

女子バレー長岡望悠選手が男前イケメン過ぎるとタイ人にも大人気?
2016年8月6日から始まるリオデジャネイロ五輪、バレーボールの全日本女子チーム出場メンバーとして活躍が期待されている長岡望悠選手。高校生の時は会場に足を運んで試...

 

女子バレー井上愛里沙高校時代に進路を変えたものは?

 

井上愛里沙選手について調べていますと、「バレーは中学でやり尽くした感があり、医療の道に進みたかった。」という記述が多く見られました。

京都府出身の井上愛里沙選手は、岡山県にある就実中学校にバレー留学をしています。

就実中学校のバレーボール部は大変強く、強豪校とも呼ばれ、平成27年度においては29年連続32回目の全国大会出場を成し遂げているそうです。

全国大会優勝を目標としているチームだけあって、バレー漬けの日々であったことが想像出来ます。

その中で井上愛里沙選手は十分バレーボールをやり切ったという思いがあったのかもしれませんね。

そして高校は地元である京都府の、けしてバレーボールは強くはない西舞鶴高校に進学したという点からも、バレーボールに重きを置いていたわけではないように思います。

しかしながら、高校生にして全日本ジュニアに選ばれ、世界ジュニア女子選手権に出場したことが、井上愛里沙選手を大きく変えたのかもしれませんね。

逸話の真相には辿り着くことはできませんでしたが、一度気持ちが離れかけたバレーボールに再び戻って来てくれたことは、全日本チームにとっても大きな財産になっているのは確かなのではないでしょうか。

同じポジションWSの田中瑞稀選手はこちら

女子バレー井上愛里沙の性格は?高校時代に進路が変わったきっかけとは
FIVBワールドグランプリ2016が6月3日に開幕し、各国で予選ラウンドが行われています。全日本女子チームは、ブラジル大会3試合、アメリカ大会3試合を終え、...

 

まとめ

 

井上愛里沙選手は高校時代からその実力が注目され続けていたことが分かりました。

FIVBワールドグランプリ2016京都大会でも出場が決まっているので、井上愛里沙選手の活躍を見るのが今からとても楽しみです。

追記
残念ながら、リオデジャネイロ五輪 全日本女子チーム出場メンバーには選ばれませんでしたね。

年齢的でも日本でオリンピッが開催される時にも十分現役でいられると思うので、これからの活躍に期待したいですね。

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016大会メンバーまとめはこちら

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016第3週中国大会メンバーまとめ
2016年7月1~3日に開催される全日本男子バレーFIVBワールドリーグ予選ラウンド第3週中国大会メンバーをまとめてみました。以下、FIVBワールドリーグ予選ラウンド...
スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
一色恭志(青学)のシューズのメーカーはどこ?靴の販売値段はいくら?
藤原正和(中央大学)監督の経歴は?嫁とは離婚して再婚しているの?
noimage
男子バレー山内晶大選手の身長や体重は?イケメン4人組NEXT4とは?
男子バレー深津英臣は若いけど髪がヤバイ?結婚して子供はいる?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
男子バレー高橋健太郎選手代表落ち?その経歴とNEXT4とは?
noimage

Menu

HOME

TOP