全日本代表女子バレー田中瑞稀の経歴は?重いサーブとスパイクが武器?

6月3日に開幕したFIVBワールドグランプリ2016は各国で予選ラウンドが行われており、全日本女子チームはブラジル大会、アメリカ大会の計6試合を消化し、2勝4敗という成績になっています。

24日からは決勝ラウンド進出に向けて大事な試合となる、京都大会が開催されます。

今までの海外試合とは違い、テレビ放送がありますので、是非チェックしてみて下さいね。

さて、今回ご紹介する選手は、今大会でも出場している田中瑞稀選手です。

全日本初選出となった20歳の田中瑞稀選手はどんな経歴の持ち主なのでしょうか?

田中瑞稀選手のプロフィールは?田中瑞稀選手を語る上で、外す事のできない試合とは?

女子バレーリオ五輪日本代表メンバーはこちら
[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1896.html"]

  

 

スポンサーリンク

女子バレー田中瑞稀選手のプロフィールと経歴とは?

 

女子バレー田中瑞稀選手のプロフィールと経歴に関しては、以下になります。

田中瑞稀選手のプロフィールと経歴

【名前】田中 瑞稀(たなか みずき)
【背番号】17
【ポジション】WS(ウイングスパイカー)
【所属】JTマーヴェラス
【生年月日】1996年1月28日(20歳)
【出身地】長崎県佐世保市
【出身高校】九州文化学園高校
【身長】170㎝
【体重】66㎏
【最高到達点】スパイク298㎝/ブロック286㎝
【代表歴】2016全日本初選出

出典:SprtsnaviHP 選手プロフィール 田中瑞稀

田中瑞稀選手がバレーボールを始めたのは、両親の影響で小学2年生の時からとのこと。

聖和女子学院中学3年生の時に出場した全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、長崎県選抜のメンバーとして優勝に貢献、自らも優秀選手賞に輝きました。

地元で強豪校とされている九州文化学園高校に進学すると、レセプション(サーブレシーブ)を担うウイングスパイカーとして、1年生の頃からレギュラーとして活躍しました。

2012年の国体で優勝、2013年3月に怪我によりチームを離脱したが、復帰後の2013年の国体ではレフトエースとして準優勝に貢献。

2014年1月、春高バレー決勝戦ではフルセットに及ぶ大熱戦を繰り広げ、この試合で田中瑞稀選手は一人で115本ものスパイクを打ち、勝利の決め手となったのも田中瑞稀選手が打ったバックアタックによるものでした。

同月、ⅤプレミアリーグのJTマーヴェラスの内定選手となります。

2014年2月、対トヨタ車体戦でプレミアレビューを飾ると、11得点をあげる活躍を見せました。

出典:Wikipedia 田中瑞稀

同じポジションWSウイングスパイカーの古賀紗理那選手はこちら
[b[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1476.html"]/p>

 

スポンサーリンク

女子バレー田中瑞稀選手は春高バレー決勝戦で115本のスパイクを打つ?

 

田中瑞稀選手について調べていると、春高バレー2014について多く書かれていることが分かりました。

田中瑞稀選手も思い出に残っている試合として語っている春高バレー2014とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

経歴でも触れましたが、春高バレー2014の決勝戦ではフルセット(5セット)を戦い、115本ものスパイクを打ったのだとか。

その本数を見ただけで、田中瑞稀選手がどれだけ頼りにされていたかが分かりますね。

そしてそれだけの体力があるという事にも驚きます。

さらに、田中瑞稀選手のバックアタックで試合を決めるという劇的な幕切れを迎えるというものまた、エースという名の星の元に生まれた証のようにも思います。

この大会で田中瑞稀選手は最優秀選手賞にも選ばれ、記録と記憶を残す試合になったようです。

同じポジションWSウイングスパイカーの内瀬戸真実選手はこちら
[blo[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1850.html"]>

 

女子バレー田中瑞稀選手の全日本での活躍は?

 

FIVBワールドグランプリ2016でも全日本代表として選出されている田中瑞稀選手は、先に行われたアメリカ大会の対ドイツ戦では先発メンバーとして出場しています。

第一セットでは、サーブで相手を崩す、スパイクで得点を重ねる、といった活躍がありました。

田中瑞稀選手のサーブやスパイクは、高さや速さといったものより、力強い重さを感じました。

この試合の様子は、FIVBワールドグランプリの公式youtubeチャンネルで見ることが出来ますので、ご覧になってみて下さいね。

背番号17番に注目です。


出典:youtube FIVB Volleyball Japan v Germany-Group1:FIVB Volleyball World Grand Prix

同じポジションWSウイングスパイカーの鍋谷友理枝選手はこちら
[blogc[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1724.html"]p> 

まとめ

 

まだ20歳の田中瑞稀選手、全日本女子チームにも若い選手が増えていることを実感しています。

田中瑞稀選手が全日本のレギュラーとしてコートに立つ日が待ち遠しいですね。

リオデジャネイロオリンピックに向けて、田中瑞稀選手を含めた若手選手と中堅選手、ベテラン選手とが上手く噛み合った最強のチーム作りに期待したいと思います。

追記

残念ながら、リオデジャネイロ五輪 全日本女子チーム出場メンバーには選ばれませんでしたね。

年齢的でも日本でオリンピッが開催される時にも十分現役でいられると思うので、これからの活躍に期待したいですね。

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016大会メンバーまとめはこちら
[blogcar[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1821.html"]v class="sakur-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%ae%e5%be%8c" style="text-align: center; " id="sakur-570344965">スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください