女子バレー山口舞ブロード攻撃とMB(ミドルブロッカー)のポジションとは?

2016年8月6日に始まる、リオデジャネイロ五輪全日本女子チーム出場メンバーとして、出場が決まっている山口舞選手。

山口舞選手は、ロンドンオリンピックにも出場経験が有り、長く全日本のコートに立っているだけあって、その存在は見ているだけで安心できるものがあります。

山口舞選手の代名詞、忍者(NINJA)とも呼ばれるブロード攻撃とは?そしてポジションのMBの見どころとは?

それでは山口舞選手のプロフィールと経歴から見ていきましょう。

女子バレーリオ五輪日本代表メンバーはこちら
[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1896.html"]

  

 

スポンサーリンク

女子バレー山口舞選手のプロフィールと経歴とは?

 

女子バレー山口舞選手のプロフィールと経歴に関しては、以下になります。

山口舞(やまぐちまい)選手のプロフィールと経歴 

【名前】山口 舞(やまぐち まい)
【背番号】1
【ポジション】MB(ミドルブロッカー)
【所属】岡山シーガルズ
【生年月日】1983年7月3日(32歳)
【出身地】三重県志摩市
【出身高校】大阪国際滝井高校
【身長】176㎝
【体重】62㎏
【最高到達点】スパイク304㎝/ブロック292㎝
【代表歴】09年ワールドグランドチャンピオンズカップ、10年世界選手権、11年W杯、12年ロンドン五輪、14年世界選手権、15年W杯

出典:SprtsnaviHP 選手プロフィール 山口舞

【経歴】

山口舞選手がバレーボールを始めたのは、友人の勧めで小学4年生の頃からとのこと。

大阪国際滝井高校の才崎哲次監督に才能を見出された山口舞選手は同校へ入学します。

高校1年生の後半からレギュラーに抜擢され、私学ウィンターバレーで優勝、インターハイではベスト8を経験。

2002年に岡山シーガルズに入団すると、国体5連覇達成に大きく貢献しました。

2009年4月に全日本女子代表メンバーに登録、同年8月に行われたワールドグランプリで代表デビューを果たします。

2010年11月の世界選手権で銅メダル獲得に貢献したことを受け、出身地である三重県と所属チームの地元である岡山市から、スポーツ栄誉表彰を受賞しました。

2011年3月5日、対トヨタ車体戦でⅤリーグ出場試合数が230試合に達成し、Ⅴリーグ栄誉賞を受賞。

Ⅴプレミアリーグ2011/12シーズンでは、チーム2度目の4強入りに貢献、自身初となるベスト6賞を獲得しました。

2012年6月、ロンドンオリンピック代表メンバーに選出されると、全日本女子チームとして28年振りとなる銅メダル獲得に貢献。

2013年よりチームのキャプテンを務め、Ⅴプレミアリーグではチーム史上最高となる2位を獲得、自身もベスト6に輝きました。

出典:Wikipedia 山口舞

同じ岡山シーガルズの宮下遥選手はこちら
[b[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1709.html"]/p>

 

スポンサーリンク

女子バレー山口舞選手が得意とするブロード攻撃とは?

 

山口舞選手というと、ブロード攻撃のイメージが強かったため、調べてみたところ、やはりブロード攻撃が得意な選手ということが分かりました。

ブロード攻撃とは、センターの位置からライト方向へ走りこんで移動し、スパイクを打つ攻撃の事を言います。

スパイクを打つ位置を移動することにより、相手のブロックを揺さぶることが出来る、効果的な攻撃の一つと言えます。

その変幻自在な動きから、忍者(NINJA)と呼ばれることもあるそうです。

通常セッターはレフトを向いているので、ブロード攻撃を行う時はライト方向へトスを行うバックトスになり、低く距離の長いトスを上げるのが特徴です。

セッターのトスワークと山口舞選手の動きにも注目して、是非、ブロード攻撃をその目で確かめてみてくださいね。

同じ岡山シーガルズの丸山亜季選手はこちら
[blo[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1813.html"]>

 

女子バレー山口舞選手のポジションのミドルブロッカーとは?

 

MB(ミドルブロッカー)とは、その名の通り、主にブロックをする選手で、別名センタープレーヤーと呼ぶこともあるそうです。

役目はブロックを主に行うということですが、山口舞選手のようにスパイクを打つ人もいますよね。

もちろん、ローテーションの関係で、前衛選手の身長が低くなってしまった場合はブロックの成功率が下がるので、身長の高いミドルブロッカーがワンポイントとして交代し出場することもあります。

その際は、ブロックが成功しなくても、またすぐに元の選手と交代しベンチへ下がる、というのを良く見かけるかと思います。

そしてセンタープレーヤーの攻撃は、速攻とも呼ばれるクイック攻撃を行うことが多いそうです。

身長が高い分、助走が少なくても高い位置からスパイクが打てるということなのでしょうね。

確かに、テレビ観戦をしていると、クイック攻撃を行うのはセンター付近が多い気がします。

山口舞選手は、Ⅴプレミアリーグの岡山シーガルズではミドルブロッカーで、全日本ではウイングスパイカーで登録されていたというエピソードもあるので、そういった意味では山口選手はとても器用な選手なのかもしれませんね。

出典:Wikipedia ミドルブロッカー

同じMBミドルブロッカーの大竹里歩はこちら
[blogc[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1824.html"]p> 

まとめ

 

山口舞選手は、ミドルブロッカーでありながら、スパイクも得意な選手ということが分かったかと思います。

ますます山口舞選手の動きに目が離せませんね。

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016大会メンバーまとめはこちら
[blogcar[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1821.html"]v class="sakur-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%ae%e5%be%8c" style="text-align: center; " id="sakur-30644389">スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.