フィギュア2017カナダ大会のテレビ放送予定や男子女子出場選手は?見どころや注目選手も

いよいよ10月20日から開幕するフィギュアスケートのグランプリシリーズ。

日本時間の10月28日からは第2戦のカナダ大会が開催されます。

ここではグランプリシリーズ第2戦、カナダ大会の日程や出場選手、そして私なりの見どころについてもご紹介していきます。

このカナダ大会では、満を持して今シーズンからシニアデビューする、注目のあの選手が登場!

平昌オリンピックの前哨戦ともいえる今年のグランプリシリーズは必見です!

スポンサーリンク
  

 

フィギュアグランプリシリーズ2017カナダ大会のテレビ放送予定は?

 

グランプリシリーズ第2戦、 カナダ大会の様子はテレビ朝日にて放送が予定されています。

男女ショート

10月28日(土)ひる12時〜

男女フリー

10月29日(日)午前10時〜

出典:tv asahi フィギュアスケートグランプリシリーズ2017 第2戦 カナダ大会

大会日程は、日本時間で10月28日(土)~30日(月)に行われます。

現地時間での大会日程は以下の通りです。

10月27日(金)

12:57~
女子シングル ショートプログラム

17:57~
男子シングル ショートプログラム

10月28日(土)

11:04~
女子シングル フリープログラム

16:50~
男子シングル フリープログラム

10月29日(日)

14:00~
エキシビジョン

出典:ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International Schedules

 

フィギュアグランプリシリーズ2017カナダ大会の男女出場選手は?

 

それでは、カナダ大会に出場する、男子シングル・女子シングルの出場予定選手をご紹介します!

【男子シングル】

ブレンダン・ケリー(AUS)

ヨリック・ヘンドリックス(BEL)

パトリック・チャン(CAN)

キーガン・メッシング(CAN)

ニコラス・ナドゥー(CAN)

ミハル・ブレジナ(CZE)

シャフィク・ベセギエ(FRA)※

無良 崇人(JPN)

宇野 昌磨(JPN)

チャ・ジュンファン(KOR)

アレクサンドル・サマリン(RUS)

ジェイソン・ブラウン(USA)

出典:ISU GP Skate Canada International 2017 Men Entries
※9月10日付のエントリー表には載っていませんが、シャフィク・ベセギエ選手が追加登録されたようです。

【女子シングル】

ラルキン・オーストマン(CAN)

アレーヌ・シャートランド(CAN)

ケイトリン・オズモンド(CAN)

ロリーヌ・ルカヴァリエ(FRA)

ロベルタ・ロデギエーロ(ITA)※

本田 真凜(JPN)

本郷 理華(JPN)

キム・ナヒョン(KOR)※

スポンサーリンク

アンナ・ポゴリラヤ(RUS)

マリア・ソツコワ(RUS)

カレン・チェン(USA)

アシュリー・ワグナー(USA)

出典:ISU GP Skate Canada International 2017 Ladies Entries
※9月10日付のエントリー表には載っていませんが、ロベルタ・ロデギエーロ選手とキム・ナヒョン選手が追加登録されたようです

 

グランプリシリーズ第2戦カナダ大会の見どころや注目選手は?

 

それでは最後に、カナダ大会の見どころや注目選手についてお伝えしたいと思います。

どうしても気になってしまうのは、やはり日本人選手ですよね。

先日行われたジャパンオープンでは、ジャンプのミスが目立ってしまった宇野昌磨選手。

4回転ループと4回転フリップを確実に決めることができれば表彰台は狙えると思うので、上手く気持ちを切り替えて、グランプリシリーズに臨んで欲しいと思います

そしてジュニア時代から注目を浴びている本田真凜選手が、いよいよ今シーズンからシニアの大会に登場します!

シニアに本格参戦ということで、緊張もあるかもしれませんが、これまでの自分を信じて伸び伸びとした演技をして欲しいですね。

海外の選手を見てみますと、男子シングルでは世界王者として君臨していたパトリック・チャン選手が出場します。

ベテラン選手の域に達していながらも、4回転時代に対応するその身体能力はさすがだなと思います。

そして、4回転トゥーループの完成度は低いながらも、表現力やその他のジャンプで高得点を出すことができるジェイソン・ブラウン選手にも注目です。

今回のカナダ大会で4回転トゥーループを成功させることができたら、上位選手を脅かす存在になるかもしれません。

女子シングルでは、ロシアのアンナ・ポゴリラヤ選手とマリア・ソツコワ選手が出場します。

女子シングルのロシア勢も層が厚く、ロシア国内での順位争いもし烈となっています。

グランプリファイナル、そして平昌オリンピック出場に向けても、演技の完成度を上げてくるのではないでしょうか。

さらに、地元カナダのケイトリン・オズモンド選手は人気も高く、誰もが注目している選手と言えるでしょう。

個人的には、アシュリー・ワグナー選手の、若手には負けない!そんなベテランの意地の演技にも期待したいと思います。

 

まとめ

 

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦、カナダ大会の日程や出場選手についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

シニア初参戦となる本田真凜選手のような若手選手もさることながら、パトリック・チャン選手、アシュリー・ワグナー選手といったベテラン選手ならではの味のある演技も非常に楽しみです。

グランプリシリーズは全部で6試合行われ、男女・ペア・アイスダンスの各上位6選手がグランプリファイナルに出場することができます。

果たしてグランプリファイナルに出場する選手は誰になるのでしょうか。

その行方にも注目してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
男子バレー石川祐希選手の経歴や武器とは?膝は大丈夫?
noimage
女子バレー内瀬戸真実のプロフィールは?サーブレシーブが得意?
noimage
noimage
男子バレー米山裕太選手の経歴とは?巧みなスパイク技術は一味違う?
女子バレー山口舞ブロード攻撃とMB(ミドルブロッカー)のポジションとは?
noimage
noimage
noimage
noimage
バレーボールのルールで何をやったら反則になる?審判のサインとは
noimage

Menu

HOME

TOP