伊調馨と吉田沙保里どっちが強い?階級や戦績から考察してみた

盛り上がりを見せるリオ五輪。

女子レスリングの伊調馨選手はオリンピック4連覇という大偉業がかかっています。

同じく4連覇を目指す吉田沙保里選手とではどちらが強いのか?という議論が起こることもしばしば。

そこで今回は伊調馨選手と吉田沙保里選手の階級や戦績から、どちらが強いのか考えてみました。

追記:リオデジャネイロオリンピック、レスリング女子58キロ級の伊調馨選手が金メダルを獲得しました。

女子個人では、五輪史上初の4連覇という快挙。

おめでとうございます。

追記の追記:文部科学大臣から、リオオリンピックのレスリング女子で4連覇を果たした伊調馨選手に国民栄誉賞を授与するという発表がありましたね。

前人未到の快挙ともいえる記録を達成しましたし、2012年に吉田沙保里選手も3連覇ということで受賞していますから、当然ともいえます。

本当に、凄いとしかいえません。

スポンサーリンク

 

伊調馨選手のプロフィールや経歴とは?

 

伊調馨選手のプロフィールや経歴に関しては、以下になります。

伊調馨選手のプロフィールや経歴

【名前】伊調 馨(いちょう かおり)
【階級】58kg級
【高校・大学】中京女子大学附属高校(現至学館高等学校)→中京女子大学(現至学館大学)
【所属】ALSOK
【生年月日】1984年6月13日
【出身地】青森県八戸市
【身長】166㎝
【体重】58㎏
【特技・趣味】食べること・寝ること

【代表歴・経歴】

伊調馨選手は兄と姉(元オリンピック銀メダリスト伊調千春さん)の影響で地元青森県でレスリングを始めました。

高校・大学はレスリングの強豪である現在の至学館高・大学でトレーニングを積みます。

リオ五輪の女子代表選手はすべて至学館大学のOGか現役学生だそうです。

伊調馨選手のオリンピック3連覇というとてつもない偉業も、この場所からつくられることになります。

主要大会での成績を調べてみましたが、数えきれない大会に出場し、十数年にわたる大会ほぼすべてで優勝するという無敵状態を続けてきました。

2001年 ジャパンクイーンズカップ56kg級 優勝
2002年 ジャパンクイーンズカップ63kg級 優勝
ワールドカップ63kg級 優勝
世界選手権63kg級 優勝
全日本選手権63kg級 優勝
2003年 ジャパンクイーンズカップ63kg級 優勝
世界選手権63kg級 優勝
ワールドカップ63kg級 優勝
全日本選手権63kg級 優勝
2004年 ジャパンクイーンズカップ63kg級 優勝
アテネオリンピック63kg級 優勝
ワールドカップ63kg級 優勝
全日本選手権63kg級 優勝
2005年 ジャパンクイーンズカップ63kg級 優勝
ワールドカップ63kg級 優勝
ユニバーシアード63kg級 優勝
世界選手権63kg級 優勝
全日本選手権63kg級 優勝
2006年 ジャパンクイーンズカップ63kg級 優勝
ワールドカップ63kg級 優勝
ユニバーシアード63kg級 優勝
世界選手権63kg級 優勝
2007年 ジャパンクイーンズカップ63kg級 優勝
世界選手権63kg級 優勝
2008年 北京オリンピック63kg級 優勝
2010年 世界選手権63kg級 優勝
2011年 世界選手権63kg級 優勝
2012年 ロンドンオリンピック63kg級 優勝
2013年 世界選手権63kg級 優勝
2014年 世界選手権58kg級 優勝
2015年 アジア選手権58kg級 優勝
世界選手権58kg級 優勝

スポンサーリンク

出典:wikipedia

 

伊調馨と吉田沙保里どっちが強いのか階級から考察してみた

 

霊長類最強女子と言われている吉田沙保里選手とともに、圧倒的強さでレスリング界をけん引する伊調馨選手ですが、実はもともと吉田沙保里選手と同じ階級の選手でした。

2つ上の吉田沙保里選手との対戦に苦戦したため、階級を上げたとか。

ともに無類の強さを誇るこの2人が、もし今対戦したらどちらが強いのかということに関心を抱いている人は多いようです。

一度は吉田沙保里選手を避けた形になったため、当時は間違いなく吉田沙保里選手の方が強かったでしょう。

しかし伊調馨選手はその後、世界大会でもほぼ負けずに戦い続けているところを見ると、相当な実力をつけているはずです。

階級を比べると吉田沙保里選手は53㎏級、伊調馨選手は58㎏級(2013年までは63㎏級)です。

常識的に考えると、体重が重い方がパワーがありますから、伊調馨選手に分があるのでしょうか。

しかし吉田沙保里選手には「高速タックル」などスピードがありますし、もはや常識では考えられない強さなので、一概には言えませんよね。

 

伊調馨と吉田沙保里どっちが強いのか戦績や連勝記録で比べてみた

 

今度は過去の戦績や連勝記録で比べてみます。

2人ともにオリンピックではアテネ、北京、ロンドンの3連覇。

加えて伊調馨選手は2007年のアジア大会でけがによる不戦敗を除くと、2003年5月から2016年1月のヤリギン国際大会決勝で敗れるまでなんと公式戦189連勝!

58㎏級に変更した2014年からは1ポイントも奪われない圧倒的な強さを見せつけていました。

一方の吉田沙保里選手は2001年の全日本選手権で負けて以来2008年1月までに119連勝し、この間の国際大会では27大会連続優勝

中国選手相手に1敗しますが、その後また2012年5月まで58連勝を記録

トップレベルの世界大会(五輪と世界選手権)で13大会連続優勝を果たしギネス記録に認定されています。

2人とも地球上に敵がいないレベルで勝ち続けています。

しかしこの戦績で見ると、けがなどがない限りは伊調馨選手の方が絶対王者として君臨しているように感じます。

2年もの間、誰にもポイントを奪わせずに戦っていたことは、見事としか言いようがありません。

しかし、2016年1月に13年ぶりの黒星を喫してしまっているので、もし今戦ったら吉田沙保里選手が勝つかもしれませんね。

獲得したメダルの数はどうでしょうか?

伊調馨選手と吉田沙保里選手のメダル獲得履歴を比べた表を見ると一目瞭然です。

伊調馨vs吉田沙保里 メダル比較
出典:wikipedia 伊調馨
出典:Wikipedia 吉田沙保里

今までに獲得している金メダルの数では、吉田沙保里選手のほうが多いという結果になりました。

階級が違う2人が戦うことは難しいかもしれないのですけど、レスリングでも無差別級を行っている大会が存在するようなので、無差別級で2人が対戦するのを見てみたいです。

伊調馨選手の全成績はこちらで確認出来ます。
出典:日本レスリング協会公式HP 伊調馨 

吉田沙保里選手の全成績はこちらで確認出来ます。
出典:日本レスリング協会公式HP 吉田沙保里

どちらも優勝というのが当たり前のような戦績で、連勝無敗の期間が長期に渡っていることに圧巻です。

 

まとめ

 

女子レスリングといえば吉田沙保里と伊調馨と言われるほど、後にも先にも類を見ない強さの2人。

今回のリオ五輪でも危なげなく優勝してくれるでしょう。

特に伊調馨選手は階級を変更してのオリンピックですが、王者の貫禄を見せつけてくれることを期待しています!

追記:リオデジャネイロオリンピック・レスリング53kg級の吉田沙保里選手、銀メダル。

彼女をもってしても、4度目の金メダルを獲得するというのは難しいのだと感じました。

12年で4回も金メダルを獲得し続けた伊調馨選手は、もう別格なのかもしれません。

階級、リオデジャネイロオリンピックの結果を考えると、もし今戦ったなら伊調馨選手に軍配が上がるかな?と感じました。

とはいえ、やはり勝負は時の運、戦ってみないと分からないので、伊調馨選手と吉田沙保里選手の頂上決戦を待ち望みます。

リオデジャネイロ・レスリング女子48キロ級で、初出場で金メダルを獲得した登坂絵莉選手はこちら

登坂絵莉はかわいいけど筋肉と筋トレ方法が凄い?吉田沙保里と仲良し?
レスリング日本代表で吉田沙保里選手に引けを取らない成績を残している登坂絵莉選手。ルックスもかわいいと話題で筋肉もすごいとか!?ともに練習しているというレスリ...
スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
萩野公介金メダルを個人メドレー日本新で獲得!そのプロフィールや経歴は?
女子バレーリオ五輪代表メンバーまとめ背番号順&試合日程とテレビ放送時間
女子バレー木村沙織選手結婚は?髪型かわいいし天然エピソードも面白い?
noimage
noimage
長谷川涼香の父親と母親はスパルタ水泳コーチだった?名前の由来も
noimage
noimage
noimage
noimage
水泳の酒井夏海選手は中学生でオリンピック代表?身長はいくつ?
noimage

Menu

HOME

TOP