スターバックスカードの値段や購入の仕方は?使い方や使うメリットも

街を歩いていてスターバックスのお店を見かけると(あぁ オアシスだ)と思うのです。

どこかホッとするような温かみを感じますよね。

重厚感のあるテーブルや椅子、珈琲のいい香り。。

そんな時、スターバックスカードがあれば吸い込まれるように店内に入っていけます。。

スポンサーリンク
  

 

スターバックスカードの値段や購入の仕方は?

 

スターバックスカードはレジで(スターバックスカードが欲しいのですが。。)と言えばスタッフの人が誘導してくれます。

(今はこれとこれとこれの絵柄がありますがどれがいいですか?)などと聞かれたら気に入ったカードを選びます。

レジ横にも新作などが展示してある時もあります。

カード自体は無料なので安心できますし、プリペイド方式なので1000円から入金可能で蓄積の上限は30000円までです。

今は使用期限はなくたとえ2年以上使っていなくても、使えるので気軽にカードを持てますよね。

残金がわからなくなったらレジの人に(残金いくらですか?)と聞いたら親切に教えてくれます。

各地いろんな地域でしか手に入らないカードもあり、旅の先々のスタバに入ってはチェックしています。(オンラインで買えたりもしますが)

また季節やイベントに合わせて(桜シリーズ)(サマーシリーズ)(クリスマスバージョン)など出るのでそれを見つけるのもスタバに行く楽しみのひとつです。

 

スターバックスカードの使い方とは?

 

スターバックスカードはドリンク、フード、豆、グッズ、福袋など多岐に渡って使えます。。残念ながらポイントや値引きはありませんが。

しかしスターバックスのホームページから新規登録をするとカードの管理や入金などもできるようになります。(もちろん登録しなくてもカードは使えます)

いつどこのお店でいくら使ったか、残金はいくらか。。またカードを複数持っていると、カードからカードへの金額の移行もできるので整理ができてありがたいです。

昔のカードを使い続けているとなにかのトラブル(磁気がおかしくなったりなど)が発生すると面倒なので、気に入ったカードを手に入れた時オンラインで金額の移行をしています。

登録をしておくと新製品の情報もいち早くメールできますし、忘れたころに!?1杯無料や1杯買ったらもう1杯無料、カスタマイズが1回無料などのメールが届き、私を喜ばせてくれます。

スポンサーリンク

最近、スターバックスカードの非接触決済シリーズSTARBUCKS TOUCHに、新しくキーホルダー型の『STARBUCKS TOUCH The Drip』が発売されましたね。

私も欲しかったのですが即完売だったそうで買えませんでした。

でもそれはキーホルダー代が3240円(税込)でチャージに最低1000円なので手に入れるには4240円は必要のようです。

ともあれ、スターバックスカード自体は無料なので気軽にお気に入りのカードを所持してはいかがでしょう。

 

スターバックスカードを使うメリットは?

 

年に2回ほど5000円チャージすると1杯無料券(総額税込1000円までのドリンク)をもらえる時期があります。

例年、4月初旬から5月末、11月初旬から12月25日までくらいです。

ですのでこの時期に3万円チャージすると、1杯無料券を6枚ゲットできることになります。

その無料券を使う時、私は普段飲めない一番値段が高いドリンクにしてサイズも一番大きいサイズにして、それに合うカスタマイズをたっぷりして娘と一緒に飲んだりしてます。

またシンプルなスターバックスラテを選んだ時は、ベンティサイズにして(エスプレッソ追加、豆乳に変更、チョコチップ追加、ヘーゼルナッツシロップ追加など)それぞれ普通はプラス50円ですが、チョイスしてそれを含めても1000円内にはおさまりそうですので、ちょっとリッチな気分に浸れそうですね。

しかしなんでもかんでもカスタマイズすると、味がおかしくなりそうなので店員さんに相談しながら選んでくださいね。

1000円を超える時は差額を払えば大丈夫です。

ただ有効期間がわりと短めなので忘れずに引き換えてくださいね。

ちなみに12月25日までに5000円入金すると1杯無料券の引き換え期間は翌1月末までです。

 

まとめ

 

私は自分の感性にあった絵柄のスターバックスカードをレジ横で見かけるとすぐ欲しくなります。

とりあえずは1000円だけチャージして、無料券がもらえる時期にドカンとチャージしてお得感を満喫しています。

スターバックスカードが数枚あると気分に合わせて、季節に合わせてカードも変えて楽しんでいます。

クリスマスの絵柄のカードに残金があっても、春仕様のカードにお金を移行できるのでなんだか気分はルンルンです。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP