2016バレンタインの自分チョコ男子が買うのは変?恥ずかしくない?

155ba3ca4ce70f0bba7fcd3f7b7b0f71_l
2016年のバレンタイン。ここ近年で女性から好きな男性にチョコレートを贈るイベントが様変わりしていて、友チョコ、自分チョコ、女子会チョコ、と送る相手も多種多様になってきているようですね。

自分のためのご褒美としてとか、仲の良い友達と贈り合うのが最近の傾向のようです。

スポンサーリンク

 

バレンタインに自分チョコ!男が買うのは変?恥ずかしい?

 

自分のご褒美に高級チョコレート買う女性も増えていますけれど、甘いものが好きな男性の中には自分チョコを買いたいけれど・・・バレンタインチョコ売り場にいるのは女性が多く「もてないから自分で買って貰ったことにするのかな。」「男性なのにチョコ買うなんて気持ち悪い。」そんな風に思われるかも?と後ろめたく感じる気持ちもあるみたいですね。

ただ、自分が思っているよりも女性からは、意外と気にされていないことが多いです。

逆チョコというのもありますし、甘いものが好きなんだな?程度にしか思われないことも多いものです。

実際、世界中のパティシエやショコラティエの大部分は男性ですし、数多くの世界中で開かれるコンテストの参加者は男性の方が多いのですからなんら男性がチョコ買うのを後ろめたく感じることなどないでしょう。

なので、堂々と好きなチョコを選んで買えばいいのです!

というか、堂々としてないほうが返って挙動不審で目立つかもしれません。

 

自分チョコを買うなら百貨店のオンラインサイトがおすすめ!

 

とはいってもやっぱりバレンタイン売り場は敷居が高い、恥ずかしい男性もいるかもしれませんね。

そういう時には、ネット通販がオススメです。

百貨店のオンラインサイトから、自宅にいながらゆっくりとどれにしようか選べばいいのです。

以下のサイトから三越、髙島屋、大丸松坂屋、伊勢丹、西武そごう、阪急百貨店、近鉄百貨店、東急百貨店、京王百貨店、小田急といった百貨店のオンラインサイトのバレンタイン特集ページにアクセス出来ます。

出典:デパートのバレンタイン通販2016特集 

たくさんありすぎて目移りしてしまうかもしれないのですが、見ているだけでも楽しいです。

バレンタインだけの限定商品もいろいろあるので、せっかくなら限定から選ぶのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

お値段によって選べるようにもなっていたりして、比較も簡単に出来るのもネットならではかもしれませんね。

注意点は、それぞれのオンラインサイトで注文の締切日が違うのと、ギリギリの注文だとほしい品が品切れしている場合もあるということです。

後、送料もかかりますので、それぞれのオンラインサイトでチェックしてくださいね。

 

バレンタイン高級ショコラティエのチョコレートおすすめは?

 

チョコレートも好き好きで、ブランドの高級チョコレートは美味しくて当然。

ということで、勝手に私が気に入って購入してみたいと思ったものをチョイスしていきたいと思います。

高島屋さんのオンラインサイトからはこちら

☆「ガラスの仮面」に登場する“紫のバラ”をイメージした、香り高いショコラローズ。
Message de Rose(メサージュ・ド・ローズ)
【バレンタインデー届け専用】【高島屋限定】
エピーヌ 紫のバラ 税込1,620円 
出典:高島屋 高島屋限定 エピーヌ 紫のバラ 

ガラスの仮面も好きですけれど、バラも好きなので。

三越オンラインストアからはこちら

<岡田美術館チョコレート>日本橋三越本店限定 
スイートハートコレクション 5個入 価格 2,601円(税込)
出典:三越オンラインストア

私がハートが好きというのと、甘すぎない色合いが気に入りました。

大丸松坂屋オンラインストアからはこちら

<ゴンチャロフ プチデザートアラモード>
プチデザートアラモード(14個入り)価格税込 4,017円 (本体価格3,720円)
★大丸・松坂屋限定★ ★数量限定★
出典:大丸松坂屋オンラインストア

ケーキなどのスイーツを、そのままミニチュアサイズにしたチョコレートのコレクションとのことですが、飾っておきたいくらい可愛いです。

他にもいろいろあるのですが、あげきれないので限定品のみ一部紹介してみました。

人によってかなり好みも分かれますし、予算もあるので、ご自身でじっくりと気に入ったものを探してみてくださいね。

まとめ

自分へのご褒美としてのバレンタインのチョコレートは、女性だけの特権ではないので是非、甘いもの好きな男性も、この時期にしか出逢えない自分の気に入ったチョコレートを頑張っている自分にプレゼントしてくださいね。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP