フィギュアスケートのチケットの値段や取り方は?先行予約や当日券についても

フィギュアスケートのグランプリシリーズは、男子シングルの羽生結弦選手が史上初の4連覇を達成、また、女子シングルで優勝したメドベージェワ選手もショートプログラムで歴代世界最高得点を記録するなど大変盛り上がりました。

テレビでフィギュアスケートを観戦していて、実際に会場に足を運んでみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

これから開催される国内試合で最も近いのは、12月22日に開幕する全日本フィギュアスケート選手権2016です。

そして2017年2月23日からは2017冬季アジア札幌大会が開催されることが決定していて、チケットの一般発売も始まっています。

ここではこの2つの大会についての最新チケット情報とともに、チケットの値段やチケットの取り方(購入)について分かりやすく説明したいと思います。

全日本フィギュアスケート選手権のチケットは完売しているのですが、3次先着販売が明日の17日に行われますので、今すぐメモのご用意を!

スポンサーリンク
  

 

フィギュアスケートのチケットの値段や取り方は?

 

フィギュアスケートのチケットの値段は、国内試合、国際試合、アイスショーなど、開催される会場によっても様々です。

選べる席の種類も会場によって異なりますので、その都度確認してみてくださいね。

フィギュアスケートの大会は通常3日間ないし4日間に渡って行われるため、席種は限定されますが全日通し券というもの販売されています。

もちろん、日程ごとにチケットを購入することもできますので安心してくださいね。

チケットの値段はアリーナと呼ばれるリンクに一番近い席から、スタンド席の後方まで各会場でブロック分けされていて、それぞれに値段が異なります。

アリーナのチケットが一番高く、スタンド席後方にいくほど安くなります。

チケットの値段は、一番高い席が15,000円前後だとすると、以下順に12,000円前後、10,000円前後という感じで、一番安い席は3,000円前後というのが相場になっています。

国際試合になるともう少し高くなる傾向があり、アイスショーでも平日と土日が絡む連続した日程で行われる場合では曜日によって値段が異なることもあるので、あくまで参考程度にしてくださいね。

フィギュアスケートのチケット購入に関しては、大会のおよそ半年くらい前に先行販売がありますので、かなり早い段階で情報を掴んでおくことが必要になります。

日本スケート連盟のホームページに随時情報が公開されていますので、そちらをチェックするといいでしょう。

フィギュアスケートのイベント情報はこちらで公開されるので、お気に入りに入れてこまめにチェックするといいです。
出典:日本スケート連盟HP フィギュアスケートイベント情報一覧

チケットはローソンチケットやチケットぴあ、イープラスを経由して購入することになりますので、予めチケットサイトでの会員登録(無料)を済ませておいてくださいね。

各チケットサイトによってログイン画面等の作りが多少異なりますが、購入したい日付、席種、枚数など、入力する項目を画面に従って操作します。

最終画面で確認(または購入)ボタンを押して正常に処理されると、折り返し登録したメールアドレスに申し込み(または購入)の詳細が送られてくるので、内容を確認しましょう。

チケットの受け取り方法は、配送かコンビニ店頭で発券するかを選択できますが、コンビニで発券するほうが配送料よりも手数料が安く済むので便利です。

また、最近では電子チケットを採用している大会もあるようです。

日本スケート連盟のホームページや、各チケットサイトの会員登録ページは以下になります。

出典:日本スケート連盟ホームページ

出典:ローソンWEB会員 新規仮登録

出典:チケットぴあ会員登録

出典:イープラス はじめての方へ
イープラス はじめての方へ

 

フィギュアスケートのチケットの先行予約とは?

 

フィギュアスケートに限ったことではありませんが、ミュージシャンのライブチケットも同様に、主催者側でチケットの先行販売というのが行われています。

一般発売に先駆けて行われるもので、開催日の半年くらい前に先行販売期間が設けられます。

先着順に良い席が取れるというわけではなく、全て抽選となっていて、申込期間内にエントリーして当落結果を待ちます。

チケットが当選すれば一安心、クレジットカード決済の場合は当選した段階で自動的に決済されますので、あとはチケットを発券するだけです。

もし落選してしまった場合は、主催者側での2次先行や、プレイガイドなどでの先行販売に再度エントリーをすることになります。

人気がある大会のチケットは一般発売でチケットを確保するのが難しいことがありますので、できれば先行販売のチャンスに当選しておきたいものです。

そのためにも、チケット先行販売情報に自分のアンテナを張り巡らす必要があります。

公式サイトをこまめにチェックしたり、プレイガイドのメルマガを登録するなどして、情報を集めてみてくださいね。

 

フィギュアスケートのチケットの当日券や2次&3次販売に関しても

 

チケットの当日券は、席に余裕がある場合などに販売されることがあります。

チケットが完売している場合には、当日券が販売される可能性は少ないと思われますが、当日券の情報も日本スケート連盟など大会の主催者側が公式に発表すると思うので、こまめにチェックしてみてください。

チケットの販売においては、先行販売が終了後、2次先行・3次先行と段階的に先行販売が行われることがあります。

ただし、当初座席を開放する予定ではなかった席、いわゆる「見切れ席」といって見辛くなっている場合があるので、そのあたりを理解した上で購入してくださいね。

ここで、全日本フィギュアスケート選手権大会のチケットをゲットできる、ラストチャンスの情報をお届けします。

もうチケットぴあの会員登録はお済ですか?

スポンサーリンク

すでに一般発売でも完売しているチケットなので、とても貴重なチケットになること間違いありません。

しかし、先行販売の抽選とは異なり先着順のため、販売予定枚数に達した時点で販売終了になるので注意してくださいね。

●第85回全日本フィギュアスケート選手権大会 チケット3次販売情報

【会場】

東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)

【日程】

・12月22日(木):アイスダンス(SD)、ジュニアペア・ペア(SP)

・12月23日(金):アイスダンス(FD)、ジュニアペア・ペア(FS)、男子シングル(SP)

・12月24日(土):女子シングル(SP)、男子シングル(FS)

・12月25日(日):女子シングル(FS)

※DS=ショートダンス、FD=フリーダンス、SP=ショートプログラム、FS=フリースケーティング(フリープログラム)

【チケット代金】

・12月22日:一律3,000円

・12月23日~25日:アリーナSS席15,000円、アリーナS席12,000円、スタンドSS席12,000円、スタンドS席8,000円、スタンドA席4,000円

【チケット3次販売専用サイト】
出典:日本スケート連盟HP  3次先着販売(紙チケットでの入場受付)

日程によって販売される席種が異なるようなので、販売開始以降にサイト内で確認してくださいね。

【チケット受付日時】

12月17日(土)10:00 ~ 12月21日(水)23:59(先着順)

販売開始時間の数分前からサイトにアクセスが集中してサイトに接続しづらい状態が続きますが、根気よくページを更新してアクセスを試みましょう。

出典:財団法人日本スケート連盟 第85回全日本フィギュアスケート選手権大会 ※チケット3次販売情報(先着順)掲載しました

 

2017冬季アジア札幌大会フィギュアスケートの日程とチケット情報

 

次に2017冬季アジア札幌大会フィギュアスケートの日程とチケット情報をご紹介します。

こちらはすでに先行販売は終了しているのですが、一般発売が開始になった今でも一部のチケットが購入できる状態になっています。

日程が迫ってくると売り切れる可能性もありますので、今のうちにチケットを確保しておくことをお勧めします。

オフィシャルのチケット販売はチケットぴあが運営していますので、チケットぴあの会員登録を事前に済ませておいてくださいね。

●2017冬季アジア札幌大会

【会場】

道立真駒内公園屋内競技場

【日程及び日程別オフィシャルチケット販売サイト】

・2017年2月23日(木):アイスダンス(SD)、女子シングル(SP)

出典:2017冬季アジア札幌大会 オフィシャルサイト一般発売2/2017冬季アジア札幌大会/スケート・フィギュアスケート

・2017年2月24日(金):ペア(SP)、アイスダンス(FD)、男子シングル(SP)

出典:2017冬季アジア札幌大会 オフィシャルサイト一般発売2/2017冬季アジア札幌大会/スケート・フィギュアスケート

・2017年2月25日(土):ペア(FS)、女子シングル(FS)

出典:2017冬季アジア札幌大会 オフィシャルサイト一般発売2/2017冬季アジア札幌大会/スケート・フィギュアスケート

・2017年2月26日(日):男子シングル(FS)、閉会式

出典:チケットぴあ 2017冬季アジア札幌大会/スケート・フィギュアスケート・閉会式
※最終日はオフィシャルサイトでの受け付けはありません

【チケット代金】

前売り:アリーナ席12,000円、SS席9,000円、S席7,000円、A席5,000円、B席3,000円(26日を除く)

親子ペア券5,000円、車いす席12,000円(アリーナ)

当日券:前売りで完売しなかった場合に当日会場にて販売、チケット代金は前売り+500円。(親子ペア券を除く)

また、車いす席は前売りのみの販売となっていて、同伴者もチケットが必要になります。

車いす席を希望する場合は、以下のサイトに記載されているチケットインフォメーションデスクに連絡をすると良いようです。

出典:2017冬季アジア札幌大会 チケット販売価格

【補足】

日程ごとのチケット購入サイトを見て頂くと分かると思うのですが、席種に「○」「△」など空席情報の目安の記号が書かれています。

当然「×」になっているものは売り切れていて購入できませんので、購入可能の希望の席種を選択して、画面に従って購入手続きを進めてください。

ただし、他のプレイガイドでの購入枠が余っている場合もありますので、ローソンやチケットぴあなどのサイトも合わせて確認すると良いでしょう。

やはり、女子シングルのフリープログラム、最終日の男子シングルのフリープログラムのチケットには「△」や「×」が目立っていて、人気が高いことが分かりますね。

また、店頭・コンビニで直接購入した方が、オフィシャル販売サイトの購入時に発生するシステム手数料などがかからなくて済むのでお勧めです。

チケット一般発売の取り扱いプレイガイドの一覧は、以下を参考にしてみてください。
出典:2017冬季アジア札幌大会 チケット販売(一般販売)

 

まとめ

 

チケットを取ることに慣れていない方は、インターネットでの登録や購入が手間であったり不安に感じたりするかもしれません。

ですが、今はクレジット決済やスマートフォンにるよる電子チケットが主流になってきています。

一度チケットを手にすれば、一連の流れは分かると思いますので、まずはチケットサイトに登録をしてチケットをゲットしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

全日本代表女子バレー田中瑞稀の経歴は?重いサーブとスパイクが武器?
女子バレー田代佳奈美の趣味は料理?美人だけどキンタローに似てる?
長谷川涼香の父親と母親はスパルタ水泳コーチだった?名前の由来も
noimage
noimage
女子バレー古賀紗理那選手の経歴とネックレスが気になる?ツイッターは?
男子バレー福澤達哉が全日本で復帰?ワールドカップにいなかった理由は?
全日本女子バレーFIVBワールドグランプリ2016米国大会メンバーまとめ
女子バレー長岡望悠選手が男前イケメン過ぎるとタイ人にも大人気?
noimage
noimage
女子バレー木村沙織選手結婚は?髪型かわいいし天然エピソードも面白い?
noimage
奥原希望かわいいけど世界ランキングが凄い?ラケットやシューズのブランドは?
女子バレー佐藤あり紗選手が美人すぎる?ポジションのリベロとは?

Menu

HOME

TOP