冷え性改善にと運動してもすぐ冷えるのはなぜ?原因とおすすめの方法

冷え性で運動しても体がすぐ冷えて困っている方いますよね。

若い人でも体温が低く、夏冬問わず冷え性で悩んでいる女性が増えてきているようです。

すぐに冷えてしまう原因は一体なんなのでしょうか。

冷え性改善に運動は効果的と言われていますが、どのような運動なら冷え性を改善できるのか紹介します。

スポンサーリンク
  

 

冷え性改善のために運動してもすぐ冷えるのはなぜ?その原因とは? 

 

冷え性改善のためには適度の運動が有効とされていますが、運動している間は体はポカポカしているのになぜかやめるとすぐに冷えてしまう。

その原因は、もしかすると運動の内容が激しすぎるのかもしれません。

運動をすると、血管が拡がり血流がよくなり、体が温まってきます。

しかし、筋肉にも影響を及ぼすような激しい運動をしてしまうと体はエネルギーを確保するために筋肉に血液を流し込もうとするので末梢血管まで血液が届かず、運動してもすぐ冷える原因となってしまいます。

冷え性改善のために運動するなら筋肉まで負担がかからないようなゆったり出来るストレッチのような運動が適しているのかもしれません。

また、脂肪細胞のかたまりいわゆるセルライトがあると血管をセルライトが圧迫してしまい、血流が悪くなり冷えにつながるようです。

 

冷え性を改善するのに運動でおすすめのやり方や方法とは?

 

では、どれくらいの運動が冷え症を改善するにはよいのでしょうか。

私の個人的におすすめする運動はラジオ体操です。

子供の頃は何も考えず適当にこなしていたラジオ体操ですが、一つ一つの動作をデモンストレーションのとおりしっかり行うとじんわり汗がでて結構な運動量になります。

スポンサーリンク

運動の順番も密に計算されていて急に筋肉を動かすのではなく、なだらかな山を描くようにゆっくりと始まり途中は全身の筋肉をまんべんなく使う運動が加わって静かに終わります。

呼吸も乱れることなく、冷え性を改善する運動としては最適と言えます。

 

冷え性を改善するのに運動以外でおすすめの方法は?

 

セルライトが冷え性を改善する妨げになっている、という話を出しましたね。

セルライトがあると、脂肪が血流を邪魔して冷えやむくみの原因になってしまいますし、見た目も悪いですよね。

しかし、セルライトは運動をしただけでは消えてくれません。

エステに行けば短時間で消えてなくなるのかもしれませんが、なかなか高いお金を払って行くのも億劫ですよね。

幸いなことに、わざわざエステに行かなくてもセルライトは、毎日のマッサージで少しづつですがなくなります。

血流をよくする運動に加え、セルライトが気になる部分のマッサージをしてみて下さい。

マッサージは、お風呂上がりの体が温もっている時に行うのが効果的です。

そうすることで自然とセルライトは消えて行くのです。

片足10分程度、ふくらはぎは両手を握りこぶしにして関節の出っ張りで気になる部分をくるぶしから膝に向けてマッサージします。

太ももの裏などのセルライトができやすい部分は、少し痛いぐらいつまんで、脂肪を外側に押し出すようにマッサージするのがおすすめです。

 

まとめ

 

冷え性が改善すると血行もよくなり、健康的な体になり、女性には嬉しい若返り効果も期待できます。

たかが冷え性と思うかもしれませんが、冷え症こそが体に不調を来たし、健康を阻害する大きな原因となっていることは明らかです。

時間がないのを理由にせず、運動やマッサージを毎日少しづつでも継続して行くことが何より大切です。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP