箱根駅伝の外国人選手に関する制限やルールとは?出場に非難の声の理由

大学三大駅伝の一つである箱根駅伝は、お正月の1月2日と3日の2日間に渡って全国ネットで放送されることから、多くのファンに支持されている大会でもあります。

そんな人気のある箱根駅伝ですが、外国人留学生が走っているのを見たことがないでしょうか?

外国人留学生選手は主にケニア出身の選手が多く、その足の速さはチームの原動力として欠かせない存在である一方、外国人留学生に対する非難の声も少なくないようです。

どのような非難の声があるのでしょうか?

また、箱根駅伝には外国人留学生選手が走るためのルールはあるの?と思う方のために、ここでは、箱根駅伝の外国人留学生に関するルールや非難の声についてまとめてみました。

そしてさらに、過去に活躍した外国人留学生選手や、箱根駅伝2019で注目の外国人留学生についてもご紹介いたしますので、ぜひテレビ観戦の参考にしてみてくださいね。

 

初心者はこちらで箱根駅伝のルールや基礎知識を学んでおくと、より観戦を楽しめますよ。

 

 

スポンサーリンク

箱根駅伝の外国人選手に関する制限やルールとは?

 

それではまず、箱根駅伝の外国人留学生に関するルールについて見ていきたいと思います。

箱根駅伝に外国人留学生が初めて出場したのは、第65回箱根駅伝(1989年)、山梨学院大学のメンバーとしてエントリーされたのがケニア出身のジョセフ・オツオリ選手とケネディ・イセナ選手でした。

なかでも、2区を任されたジョセフ・オツオリ選手は序盤からハイペースで飛ばし、エースが集まる花の2区と呼ばれる区間であるにも関わらず7人抜きを達成

以来、何人もの選手を一気に抜く、「ごぼう抜きというのも箱根駅伝の見所の一つと言われるようになりました。

第65回箱根駅伝(1989年)では、山梨学院大学から2名の外国人留学生が出場しましたが、現在の外国人留学生の出場枠はどのようになっているのでしょうか。

箱根駅伝のエントリーに関するルールと合わせて見ていきましょう。

【箱根駅伝 外国人留学生に関するルール】

毎年10月に行われる箱根駅伝の予選会を経て、箱根駅伝に出場する大学が決定したあと、まず各チーム16名の選手が選出されます。

そして12月29日、箱根駅伝の本戦に出場する10名が発表され、残りの6名は補欠選手としてチームに残ります。

ここで気になるのが、外国人留学生の出場枠ですよね。

さきほどご紹介した第65回箱根駅伝(1989年)の山梨学院が起用した外国人留学生の活躍などもあり、その他の強豪校と呼ばれる大学でも外国人留学生を起用することが増えてきました。

しかし、箱根駅伝に出場する選手が外国人留学生ばかりになるのでは?という危機感から、関東学生陸上競技連盟は2006年に次のような外国人留学生に関するルールを設けました。

  • 1.外国人留学生のエントリーは2名まで
  • 2.本戦に出場できるのは1名まで

つまり、外国人留学生については、最初にエントリーされる16名のうち2名まで本戦に出場する10名のうち1名まで起用できる、ということなんですね。

ですが、外国人留学生を起用する区間の規定はなく、1区から10区のどこを走っても良いようです。

参考 東京箱根間往復大学駅伝競走 チームエントリーと区間エントリーWikipedia

 

スポンサーリンク

箱根駅伝の外国人留学生選手の出場に非難の声がある理由とは?

 

それでは次に、箱根駅伝で外国人留学生が出場することで、どんな非難の声があるのか?ということについて見ていきたいと思います。

【箱根駅伝 外国人留学生に対する非難の声】

  • 外国人留学生に頼りすぎ
  • 外国人留学生を起用して大学を宣伝している
  • 生まれ持った才能や恵まれた体格が日本人選手と違い過ぎる
  • 駅伝は日本人だけで競うべきではないか

 

元々、日本人とは違って身体能力が高い外国人留学生を起用するのはズルいのでは?という思う方が多いのかもしれませんね。

しかし、非難の声ばかりではないんです。

次のような賛成意見もありました。

【箱根駅伝 外国人留学生に対する賛成意見】

  • ルールで決められているのだから気にならない
  • 日本人選手のレベルアップに繋がる
  • 彼らも日本の学生なのだから反対する方がおかしい

 

など、今のところは1名しか起用できないのだから、強い選手と走ることで日本人選手も刺激がもらえるという相乗効果もある、問題ないのでは?と思う方もいるようです。

確かに、外国人留学生ばかりになってしまっては、日本の大学の駅伝レースなのに、、、と思うのも分かりますが、現状のルールに沿っていれば私もアリかなと思います。

しかし、山梨学院大学が外国人留学生を起用した当初は、「黒人を使うな!」という罵声を浴びたり、批判的な手紙が大学に送られてきたこともあるそうです。

そしてこの外国人留学生の起用については、箱根駅伝だけではなく、高校駅伝や実業団のニューイヤー駅伝などでもケニア出身選手の活躍が目立つことから、たびたび問題視されているというのが現状のようです。

 

箱根駅伝で過去に活躍した外国人選手や2019年に注目されている選手とは?

 

それでは最後に、箱根駅伝で過去に活躍した外国人留学生や、箱根駅伝2019で注目されている選手をご紹介していきたいと思います。

【箱根駅伝 過去に活躍した外国人留学生】

 

●ジョセフ・オツオリ(ケニア)
山梨学院大学:1988年4月~1992年3月在籍

第65回箱根駅伝(1989年)
2区:7人抜き、区間賞

第66回箱根駅伝(1990年)
2区:区間賞

第67回箱根駅伝(1991年)
2区:区間賞

第68回箱根駅伝(1992年)
2区:区間2位

※なお、ジョセフ・オツオリさんは大学卒業後も実業団で兼任コーチを務めるなど日本で活躍していましたが、2006年8月30日、ケニアに一時帰国の際に交通事故により37歳の若さで亡くなられたということです。

 

●ステファン・マヤカ(真也加ステファン・ケニア)
山梨学院大学:1992年4月~1996年3月在籍

第69回箱根駅伝(1993年)
2区:区間賞

第70回箱根駅伝(1994年)
2区:区間賞、チームの優勝に貢献

第71回箱根駅伝(1995年)
2区:区間2位、チーム2連覇に貢献

第72回箱根駅伝(1996年)
2区:区間3位

※ステファン・マヤカさんは日本に帰化し、2018年現在は真也加ステファンという名前で桜美林大学の駅伝監督を務めています。

 

●メクボ・ジョブ・モグス(ケニア)
山梨学院大学:2005年4月~2009年3月在籍

第82回箱根駅伝(2006年)
2区:区間賞

第83回箱根駅伝(2007年)
2区:区間6位

第84回箱根駅伝(2008年)
2区:区間賞

第85回箱根駅伝(2009年)
2区:区間賞

 

●ギタウ・ダニエル(ケニア)
日本大学:2006年4月~2010年3月在籍

第83回箱根駅伝(2007年)
3区:区間2位

第84回箱根駅伝(2008年)
2区:15人抜き、区間2位

第85回箱根駅伝(2009年)
2区:20人抜き、区間2位

第86回箱根駅伝(2010年)
2区:11人抜き、区間賞

【箱根駅伝2019 注目の外国人留学生選手】

箱根駅伝2019については、まだ本戦に出場する10名が確定していませんので、エントリーされている外国人留学生を参考にご紹介したいと思います。

この中で、箱根駅伝2019に出場するのはいったい誰になるのでしょうか?

●ワークナー・デレセ(エチオピア)

拓殖大学 4年 主将

過去3年間は花の2区を担当。

2年生の時には10人抜き、3年生の時には8人を抜き、4年振りのシード権獲得に大きく貢献しました。

そして4年生となった2018シーズンはなんと主将に!

ラストイヤーの活躍に期待が高まります。

10000mの自己ベストは28分14秒49。

 

●パトリック・マゼンゲ・ワンブィ(ケニア)

日本大学 4年

箱根駅伝2017では、2区を走り区間7位という成績を持っています。

10000mの自己ベストは27分49秒96で、チームナンバーワンの記録の持ち主です。

日本大学としては2年振りの箱根駅伝、最終メンバーに選出される可能性は高そうですね。

 

・モグス・タイタス(ケニア)

東京国際大学 3年

箱根駅伝への出場経験はまだありません。

10000mの自己ベストは28分16秒35。

 

●ポール・ギトンガ(ケニア)

国士舘大学 2年

箱根駅伝への出場経験はまだありません。

10000mの自己ベストは28分13秒38。

 

●ライモイ・ヴィンセント(ケニア)

国士舘大学 1年

唯一チームで2名外国人留学生がエントリーしている国士舘大学。

期待の1年生といった感じでしょうか!

10000mの自己ベストは28分30秒94。

 

●ドミニク・ニャイロ(ケニア)

山梨学院大学 4年

もっとも注目されているのは、この選手かもしれませんね。

過去3年間2区を担当していて、区間2位、区間9位、区間1位と安定した強さを見せています。

ラストイヤーの走りにも注目です!

10000mの自己ベストは27分56秒47。

参考 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走チームエントリー第95回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

 

箱根駅伝の外国人選手まとめ

 

箱根駅伝の外国人留学生に関するルールや、外国人留学生に対する賛否の声についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

外国から日本に来るということを考えると、当たり前ですが、チームメイトとのコミュニケーションや日本の生活に慣れるということも大変なことですよね。

大学を卒業してからも日本で活躍している選手がいると知って、なんだか嬉しくなりませんか?

努力をしているのは、日本人だからとか外国人だからというのは関係ないと思いますし、これからも箱根駅伝の盛り上げ役としても活躍してほしいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください