大谷翔平最高球速165キロと日本最速を更新?日本シリーズ先発の可能性は?

日本プロ野球界で二刀流としても知られている日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、クライマックスシリーズ最終戦となった10月16日、対福岡ソフトバンクホークス戦の9回表に登板し、時速165キロを記録したことが話題となりました。

1勝のアドバンテージを含む2勝2敗で迎えたこの日、大谷翔平選手はDH(指名打者)でスタメン出場。

序盤は福岡ソフトバンクホークスにリードを許すも、中盤に追い上げ逆転、リードを広げて迎えた9回表にDHを解除された大谷翔平選手は、投手としてマウンドに上がりました。

初球から時速163キロを出し球場内を沸かせると、時速165キロという自信が持つ日本最速の164キロを上回る記録を更新。

ますます注目が集まる大谷翔平選手、日本シリーズでも先発するのでしょうか?

大谷翔平選手の二刀流の凄さについても迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
  

 

大谷翔平最高球速165キロと日本最速を更新?

 

クライマックスセカンドステージ、ペナントレース1位通過の日本ハムファイターズに1勝のアドバンテージがある中、2勝2敗という成績で最終戦を迎えました。

勝った方が日本シリーズに進出できるということもあって、札幌ドームは試合前から異様な熱気に包まれていました。

日本ハムファイターズ先発の加藤貴之投手は、そういった緊張もあってか、1回表から先頭バッターにヒットを許し、ピッチャーゴロの処理にもたつくなどして、ランナーを背負います。

4番内川聖一選手に対してはフォアボール、続く長谷川勇也選手の内野ゴロの間に1点を先制されてしまいました。

そして2アウト1・3塁で迎えたバッターは、お祭り男、松田宣浩選手。

明らかにリズムを崩している加藤貴之投手に対して、押せ押せムードの福岡ソフトバンクホークスのベンチと応援スタンド。

松田宣浩選手に投じた2球目は、日本ハムファイターズファンが埋め尽くすレフトスタンドへ吸い込まれていきました。

私もテレビで観戦していましたが、いつも決めて欲しい時に打ってくれる松田宣浩選手は、さすがだなと思いました。

しかし、2回の裏に飛び出した中田翔選手のソロホームランをきっかけに、徐々に追い上げていく日本ハムファイターズ。

中田翔選手がヒットを打つと、ムードが変わりますよね。

この日も中田翔選手は猛打賞という活躍を見せました。

一方、DH3番打者でスタメン出場していた大谷翔平選手は、先発投手がマウンドを降り、序盤から投手を注ぎ込んでいるチーム事情を考えて、「自分が投手としての出番があるかもしれない」と予想していたそうです。

ベンチコーチが栗山英樹監督の指示を伝えようと近づいてきた時も、「行きましょうか?」と自ら申し出たという事にも驚きました。

そういった考えや姿勢が、大谷翔平選手の持つ天性であり、素晴らしい選手だと言われる所以なのではないでしょうか。

確実に点数を重ねて、同点に追いつき、終盤にリードを広げて4-7で迎えた9回表、その時はやってきました。

ベンチの中でも大谷翔平選手の意思を視線から感じていたという栗山英樹監督は、試合途中でDHを解除、大谷翔平選手を投手起用します。

DHとしてもランナーに出て体を動かしていたことも幸いし、登板の可能性を見据えていた大谷翔平選手は心の準備も万端。

指揮官の思惑と、逆転できたという試合展開、そして二刀流の大谷翔平選手、全てが噛み合っていました。

大谷翔平選手が投じた1球目は、時速163キロ、大歓声に包まれる札幌ドーム。

そして二人目のバッター、吉村裕基選手に対して、自身が持っているプロ野球最速記録を更新する時速165キロを出しました。

変化球のフォークボールでさえ時速151キロだったという大谷翔平選手。

普通のピッチャーの直球の速さでボールが変化しているだなんて、素人の私には全く想像が付きません。

打者を三振に打ち取った時に見せたガッツポーズには、大谷翔平選手の気合いも感じられました。

野手でスタメン出場した選手が抑え投手としてセーブを挙げたのは、プロ野球史上初ということ。

DHを解除しての途中登板はもちろん初めてで、初めてのセーブポイント、そして日本最速記新記録。

緊迫した試合にも関わらず、大谷翔平選手にとって初めて尽くしの1日となりました。

出典:日刊スポーツ 日本ハム大谷165キロ!日本新突破 リリーフ志願

 

大谷翔平の日本シリーズ先発の可能性は?

 

見事、クライマックスシリーズも制覇した日本ハムファイターズは、日本シリーズでセ・リーグ覇者の広島東洋カープと対戦します。

果たして大谷翔平選手が先発する機会はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

日本シリーズは先に4勝した方が勝ち(日本一)ということもあって、勝てる要素は出し惜しみせず、先手攻撃がカギになってくると思います。

ともすれば、日本ハムファイターズ大谷翔平選手と、広島東洋カープ黒田博樹選手が投げ合う可能性もあるかもしれませんね。

個人的には、とても見たい組み合わせです。

当然、大谷翔平選手はバッターとしてスタメンに名を連ねることも有り得るでしょう。

また、今回のように抑えとしての登板もあるかもしれません。

そんな気になる日本シリーズは、10月22日土曜日、Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島で開幕します。

最短では4試合、最長で7試合行われる日本シリーズ。

日本ハムファイターズとしては、先ずは広島で少なくとも1勝して、札幌ドームで連勝し日本一を決めたいところでしょう。

パ・リーグ出場チームの本拠地での試合にはDHルールが採用されるという事で、広島東洋カープもどのようなスタメンオーダーを組んでくるのか、興味がありますね。

また、Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島は屋根がありませんので、天候も気になるところです。

日本シリーズの日程や開催要項、チケット情報は、日本野球機構のホームページで確認できますので参考にしてみて下さいね。

出典:日本野球機構 SMBC日本シリーズ2016

 

大谷翔平の二刀流とは?そのレベルが凄すぎる!

 

大谷翔平選手は、その球速を持ち味とした投手でありながら、打撃での評価も高い選手です。

ドラフトでは8球団から1位指名を受け、最終的に入団を決めたのは、日本ハムファイターズでした。

パ・リーグはDH制を取り入れているということも功を奏し、栗山英樹監督は、大谷翔平選手を「二刀流」で起用。

この「二刀流」に関しては、プロ野球界の中でも賛否両論でしたが、大谷翔平選手は投手でも野手でも超一流の選手になると、栗山英樹監督は確信していたそうです。

野球ファンの私も、投手でバッティングが良いという選手は見たことがあっても、投手としても野手としても、他の選手と肩を並べるほどの選手を見たことがなかったので、不安視する部分もありました。

やはり、どちらかに成績が偏ってしまうのでは?と思ったからです。

DHは守備に付かなくてもいいので、その一打席に集中できるという利点があります。

ただし、試合の途中でDHを解除することもできるため、10月16日の試合のように、DHで出場しながらも投手で登板するということも可能なのです。

それができてしまうのが、大谷翔平選手、なのですよね。

DH制が採用されていないセ・リーグの投手の打順は最後の9番目が主流の中、大谷翔平選手はDHで3番や5番という、クリーンナップと呼ばれる位置で起用されることもあり、いわば「主力選手」扱いなのも凄いことなのではないでしょうか。

また、代打でホームランを放つなど、そのスター性も兼ね備えています。

大谷翔平選手のホームランの弾道も素晴らしく、ゆっくりと大きな弧を描くような打球は、まるでホームランバッターです。

大谷翔平選手の2016年シーズンの投手としての成績は、10勝4敗。

一昔前までは、先発投手が完投するというのが当たり前だったので、15勝や20勝する投手もいましたが、現在は先発・中継ぎ・抑えといった継投野球に変わったため、二桁勝利というのが好成績の目安となっています。

そんな中、しっかりと10勝をしている大谷翔平選手はパ・リーグ投手部門で8位という成績でした。

また、規定投球回数に達していないものの、防御率は1.86と登板した試合は2失点以下

そして、10勝のうち4勝は完投、無失点勝利は1、無四球試合も1という、とても素晴らしい内容です。

打者としても22本のホームランを打っていて、パ・リーグの個人成績では8位、セ・リーグで首位打者を獲得した読売ジャイアンツの坂本勇人選手のホームラン数は23本ですから、まさに他の野手と肩を並べる成績を残しているのです。

打率は規定打席数に達していないものの、3割2分2厘と打者としては立派な数字です。

勝ち星とホームラン数ともにベスト10入りを果たしている大谷翔平選手は、「二刀流」を「一流」に実践するプレーヤーなのです。

 

まとめ

 

「二刀流」だけに、規定投球回数や規定打席数に達しないことを考えると、個人タイトルを獲得するには、やはりどちらか一方に絞った方がいいのでは?とも思います。

これからも、大きな怪我をすることなく、野球少年や野球ファンに夢を与えるプレーに期待したいですね。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

女子バレー木村沙織選手結婚は?髪型かわいいし天然エピソードも面白い?
noimage
男子バレー高橋健太郎選手代表落ち?その経歴とNEXT4とは?
noimage
男子バレー清水邦広選手のポジションのオポジットとは?眉毛も気になる?
今井月の名前の読み方と由来は?兄も水泳の平泳ぎで中学時代日本一に?
noimage
瀬戸大也ゴーグルや水着のブランドは?強さの秘密に萩野公介選手の存在
noimage
2016リオオリンピック陸上代表選手まとめ
女子バレー古賀紗理那選手の経歴とネックレスが気になる?ツイッターは?
男子バレー渡辺俊介選手は高身長リベロ?初全日本代表になった素質とは?
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP