陸上の髙瀬慧選手がイケメン?日頃のトレーニングやスパイクのブランドは?

陸上・髙瀬慧選手
陸上短距離界を代表する髙瀬慧選手。

100mでは9秒台、200mでは日本新記録を狙える実力の持ち主です。

甘いマスクでイケメンと人気ですが、日頃どんなトレーニングを積んでいるのか、使用しているシューズなど、調べてみました。

スポンサーリンク
  

 

髙瀬慧選手のプロフィールや経歴とは?

 

髙瀬慧選手のプロフィールや経歴に関しては、以下になります。

髙瀬慧選手のプロフィールや経歴

【名前】髙瀬慧(たかせ けい)
【種目】陸上短距離 
【自己ベスト】
・100m 10秒09(日本歴代7位)
・200m 20秒14(日本歴代4位)
【所属】富士通
【出身高校・大学】静岡県立静岡西高校→順天堂大学
【生年月日】1988年11月25日
【出身地】静岡県
【身長】179㎝
【体重】67㎏

出典:富士通陸上競技部HP

【経歴】

髙瀬慧選手は小学4年生から陸上を始めましたが、中学時代は県大会で予選敗退してしまうレベルだったそうです。

静岡西高校時代はインターハイに出場。

しかし、200mと400mどちらも準決勝で敗退しました。

順天堂大学に進学すると、2007年の日本ジュニア選手権では全国大会で初の入賞となる5位獲得。

400mリレーや1600mリレーを中心に活躍し、2010年日本選手権では400mリレーで優勝、
1600mリレーで2位に入るなど、徐々に頭角を現していきます。

2011年に富士通に入社。5月には200mで大会新記録の20秒53をたたき出し優勝します。

2012年にはロンドンオリンピックに出場。

200mでは準決勝敗退、1600mリレーでは惜しくも予選敗退となりました。

2013年からは100mにも本格的に参戦します。

そして2015年、追い風参考記録ながら、現時点での自己記録である10秒09を記録するなど、着実に力をつけています。

2016年200mと400mリレーでリオオリンピック代表に内定しています。

陸上においては10代で急激に成長して出てくる選手が多い中で、
髙瀬慧選手は比較的歳を重ねてから記録を伸ばしているので、大器晩成タイプと言えそうです。

【主な戦績】

2011年アジア選手権1600mリレー 3分04秒72 優勝
2012年日本選手権200m     20秒42 優勝
   ロンドン五輪200m    20秒70 準決勝進出
2014年アジア大会100m     10秒13 3位
        400mリレー  38秒49 準優勝
2015年日本選手権100m     10秒28 優勝
        200m     20秒57 準優勝
2016年日本選手権200m     20秒30 準優勝

出典:wikipedia
出典:公益財団法人日本陸上競技連盟HP
 

陸上の髙瀬慧選手がイケメン?トレーニング方法が気になる?

 

オリンピック代表の髙瀬慧選手はどんなトレーニングをしているのか、気になりますよね。

スポンサーリンク

特徴的なのは、15キロほどの重りを付けて砂場を走るというトレーニング。

見るからに足腰が鍛えられそうです。

髙瀬慧選手は2013年に海外でのトレーニングに取り組みました。

ジャスティン・ガトリン選手(アテネ五輪100m金メダリスト)や、9秒台の記録を持つ選手たちに混ざってトレーニングをしたことがプラスになったと話しています。

その時海外の選手に感じた印象をインタビューで語っているので引用してみます。

「海外の選手が一番すごいなと思ったのは、気持ちの部分が、ぼくらとは違っていたことです。

彼らはプロで、すごくハングリー精神があるんですね。

練習の中でもスタートダッシュをやるにしても、ほとんどが世界選手権でファイナルに残るようなメンバーなので、すごい威圧感やプレッシャーがある中でやっていて。

日本には無い、そういう環境で練習している彼らはやっぱり強いんだな、って思いますね。」

髙瀬慧選手は2013年に100mに本格参戦してすぐに結果を出していますし、今も記録が伸び続けているのは、この時の刺激があったからこそなのかもしれませんね。

2014年ごろからイメージトレーニングも欠かさず、自分がリオオリンピックの決勝の舞台に立っている姿を繰り返し思い描いているそうです。

陸上選手はメンタルとの戦いでもありますから、これが力を引き出す秘訣でもあるのですね。

出典:髙瀬慧選手インタビュー

 

陸上の髙瀬慧選手がイケメン?履いているスパイクのブランドはどこ?

 

髙瀬慧選手はアスリートとしても一流ですが、かわいらしい顔立ちで超小顔のイケメンですよね。

そんな髙瀬慧選手の履いているスパイクはどんなものか調べてみました。

ロンドンオリンピック時は「ミズノ」の「ジオマッハのプレート」を使用していました。

今は変わっている可能性もありますが、2016年の日本選手権でもミズノのスパイクを使用していました。

ちなみにトレーニングウェアなどはデサントと契約してサポートしてもらっています。

髙瀬慧選手は大学時代、暇があれば図書館に行って陸上に関する論文を読んでいたという勉強家。

今でも休みの日には論文やメンタルの本を読んでいるそう。

その中から取り入れられるものは取り入れて、日々練習してきたんですね。

人見知りで話すことが苦手だったということですが、陸上選手としての実力がつくにつれて自己表現できるようになったそうです。

競技をする中で人間的にも成長できたということですね。

今後の記録向上にも期待です。

髙瀬慧選手のツイッターも気になるかもしれませんね。

髙瀬慧選手のツイッターは以下になります。
出典:髙瀬慧選手Twitter

こちらのインタビュー記事では、髙瀬慧選手に関して更にいろんな面を知ることが出来ておすすめです。
出典:髙瀬慧選手インタビュー

 

まとめ

 

27歳の今でも記録を伸ばし続けている髙瀬慧選手。

日頃の勉強やトレーニングを考えながら行っているからできることではないかなと思いました。

イケメンですし、これからもファンが増えそうな選手だと感じます。

今後どこまで記録を伸ばしていけるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

女子バレー井上愛里沙の性格は?高校時代に進路が変わったきっかけとは
水泳の酒井夏海選手は中学生でオリンピック代表?身長はいくつ?
金藤理絵と澤穂希は似ているか比較画像あり!水着のブランドも気になる?
noimage
noimage
男子バレー栗山雅史の性格はお茶目?柳田将洋選手と仲良すぎ!
一色恭志(青学)のシューズのメーカーはどこ?靴の販売値段はいくら?
noimage
noimage
noimage
バレーボールのチャレンジって何?いつからのルールでその仕組みとは?
noimage
noimage
noimage
女子バレー大竹里歩の父親の身長は?鍋谷選手とは仲良いの?

Menu

HOME

TOP