樋口新葉が嫌い生意気と言われるのはなぜ?インスタ画像可愛い&面白い?

日本のフィギュアスケート女子シングルで、今最も注目されている選手といえば、今年15歳にしてシニアデビューを果たした樋口新葉選手です。

ノービス時代からNHK杯などのエキシビジョンに特別招待枠で出場、ジュニア時代にも多くの大会で表彰台に上っているんです。

これからの活躍が楽しみな樋口新葉選手ですが、フィギュアスケートファンからは生意気だと言われることもあるのだそう。

それはいったいなぜなのでしょうか?

また、対照的に可愛いと言われている樋口新葉選手のInstagramやプロフィール、スケーティングについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

 

樋口新葉が嫌い生意気と言われるのはなぜ?そのプロフィールや経歴とは?

 

なぜ樋口新葉選手が「嫌い」とか「生意気」だと言われているのか、その真相を探ってみたところ、樋口新葉選手の性格にあったようです。

その性格とは、「負けず嫌い」

自身もテレビ出演していた際に言っていたので間違いないようです。

そして強気な発言を口にすることで、目標をしっかり持ち、自分のモチベーションを上げているのだそう。

「一緒に戦う選手とは大差を付けて勝ちたい」「今度は真央ちゃんに勝つ」「オリンピックで優勝する」など、はっきりと言っているんですね。

また、「浅田真央選手には魅力を感じない」「目標とする選手は、安藤美姫選手とキム・ヨナ選手」という発言が大きな波紋を呼び、フィギュアスケートファンからはあまり良く思われていないようです。

この3人は共に戦っていた時期もあり、どちらかといえば浅田真央選手のファンが多いので、ファンが勝手に敵視しているだけのようにも感じますね。

あえて浅田真央選手の名前を出さなくてもいいのでは、という意見も分かりますが、樋口新葉選手の力強い演技を見ていれば、目指している選手は浅田真央選手ではなく安藤美姫選手やキム・ヨナ選手の方が近いというのは分かるのではないでしょうか。

今シーズンのグランプリシリーズでは、浅田真央選手と同じフランス杯に出場した樋口新葉選手。

大会前には、「真央ちゃんと一緒に出られるとは思わなかったので緊張している」と言っていたことからも、樋口新葉選手の中では浅田真央選手が嫌いとか仲が悪いとか、そういうわけでもなさそうです。

ちゃんと自分の意思を持っている樋口新葉選手なら大丈夫かとは思いますが、周りの声に惑わされないよう、目標に向かって突き進んで欲しいですね。

それでは樋口新葉選手のプロフィールと経歴を見ていきたいと思います。

【名前】樋口新葉(ひぐち わかば)

【生年月日】2001年1月2日(15歳)

【出身地】東京都

【所属】日本橋女学院

【経歴】

「新葉」と書いて「わかば」と読みます、ちょっと珍しいですよね。

2001年1月2日生まれということで、「21世紀の初めに生まれた」ことに由来しているようです。

3歳からスケートを始めたという樋口新葉選手は、13歳以下で構成されているノービスの時代から全日本ジュニア選手権に出場したり、NHK杯や世界選手権のエキシビジョンに特別招待選手として出演していました。

2014-15シーズンからジュニアへ移行アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝を飾ると、ジュニアグランプリシリーズのチェコスケートでは2位、B.シュベルター杯では21世紀生まれの選手で初めてジュニアグランプリの優勝に輝きました。

初出場となった全日本ジュニア選手権でも優勝し、ジュニアグランプリファイナルは3位、全日本フィギュアスケート選手権で銅メダル、世界ジュニア選手権では自己ベストを更新して銅メダルを獲得しています。

大きな大会で全て表彰台に上っているなんて、本当に凄いですよね。

2015-16シーズンのジュニアグランプリシリーズでは成績が振るわず、ジュニアグランプリファイナルへは進めませんでしたが、オーストリア杯では史上5人目となるトリプルルッツ+トリプルループのコンビネーションジャンプを成功させています。

スポンサーリンク

コンビネーションジャンプのセカンドジャンプでトリプルループを飛ぶのは難しいとされていて、とても難易度の高いジャンプ構成なんです。

全日本ジュニア選手権では2連覇を達成、全日本フィギュアスケート選手権では銀メダル、そして世界ジュニア選手権でも2年連続の銅メダルを獲得しました。

そして15歳となった今年、2016-17シーズンからシニアデビューを果たした樋口新葉選手。

15歳以上かつ7級以上を持っていればシニアに上がれるのですが、その時の選手層や自身の実力などから、上限の18歳までジュニアクラスにいる選手も少なくありません。

そのため、15歳でシニアデビューというのは異例のことで、日本人選手では、浅田真央選手、村上佳菜子選手、宮原知子選手に続く4人目ということ。

シニアデビュー戦となったISUチャレンジャーシリーズのロンバルディア杯では見事優勝、グランプリシリーズ初戦のフランス杯では、浅田真央選手やグレイシー・ゴールド選手など実力のある選手が揃う中、エフゲニア・メドベージェワ選手、マリア・ソツコワ選手に次ぐ3位に入賞しました。

しかし続く第2戦のNHK杯では4位となり、残念ながら初のグランプリファイナル出場とはなりませんでした。

全日本フィギュアスケート選手権ではどのような滑りを見せてくれるのでしょうか、とても楽しみです。

出典:Wikipedia 樋口新葉

 

樋口新葉のインスタ画像可愛い&面白い?

 

樋口新葉選手の発言からは生意気だという反響がある一方で、Instagramにアップされている写真は可愛いとか面白いという反応があるようです。

覗いてみたところ、アプリを使って顔を面白くしたものや変顔をしているものあって、15歳らしい元気いっぱいの様子が見てとれます。

大会が終わった後のアフターパーティーの写真の中には、今はコーチや振り付けなどをしている、元フィギュアスケーターのステファン・ランビールさんとのツーショットがあって、個人的にはとても羨ましい限りです。

日本チームの集合写真やメドベージェワ選手との写真もすごく良いですよね。

フィギュアスケートの選手はみなさん仲良しだというのは耳にしますが、どの選手も笑顔で本当に素敵だなと思いました。

樋口新葉選手もとても可愛らしくて、ますます応援したくなりました。

樋口新葉選手のInstagramはこちら
出典:Instagram 樋口新葉

 

樋口新葉の衣装や振り付けに演技はどう?私の感想も

 

最後に、樋口新葉選手の衣装や振り付け、演技などについて触れたいと思います。

今シーズンのショートプログラムは「ラ・カリファ」、衣装は青を基調とした大人っぽいイメージで、演技冒頭の表情から感情を込めているのが伝わります。

日本人選手は感情表現の部分で外国人選手に劣りがちなのですが、演技が始まった瞬間にスイッチが入る感じがさすがだなと思いました。

そしてもう一つのフリープログラムは何人ものスケーターが演じてきた「シェヘラザード」、過去には樋口新葉選手が憧れとしている安藤美姫さんも演じています。

赤を基調とした衣装は女性の力強さもあって、白いリンクに映えていてとても素敵ですよね。

そして樋口新葉選手の強みといえば、自他共に認めるスピードです。

振り付けを担当しているシェイリーン・ボーンさんも樋口新葉選手のスピードは「まるで火の玉のよう」だと表現しているほど。

ジャンプに入る前の助走が速いことで、高さと幅(ジャンプしたところから着氷するところまでの距離)を大きく取ることができるのだとか。

そのスピードの速さにはワケがあって、なんと樋口新葉選手は50メートルを6.9秒で走るというのです。

その脚力がスケートにも生かされているんですね。

スピードが速いことによってジャンプを跳ぶタイミング、ミートポイントと呼ばれるものが取りにくいとも言われているのですが、そのミートポイントをしっかり掴んでいるのが凄いと、プロスケーターの荒川静香さんもおっしゃっています。

また、スピンの軸もブレずに回転も速く、グランプリシリーズで出場した2大会共に、スピンの最高難度と言われるレベル4を獲得していて、さらに加点ももらえているんです。

樋口新葉選手の演技を見る際には、ジャンプだけではなくスピンにも注目してみてくださいね。

 

まとめ

 

身長は152cmと小柄ながら、力強いスケーティングを見せてくれる樋口新葉選手。

女子シングルでは成功する選手が少ないとされているトリプルアクセルにも挑戦しているということ。

すでに2018年の平昌オリンピックを視野に入れている樋口新葉選手の成長に、目が離せませんね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 初めてお伺いしました。素敵なブログですね。他のコンテンツも読んでみたくなる文章でした。

    by KenKen 2016年12月27日 1:19 AM

    • コメントありがとうございます。

      素敵と言っていただけて嬉しいです。

      私自身が好きなこと、興味を持ったことについて、その時その時に感じたままに書いていますので、是非他の記事もお読みいただけましたら嬉しいです。

      by さくら 2016年12月27日 1:29 AM

  • 樋口新葉って 久しぶりにザ・土人で世界に出すのは(/ω\)ハズカシーィ お願いだから消えて下さい。

    どうしても目立ちたいならでっかい足でスピードしたほうがお似合い。

    by ザ・土人 2017年10月23日 9:14 AM

コメントを残す




関連記事

noimage
男子バレー渡辺俊介選手は高身長リベロ?初全日本代表になった素質とは?
古賀淳也は自由形でオリンピックを狙ってた?弟や家族の職業は?
noimage
女子バレー大竹里歩の父親の身長は?鍋谷選手とは仲良いの?
萩野公介は星奈津美選手の彼氏で付き合ってるの?ツーショット画像あり
松本薫が男前でかっこいい?リオ五輪が最後で引退する説は本当?
noimage
noimage
男子バレー米山裕太選手の経歴とは?巧みなスパイク技術は一味違う?
武田凛太郎(早稲田大学) 進路は?出身高校や経歴にシューズのブランドは?
金藤理絵と澤穂希は似ているか比較画像あり!水着のブランドも気になる?
女子バレー鍋谷友理枝両親も選手のサラブレット?春高バレーの伝説とは?
noimage
競泳中村克選手がイケメンで筋肉が凄い?料理男子で意外な趣味が?

Menu

HOME

TOP