クレー射撃オリンピック代表の中山由起枝が引退出産からの復帰した理由は?

クレー射撃
リオオリンピック代表選手のなかでも、シングルマザーとしてママさん選手の代表的存在である中山由起枝選手。

21歳で出産した愛娘と二人三脚で勝ち取ったオリンピックで、自身初のメダル獲得を狙っています。

今回は中山由起枝選手の経歴や、引退出産からこれまでの道のりについて調べてみました。

スポンサーリンク
  

 

クレー射撃リオオリンピック代表の中山由起枝選手とは?経歴がすごい?>

 

中山由起枝選手のプロフィールや経歴に関しては、以下になります。

中山由起枝選手のプロフィールや経歴

【名前】中山由起枝(なかやま ゆきえ)
【競技】クレー射撃 
【自己ベスト】北京オリンピック4位
【所属】日立建機
【出身高校・大学】埼玉栄高校
【生年月日】1979年3月7日
【出身地】茨城県結城市

【経歴】

埼玉栄高校ではソフトボール部主将、捕手としてインターハイ準優勝。

実業団から10社以上の誘いを断り、日立建機クレー射撃部に入社しました。

動体視力の良さと高い運動能力が抜擢の理由だそうです。

2000年シドニー五輪出場後、引退・結婚し2001年に長女を出産。

一時競技から離れますが、離婚を経て2003年から復帰します。

シングルマザーとして子育てと競技を両立させ、2008年北京五輪に出場。

自己最高の4位を獲得しました。

続く2012年ロンドン五輪にも出場しますが、予選敗退となりました。

2016年、自身4度目3大会連続でのリオ五輪出場が決定しています。

【主な戦績】

2000年 初の五輪出場。シドニー五輪のダブルトラップで13位。

2008年 北京五輪クレー射撃の女子トラップで4位入賞。

2010年 広州アジア大会の女子クレー・トラップ個人で日本人初の金メダルを獲得。

2012年 ロンドン五輪予選敗退

2013年 世界クレー射撃選手権リマ大会の女子クレー・トラップ個人で銀メダルを獲得。

2015年 世界クレー射撃選手権カバラ大会の女子クレー・トラップ個人で金メダルを獲得。
   リオデジャネイロ五輪の国別出場枠を獲得。

出典:wikipedia

 

中山由起枝選手引退出産さらに離婚後現役復帰までの道のりとは?

 

中山由起枝選手は2001年に出産し2003年に復帰する間に離婚。

スポンサーリンク

以後、シングルマザーとして育児をしながらトレーニングを積んできました。

娘さんを幼稚園に送った後に練習に向かい、迎えの時間が来ると練習を切り上げなければなりません。

中山由起枝選手はこの限られた時間を逆に利用し、「これが最後の一発」と集中して練習してきました。

これがかえっていい緊張感を生み、試合にも同じ感覚で臨めるようになったのだそう。

クレー射撃にはトラップ、ダブルトラップ、スキートという種目があるのですが、中山由起枝選手が得意としていたダブルトラップは女子のオリンピック種目から外れてしまいました。

それでも、活発で向上心の高い中山由起枝選手は着実に実力をつけ、結果を出し続けて、北京、ロンドンに続いてリオオリンピック出場権を獲得しています。

出典:nanapi 中山由起枝(クレー射撃 トラップ)の基礎知識

 

中山由起枝選手シングルマザーで復帰育児と練習の両立を支えた存在とは?

 

中山由起枝選手には、愛娘の芽生(めい)さんがいて、中山由起枝選手自身が「娘が最高のメンタルトレーナー」と語るほど、競技を続けていく上で支えになっています。

トップレベルの選手になると海外遠征や合宿が多く、自宅を空けることが多くなります。

北京五輪後には、お母さんのいない生活に寂しさを感じた当時6歳の芽生さんに、「ママ、ロンドンまででやめてね」と言われたこともあったそうです。

ですが、中山由起枝選手は娘にメダルをかけてあげたい!との思いでその後も練習を続けていくと、ロンドン五輪の時には芽生さん自ら「応援団長」として、母の戦いを見守ってくれるまでになりました。

現在も家を空けることは多いものの、家にいるときは一緒にお風呂に入るなどコミュニケーションを欠かしません。

最近は海外での試合中にはメールで力をもらっているとのこと。

「1ラウンド目、こけた」と送ると「大丈夫、これから、これから」と芽生さん。

母の気持ちを汲み取り、応援し続ける娘と、娘に全力で戦う姿を見せる母との絆がわかる、すてきなエピソードですよね。

出典:「応援団長」の娘と私、独り立ちのリオ 射撃・中山

 

まとめ

 

一生のうちで4回もオリンピックに出ること自体すごいことですが、シングルマザーとして子育てをしながらトレーニングする日々は、とても大変だったと思います。

今では一人娘の芽生(めい)さんも14才、がんばる母親の姿は、最大の誇りに感じているはずです。

オリンピックのメダルはまだ獲得したことがない中山由起枝選手。

全国の働く母親にも勇気を与える活躍をきっとしてくれると期待して、応援しましょう。

そして今度こそ、娘さんにメダルをかけてあげてほしいですね!!

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
原晋監督(青学)の奥さんはカリスマ寮母?妻の名前や子供はいるの?
男子バレー出耒田敬選手は偏差値70で経歴も頭もいい?彼女や結婚は?
noimage
全日本女子バレーFIVBワールドグランプリ2016京都大会メンバーまとめ
女子バレー山口舞ブロード攻撃とMB(ミドルブロッカー)のポジションとは?
noimage
noimage
noimage
武田凛太郎(早稲田大学) 進路は?出身高校や経歴にシューズのブランドは?
noimage
塩浦慎理髪型と顔が個性的過ぎる?トレーニングや気合も半端ない?
入江陵介水着のブランドは?浅田真央に励みを得てスランプとヘルニア克服?
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP