女友達の脈ありサイン メールや行動や態度で見分けるには?

友達とは言いながら気になる異性の友達がいる場合に、思いがけない言葉や行動に ” これって脈あり? ” とドキドキしたり、期待したりしてしまったことはありませんか?

気になるからこそ、どっちなんだろう?とハッキリ知りたいこともあるかと思います。

今回は、「女友達の脈ありサイン 行動や態度での見分け方」を恋愛マイスター(と私が勝手に呼んでいる)影野モテルさんに聞いてきました。

以下、影野モテルさんに代わりますね。

 

影野モテル

こんにちは、影野モテルです。

友達とはいえ相手が異性だと、ちょっとしたきっかけから気になってしまうことってありますよね。

男女の関係は、いつどんな時に変わるかわかりません。

思わせぶりな相手の言動に一喜一憂するのは恋愛の醍醐味でもあるのですけれど、できればある程度脈ありのサインが分かるなら知りたいと思う人も多いようです。

 

今回は、そんな悩めるあなたに、女性の脈ありサインの見分け方を私独自の目線になりますけれど、お伝えしたいと思います。

※すべての女性に当てはまるわけではありませんので、そこはご了承くださいね。

 

 

「勘違いさせちゃってごめん。別にそういう気はなかったの……。」

片思いの女性に対して、こういった玉砕経験をしたことは皆さんありますでしょうか?

女性のアプローチ方法は実に多種多様で、受ける側としては心躍る反面、時々―――――  “ これって脈あり・なし? ”  と迷う事はありませんか?

ましてや、自分が好意を持っておる女性に場合、その脈あり・なしを知りたいという気持ちは自然な事と思います。

そこで、今回は女性が出す脈ありのサインを紹介します。

何かの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

女友達の脈ありサイン 態度からの見分け方とは?

 

基本的に男性が相手に物理的な接触を持とうとするのに対して、女性は相手の環境に入り込もうとします。

つまりは、あなたにとって重要なポジションを取ろうとするわけです。

最近では肉食系や〇〇系などの様々な女性のタイプが増えてきましたが、これは相手にとって最適なポジションを取ろうと女性が努力した1つの結果とも考えられます。

 

スポンサーリンク

異性の友達の脈ありサイン 女性の行動からの見分け方とは?

 

では、ポジションを取ろうとする際に女性はどのような行動にでるのでしょうか?

主だった行動ですが、下記のようなものが挙げられます。

①◯◯君だけを多用する

→女性が男性を褒めることは良くありますし、社交辞令として使われることもあります。

世の中の男性はここを勘違いしてしまうわけですね。笑

でも、少し例外があって褒める際に、  “ 流石〇〇君 ”  などの限定的な表現を用いる場合は、あなたに対して一定の評価をしている可能性があります。

 

②話すときに目をしっかりと見る

→意外と見落としがちですが、相手の視界に常に入り続けるというのもポジション取りの1種です。

“ あの子と最近、やたらと視線が合うなぁ ”  と感じたら、それは相手がサインを出している可能性があります。

 

異性の友達の脈ありサイン 女性の会話&メールからの見分け方とは?

 

さて、女性は行動以外でもポジショニング取りを怠りません。

会話やメールでは次のようなサインがあります。

①会話やLINEの話題を広げようとする

→会話におけるポジンション取りも女性は重視します。

相手にとっての話し相手というポジションは、非常に重要な位置を占めます。

また、会話を続けると接触回数を増やせるだけでなく、相手の好みを知ることもできるので1石2鳥という訳です。

 

異性の友達の脈ありサイン 女性の場合まとめ

 

どうでしょうか?

“ もし、玉砕したらどうしよう? ”  という不安な気持ちは拭えないと思います。

でも、大丈夫です。

万が一断られても、その瞬間からあなたは相手の意識内に入ることができます。

そこから再度関係を築きなおして、恋人になったというケースも珍しくはありません。

なので、挑戦する時は思い切って行きましょう。

 

さくきよ

いかがだったでしょうか?

女性としての意見では、気になる異性に対しては一緒にいて楽しいので、自然と笑顔が多くなるような・・・。

後、相手のことをいろいろ知りたいので、真剣に相手の話を聞くようになります。←当然、相手の目を見る時間や頻度は増えるかも?

ただ、脈あり無しで行動するよりも、恋愛マイスターの影野モテルさんの言うように、一歩関係を深めたいと思ったならその気持に素直に行動してみるのもいいと思います。

どんな恋愛も、どちらかが勇気を出して一歩を踏み出さない限り、なにも始まりません。

あなたがその一歩を思い切って踏む出すきっかけになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。