男子バレー小野寺太志の身長は親譲り?父も母も元バレー選手?

36チームが参加するFIVBワールドリーグ2016が6月17日に開幕し、各国で予選ラウンドが行われています。

全日本男子はグループ2で、上位3位以内に出場権が与えられるファイナル4を目指し、戦っています。

予選ラウンド第1週の大阪大会、第2週のエジプト大会を終えて、2勝4敗という少し厳しい状況の中、残すは7月1日から行われる最終予選ラウンドの中国大会のみとなりました。

今大会は、東京オリンピックを見据えたメンバー選出でもあることから、若手選手を積極的に起用したメンバー構成になっているようです。

さて、今回紹介する選手は、その若手選手の一人、現役大学生の小野寺太志選手です。

まだまだ成長中の小野寺太志選手のプロフィールや経歴、見所などをまとめてみました。

FIVBワールドリーグ2016 予選ラウンド第3週中国大会メンバーまとめはこちら
[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1821.html"]

  

 

スポンサーリンク

男子バレー小野寺太志選手のプロフィールと経歴とは?

 

男子バレー小野寺太志選手のプロフィールと経歴に関しては、以下になります。

小野寺太志選手のプロフィールと経歴
 
【名前】小野寺 太志(おのでら たいし)
【背番号】13
【ポジション】MB(ミドルブロッカー)
【所属】東海大学
【生年月日】1996年2月27日(20歳)
【出身地】宮城県名取市
【出身高校】東北高校
【身長】202㎝
【体重】97㎏
【最高到達点】スパイク340㎝/ブロック320㎝
【代表歴】Team Core

出典:SprtsnaviHP 選手プロフィール 小野寺太志

小野寺太志選手がバレーボールを始めたのは、中学3年生の夏からとのこと。

それまでは野球部に所属していたそうです。

名取一中を卒業後、東北高校へ進学します。

高校2年生の時にはアジアユース選手権に出場するなど、それ以降も各世代の代表として経験を積みました。

東海大学へ進学すると、2015年の大学2年生の時には世界ジュニア選手権に出場し、日本は14位という結果に終わったものの、全8試合に先発出場するという実績を残し、チームを牽引しました。

また同年には、初めて日本代表メンバーに登録され、東京オリンピック強化指定選手である「Team CORE」にも選ばれました。

出典:河北新報 バレー男子小野寺選手 世界相手に手応え

小野寺選手と同じ年の石川祐希選手はこちら
[b[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1610.html"]/p>

 

スポンサーリンク

男子バレー小野寺太志高身長は親譲り?父も母も元バレー選手のサラブレッド?

 

中学3年生の夏からバレーボールを始めた小野寺太志選手ですが、その年の年末に行われた都道府県対抗全国中学大会に出場すると、オリンピック有望選手賞を獲得し、一気にその名を知らしめたのだとか。

高校に入学してからも、1年生ながらレギュラー選手に混ざり、ブロックやセンター攻撃において目立つ活躍を見せたと言われています。

また小野寺太志選手は、地元東北地方の記事やスポーツ誌にも取り上げられていて、東北高校時代からとても注目されていた選手であることが伺えました。

小野寺太志選手のお父さんも東北高校バレー部のOBで、お母さんは社会人チームで活躍した元選手だったそうです。

ご両親ともに180㎝を越えるサイドアタッカーだったということから、その遺伝子と才能は確実に小野寺太志選手に受け継がれていると言えるでしょう。

バレーボールを始めて間もないとは思えない程の活躍ぶりに、全日本も放っておくはずがありませんね。

出典:日刊スポーツ 東北小野寺ブロック連発Ⅴ8/高校バレー

同じMBの出耒田 敬選手はこちら
[blo[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1905.html"]>

 

男子バレー小野寺太志選手の同期は石川祐希選手と高橋健太郎選手?

 

小野寺太志選手が出場した大会について調べていたところ、同い年には全日本メンバーである石川祐希選手と、1学年上には同じく全日本メンバーの高橋健太郎選手がいることが分かりました。

2013年に行われた世界ユース男子バレーボール選手権大会でも、この3名は揃って先発出場することが多く、小野寺太志選手はブロックで、石川祐希選手はスパイクで、高橋健太郎選手はサーブでチームに貢献しています。

全日本で同じメンバーになる以前から、共にプレーをしていたのですね。

現役大学生が全日本メンバーに選ばれたと聞くと、全く知らないチームに入って不安なのでは?と思ってしまいますが、余計な心配だったようです。

石川祐希選手や高橋健太郎選手より、一歩遅れて全日本に合流する形になった小野寺太志選手ですが、馴染みのメンバーと共に持ち味を発揮して欲しいと思います。

同期の高橋健太郎選手はこちら
[blogc[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1932.html"]p> 

まとめ

 

バレーボールの経験は浅い小野寺太志選手ですが、ご両親から受け継いだ才能は、あっという間に花開いたことが分かりました。

今大会の全日本での経験が更なる成長に繋がると信じて、これからも小野寺太志選手のブロックとセンター攻撃に注目していきたいと思います。

リオ五輪全日本女子バレーチーム出場内定選手12名メンバーまとめはこちら
[blogcar[blogcard url=”https://sakurakyoka.net/1896.html"]v class="sakur-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%ae%e5%be%8c" style="text-align: center; " id="sakur-1561288836">スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください