ルピシア2017夏福袋ノンカフェイン中身ネタバレと感想!私流楽しみ方

ルピシア 夏福袋 

お正月の風物詩?ともいえる福袋ですけれど・・・最近では、夏に発売される福袋もありいろいろなお店で販売されています。

紅茶専門店のルピシアさんでも、夏に福袋を販売するお知らせのチラシが会員用に贈られてくるルピシアだよりに入っていたので、それを見て私も即予約たのですが、6月19日に届きました!

福袋というと、何が入っているのかわからないところに楽しみがあり、実際に一体何が入っていたのかその中身が凄く気になりますよね?

ということで、冬に続いて夏福袋の中身もネタバレしていきたいと思います。

今回私は、竹リーフの「ノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェ」を初めて購入してみました。

ルピシアさんのノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェのお茶は、お試し用くらいしか飲んだことがなかったのでワクワクしながら開封しました!

では、早速写真付きで詳しく中身ネタバレしていきますね。

仲良しの主婦さんが購入した竹バラエティティーバックの中身ネタバレはこちらルピシア2017夏福袋竹バラエティ中身ネタバレと感想!ハズレ品の美味しい飲み方

スポンサーリンク
  

 

ルピシア2017夏福袋竹ノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェの中身ネタバレ!

 

まずは、証拠?画像です。

ルピシアの2017年夏の福袋・竹リーフ「ノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェ」の中身はジャジャーン、こちらです!!

ルピシア福袋夏2017 中身ネタバレ

画像だとわかりにくい方もいらしゃると思うので、リストにしてみました。

【ルピシア2017夏 お茶の福袋 竹リーフ「ノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェ」の中身】

★ハーブティー★

SWEET DREAMS!(スウィートドリームス!)25g 袋入・・・670円(本体価格620円)

KIKERIKI!(キケリキー!)25g 袋入・・・670円(本体価格620円)

C’EST PARFAIT!(セ パフェ!)25g 袋入・・・670円(本体価格620円)

★ルイボス・ハニーブッシュ★

ROOIBOS LEMON(ルイボス レモン)50g 袋入・・・790円(本体価格731円)

GINGER&LEMON MYRTLE(ジンジャー&レモンマートル)50g 袋入・・・840円(本体価格777円)

LA VIE EN ROSE(ラビアンローズ)50g 袋入・・・730円(本体価格675円)

PICCOLO(ピッコロ)50g 袋入・・・730円(本体価格675円)

PEACH MELBA(ピーチメルバ)50g 袋入・・・730円(本体価格675円)

ORGANIC ROOIBOS NATURAL(オーガニック ルイボス ナチュラル)50g 袋入・・・560円(本体価格518円)

ROOIBOS EARL GREY(ルイボス アールグレイ)50g 袋入・・・670円(本体価格620円)

★デカフェ(低カフェイン)★

DECAF APPLE TEA(デカフェ・アップルティー)50g 袋入・・・760円(本体価格703円)

DECAF GRAPEFRUIT(デカフェ・グレープフルーツ)50g 袋入・・・720円(本体価格666円)

DECAFFEINATED, SPECIAL(デカフェ・スペシャル)50g 袋入・・・790円(本体価格731円)

DECAF MOMO(デカフェ・白桃)50g 袋入・・・730円(本体価格675円)

DECAF MUSCAT(デカフェ・マスカット)50g 袋入・・・790円(本体価格731円)

※デカフェ紅茶とは?特殊な技法で茶葉に含まれるカフェインを0.1%以下になるまで除去した低カフェイン紅茶のことです。

ハーブティー3種類+ルイボス・ハニーブッシュ7種類+デカフェ(低カフェイン)5種類の合計15種類のお茶が入っていました!

竹は5400円だったのですが、福袋の中身の合計金額は・・・10850円でした。

購入価格の約2倍のお茶が入っているので、やっぱり福袋はお得ですよね!

更にリーフとティーバックで比べると、お茶の量で言えばやはりリーフの方が倍の量飲めるので、よりオトクなのですよね。

 

ルピシア2017夏福袋竹ノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェの感想は?

 

実は、今回竹の「ノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェ」にしたのは、紅茶や緑茶は好きなのですけれど胃腸があまり強くないのもあって、思った以上に冬に購入した冬福袋が飲みきれて無いからというのがあるのです。

それと、冬福袋のオマケで初めてPiccolo(ピッコロ)を飲んで、ルイボスティーのフレーバー?って美味しいと感じたので、いろんなルイボスティーのブレンド商品も味わってみたくなったというのがあります。

スポンサーリンク

それまでは、オーガニックにはこだわりつつ100%のルイボスティーしか飲んだことがなかったのもあり、新鮮な味覚だったのです。

初めてのノンカフェイン・ローカフェイン・デカフェということもあって、飲んだことがないものばかりなのもあり、開けていてこんなのがあるんだと楽しかったです。

飲んでみないとやはり好みって分からないですからね。

ルピシアの店舗が近くにあったら、試飲も気軽にできて、購入前に味を確認できるのでいいのですけれどね。

とはいえ、美味しいなと気に入っていたPiccolo(ピッコロ)が入っていたのは嬉しかったです。

ミルクを入れると優しい味のミルクティーのような味わいになるので、紅茶では胃が重いな・・・という時に飲みたいなと思っています。

ただ、紅茶などと比べると全体的にもともとの種類が少ないので、毎回購入していて好き嫌いがはっきりしてくると、人によってはお得感を感じれなくなるかも?です。

自分の好きな味のものより苦手&嫌いな味のものが多かったり・・・なんてこともある可能性がありますからね。

とはいえ自分では買わないものに挑戦してみるというのも、時には楽しいのですけどね。

全部好みのものと言うわけには行かないのですけれど・・・無駄なく楽しむ私流の秘訣も続いてこっそり教えちゃいますね。

 

ルピシア福袋の夏バージョン私流楽しみ方や飲み方&消費の仕方とは?

 

福袋だといっぺんに15種類など、どれから飲もうか悩むくらい選べるので・・・正直迷います。

とはいえ、夏だからと言ってすべてホットよりアイスのほうが美味しいか?というと、そういうわけでもないのですよね。

ただ、7月8月に入ると毎日暑い日のほうが多いので、アイスで楽しむことのほうが増えるかもしれません。

ルピシアのホームページ内で、アイスティーにおすすめのお茶を検索することもできます。

出典:ルピシアHP

ルピシアHPをクリックして、キーワード(商品名)で検索する方法です。

自分の福袋に入っていたお茶と同じ商品をクリックして「おいしいお茶の入れ方」から、より詳しい情報を得ることが出来ます。

私の福袋に入っていたお気に入りの「PICCOLO(ピッコロ)」は、水出しにする場合には、容器に茶葉10gと水1リットルを入て、冷蔵庫に一晩(8~10時間)置いてから茶葉を取りのぞいて、24時間以内に飲むといいとありました。

美味しく飲みたいなら、初めての場合は特に、茶葉の量と水の量や抽出の仕方など、おすすめの飲み方レシピに従って作ってみるといいです。

ちょっとしたことで美味しさって変わるので、せっかくならより美味しく楽しみたいですよね。

どういうお茶がアイスティー向きなのか?知りたい場合には、トップページ上部画面右側にあるオンラインストアをクリックして、出てきたページの画面左側のサイドバーをスクロールして「おすすめの飲み方から探す」をクリックします。

おすすめの飲み方の中で、「アイスティーにおすすめ」をクリックするとアイスでも美味しいお茶が分かります。

と言っても270件もあったのですけどね・・・。

私自身は、基本的に冷え性なのもあり夏でもホットが多いです。

ただ、アイスティーだとどんな味になるのか興味があるので、試してみるのもいいな・・・なんて思っています。

飲んでみないと苦手かどうかは分からないので、お試しサンプルがあるものはまずはそれで試して・・・自分では飲まなそうなものは早めに、袋をあけないで飲んでみたい人にプレゼントしています。

オマケのプレゼントとして15パックセットもついてきたので、その中に同じものがあったらまずはそちらを飲んでみるのですけど、これ自体を手作りのケーキに添えてプレゼントするのもおすすめです。

パッケージもカラフルで可愛いくて、冬とはまた色合いが違い夏バージョンになってました。

ルピシアオマケ

自分が苦手なものでも、好きな人がいたり、飲んだことがないので飲みたいというお友達も結構いるのでプレゼントするのもいいです。

自分では飲みきれそうにないものは、可愛い小瓶に入れてお菓子と一緒におすそ分けしたりしています。

今回はノンカフェインやローカフェインなので、カフェインを控えている妹にも賞味期限が短いものなどを半分ずつにして、シェアしようかな?と思っています。

 

まとめ

 

ルピシアの福袋は何だかんだと言っても、お得度が高いので毎回楽しみです。

冬に購入したお茶も残っているので、まだまだ半年は十分過ぎるくらいありそうです。

今から次の冬の福袋を買う気満々という・・・(笑)

自分で飲むのもよし、シェアするのもよし、プレゼントするのもよしなので、ルピシアの福袋はおすすめです。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP