女子バレー迫田さおり選手の経歴は?動画コメントが奥ゆかしくて可愛い?

2016年8月6日から始まるリオデジャネイロ五輪、バレーボールの全日本女子チーム出場メンバーとして活躍が期待されている迫田さおり選手。

若手の新人選手の活躍も期待されますが、やはりチームに欠かせないのはベテラン選手です。

気が付けば迫田さおり選手も28歳、バレーボール界ではベテランと呼ばれる世代になりました。

今回は、迫田さおり選手のプロフィール紹介、内に秘めた熱い魂と存在感について書いていこうと思います。

女子バレーリオ五輪日本代表メンバーはこちら
[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1896.html"]

  

 

スポンサーリンク

全日本バレー迫田さおり選手の経歴とは?

 

迫田さおり選手のプロフィールや経歴は、以下になります。

迫田さおり選手のプロフィールと経歴 
【名前】迫田さおり(さこだ さおり)
【背番号】4 
【ポジション】WS(ウィングスパイカー)オープントスを打つサイドアタッカー
【所属】東レアローズ(女子)
【生年月日】1987年12月18日(28歳)
【出身地】鹿児島県鹿児島市

【出身高校】鹿児島西高校
【身長】175㎝
【体重】63㎏
【最高到達点】スパイク305㎝/ブロック279㎝
【代表歴】10年世界選手権、11年W杯、12年ロンドン五輪、13年ワールドグランドチャンピオンズカップ、14年世界選手権、15年W杯

出典:SportsnaviHP 選手プロフィール 迫田さおり

同じポジションWSウイングスパイカーの古賀紗理那選手はこちら
[b[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1476.html"]/p>

【経歴】

迫田さおり選手がバレーボールを始めたのは、お姉さんの影響で小学3年生からとのこと。

中学高校ではセンターエースとして活躍し、高校3年生の時には国体の鹿児島選抜にも選ばれました。

2006年に東レアローズに入団、2008年6月に行われたAVCアジアクラブ選手権ではベストスコアラー賞を獲得。

2011年(平成23年度)全日本バレーボール選手権決勝戦では32得点を、2012年5月世界最終予選のキューバ戦ではチーム最多の20得点、さらには同年8月ロンドンオリンピック3位決定戦では23得点をあげるなど、得点源としてもチームに大きな貢献をしています。

Ⅴプレミアリーグ2013/14シーズンでは得点王を獲得。

日本人選手が得点王を獲得するのは佐々木みき選手以来、10シーズン振りの快挙を成し遂げました。

出典:Wikipedia 迫田さおり

リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選でも、ここという場面でバックアタックを決めたり、予選を勝ち抜くには欠かせない選手として活躍しました。

リオ五輪世界最終予選女子大会の様子をこちらのフォトギャラリーから楽しめます。
出典:リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選HP

同じポジションWSウイングスパイカーの井上愛里沙選手はこちら
[blo[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1872.html"]>

 

スポンサーリンク

全日本バレー迫田さおり選手の魅力とは?

 

迫田さおり選手は派手なタイプではないけれど、コートにいるだけで安心感がある、チーム内に落ち着きが戻る、そんな空気を身にまとっている選手のように感じます。

28歳というベテランだけあって、実績と実力を兼ね備え、さらに美人、なんという3拍子揃い踏みなのでしょう。

スパイクが決まっても感情を大きく表さず、拳を小さく握って優しそうな笑顔がふわっと広がる迫田さおり選手。

ところが、想いが込められたスパイクには内に秘めている熱い魂を感じられ、可愛らしいだけじゃないというのがテレビ観戦をしていても伝わってきます。

5月18日に行われた対タイ戦はフルセットに及ぶ大激戦。

勝利に繋がる決定打を放ったのは、迫田さおり選手の右腕でした。

試合終了後のインタビューでは、苦しかった試合が終わったという安堵と、勝利した喜びで感情を抑えられない迫田さおり選手の言葉と表情に、感動したのは私だけではないはずです。

同じポジションWSウイングスパイカーの田中瑞稀選手はこちら
[blogc[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1872.html"]p> 

全日本バレー迫田さおり選手の動画コメントの姿が奥ゆかしくて可愛い?

 

迫田さおり選手を応援するTwitterアカウントや、Facebookページは存在しますが、公式のアカウントはないようです。

現在行われている2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選の公式サイトにて、写真や動画、試合結果、放送スケジュールなどを見ることが出来ます。

是非、観戦の参考にしてみて下さい。

恥ずかしそうにコメントする迫田さおり選手もまた、可愛らしいです。

2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選公式サイト

迫田さおり選手 動画コメント

同じポジションWSウイングスパイカーの内瀬戸真実選手はこちら
[blogcar[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1850.html"] 

まとめ

 

小さなミスや一つのファインプレーで、試合の流れが一気に傾くのがバレーボールの見どころの一つでもあります。

得点をリードされていて、良くないムードを変えたい時に、コートに呼ばれることの多い迫田さおり選手。

こういった点からも、チームメイトや監督からの信頼が厚いことが分かりますね。

勝利へと流れを変える迫田さおり選手のプレーに、今後も注目していきたいと思います。

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016大会メンバーまとめはこちら
[blogcard [blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1821.html"]class="sakur-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%ae%e5%be%8c" style="text-align: center; " id="sakur-306951888">スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください