MOAMETALのギター歴が長い?YUIMETALと似てるけど見分け方と違いは?

年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMA2016」で、またしてもBABYMETALが2冠に輝きました。

一つは「KARATE」のミュージックビデオが「Best Metal Video」で、そしてもう一つはセカンドアルバム「METAL RESISTANCE」が「Best Album of the Year-Japan-」で1位を獲得。

世界のアーティストの中においてもこれだけの評価を受けているなんて、本当に凄いですね。

そんなBABYMETALのメンバー、MOAMETALをご存知でしょうか?

メインで歌うSU-METALの横には、YUIMETALとMOAMETALがいるのですが、見分けがつかないという方も多いかもしれませんね。

ギターも得意だというMOAMETALについて、調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク
  

 

MOAMETALのプロフィールや経歴とは?

 

MOAMETAL(もあめたる)

本名は、菊地 最愛(きくち もあ)。

愛知県名古屋市出身、1999年7月4日生まれの17歳です。

幼少期から雑誌のモデルをしていたというMOAMETALは、2007年、「ちゃおガールズオーディション2007」で準グランプリを受賞、アミューズの所属となりました。

バレエやテニス、体操、水泳の教室にも通っていたそうです。

ダンスのキレの良さ、運動神経の良さは、小さい頃から培われたものなのかもしれませんね。

2010年、さくら学院の小等部の転入生として加入、同年11月にさくら学院の重音部「BABYMETAL」に参加。

2011年5月には、水野由結(YUIMETAL)とともに番組のコーナーを務めるなど、付き合いの長い二人は、今でもダンスの呼吸がピッタリです。

2013年、MOAMETALより2学年上の中元すず香(SU-METAL)のさくら学院卒業に伴い、BABYMETALはさくら学院から独立したプロジェクトになりました。

BABYMETALの3人は、さくら学院を卒業した今も、継続して活動を続けています。

2016年5月、MOAMETALの名前と同じ銘柄の日本酒「最愛」を販売する愛知県蟹江町の酒造に、BABYMETALファンからの注文が殺到したことが話題になりました。

出典:wikipedia 菊地最愛

 

MOAMETALのギター歴が長い?

 

2016年7月、BABYMETALは「メタルゴッド」と呼ばれるジューダス・プリーストのボーカル、ロブ・ハルフォードと共演。

スペシャルライブとして、YUIMETALとMOAMETALがギタリストとして参加したことにも、ファンの注目が集まりました。

その時の演奏はエアーだった?とも言われていますが、実はMOAMETALはギターが弾けると言います。

調べたところ、小学校3年生の時にギターを始めて、小学校6年生の時には「エリーゼのために」「トルコ行進曲」を弾いたことがあるという情報を多く見かけました。

スポンサーリンク

これが本当であれば、ギター歴は7年ということになりますね。

4年ほど前のインタビュー記事になりますが、MOAMETALはギターの練習をしている、という話をしているので、ギターが弾けると言うのは本当のようです。

出典:音楽ナタリー ピエール中野とド・キ・ド・キ☆パフォーマンス研究会

「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のPVでもギターを演奏しているシーンがありますが、とても様になっているとは感じていました。

PVやライブでは実際には弾いていないとはいえ、弾けるからこそ出来るパフォーマンスがあったのですね。

メタルゴッドとの共演の際も、ギターの神こと大村孝佳さんと向かい合ってギターを弾いているMOAMETALは、とっても楽しそうで格好良かったですし、いつか演奏しているのを見てみたいと思いました。

 

MOAMETALとYUIMETALは似てるけどその見分け方と違いは?

 

BABYMETALの中で、BLACK BABYMETALとして歌を披露することもある、YUIMETALとMOAMETAL。

二人の身長は同じくらいですし、衣装やヘアメイクも同じといったコンセプトもあって、良く似ていますよね。

私もファンになった当初は写真を見てもなかなか区別がつきませんでした。

ライブ中もポジションは常に変化していますし、写真も同様に、必ず左側がMOAMETALなどと決まっているわけでもないので、分かりにくいと思います。

よく言われているのは、ツインテールの巻き髪がYUIMETALは天然パーマのため自然な感じになっていて、MOAMETALはストレートなので縦巻きに強めに巻かれているということ。

YUIMETALは頬がぷくっとしている、MOAMETALは笑うとえくぼが出る、という見分け方もありますね。

私はそれに加えて、MOAMETALの方が黒目が大きいようにも感じています。

YUIMETALはキツネ顔で、MOAMETALはタヌキ顔なって意見も見かけましたね。

確かに、MOAMETALのほうがタレ目っぽい感じもします。

一番分かりやすいのは、衣装で手に付けているグローブ

過去には両手に付けていたり、逆の手に付けていたこともあるようですが、現在は左手に付けているのはMOAMETALで、右手に付けているのはYUIMETALです。

もし写真や雑誌などで見かけたときは、グローブに注目してみて下さいね。

一番の見分けるコツは、YouTubeでアップされている動画を何度も繰り返し観る、画像をたくさん見ることではないかと思います。

直接会う機会はなくても、動画や画像で繰り返し見ているうちにそれぞれの良さや違いは自ずと分かるかと。

よく知らないから見分けがつかないので、よく知るようにしたら2人それぞれの個性や特徴があることがわかると思いますよ。

 

まとめ

 

時折、小悪魔的な表情を見せるMOAMETAL。

ライブでの煽りや、表情豊かに振る舞うその姿は、ファンの視線を集めています。

これからもその笑顔で、たくさんの幸せを届けて欲しいと思います。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP