ザギトワはロシアシニアで1番の美人?アニメオタクでユーリ好き?

ロシアの女子フィギュアスケーター、アリーナ・ザキトワ選手をご存知でしょうか?

ジュニア時代からスケート技術の評判が良かったアリーナ・ザキトワ選手ですが、シニアデビューをした年に出場した2018年平昌オリンピックでは、なんと金メダルを獲得。

フィギュアスケート女子シングルでは、史上2番目の若さで金メダルを獲得したということでも話題になりました。

そんなアリーナ・ザキトワ選手ですが、とっても可愛くて美人!という声も多く、また、日本のアニメ好きでアニメオタクとも言われているんです。

ロシアの選手が日本のアニメに興味があるなんて、ちょっと不思議だと思いませんか?

そこで、アリーナ・ザキトワ選手の素顔が見られるInstagramをはじめ、プロフィールや経歴、アニメオタクの真相などについて調べてみました。

 

フィギュアスケートのルール(初心者用)に関して詳しくはこちら

フィギュアスケートのルールを初心者にも分かりやすくまとめてみた!

フィギュアスケートのルールを初心者にも分かりやすくまとめてみた!

スポンサーリンク

ザギトワ選手はロシアシニアで1番の美人?プロフィールや経歴も

 

それではまず、アリーナ・ザキトワ選手のプロフィールと経歴について、簡単にご紹介したいと思います。

【名前】アリーナ・イルナゾヴナ・ザキトワ

生年月日】2002年5月18日

【代表国】ロシア

 

【経歴】

アリーナ・ザキトワ選手がスケートの世界に触れたのは5歳の時で、本格的にフィギュアスケートを始めたのは7歳になってからだと言われています。

お父さんはアイスホッケーの元選手で、現在はアイスホッケーチームのコーチをしているのだそうです。

また、アリーナ・ザキトワ選手には5歳年下のザビーナ・ザギトワという妹もいて、フィギュアスケートをやっているのだとか。

お母さんも元フィギュアスケートの選手だったという話もありますので、アリーナ・ザキトワ選手の家族はまさにスケート一家。

アリーナ・ザキトワ選手はロシアのトップアスリート養成施設「サンボ70」に所属していて、エリテ・トゥトベリーゼコーチの指導を受けています。

 

日本の紀平梨花選手や本田真凜選手らと同世代のアリーナ・ザキトワ選手、ジュニア時代の成績はどうだったのでしょうか?

ジュニア時代から2017-2018シーズンまでを簡単に振り返ってみましょう。

●ジュニア時代

2015-2016シーズン

ロシアジュニア選手権9位

2016-2017シーズン

ジュニアグランプリシリーズに参戦。

初戦のサン・ジェルヴェ戦では金メダルを獲得、2戦目のリュブリャナ杯では、1位の紀平梨花選手、2位の本田真凜選手に次ぐ3位に入る。

ジュニアグランプリファイナル金メダル、ロシア選手権銀メダル、世界ジュニア選手権金メダル。

●2017-2018シーズンよりシニアへ移行

グランプリシリーズ2戦ともに金メダル、グランプリファイナル金メダル。

ロシア選手権金メダル、ヨーロッパ選手権金メダル、平昌オリンピック金メダル。

世界選手権はミスが響き5位

 

それまでフィギュアスケートの女子シングルのトップに君臨していたのは、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手でした。

エフゲニア・メドベージェワ選手が右足を負傷していたとはいえ、エフゲニア・メドベージェワ選手の得点を上回るアリーナ・ザキトワ選手の演技は、一気に注目されるようになりました。

参考 アリーナ・ザキトワWikipedia

 

【アリーナ・ザキトワ選手は美人?】

フィギュアスケートの試合では、基本的に髪の毛は後ろで束ねていたり、メイクも濃い目になっていたりするので、少し冷ややかで大人びている印象を受けることもありますよね。

それではアリーナ・ザキトワ選手の素顔はどうなのでしょうか?

ご本人のInstagramをちょっと覗いてみましょう!

参考 azagitovaInstagram

いかがですか?

髪の毛を下ろしている写真も何枚かありますが、やっぱり印象が変わりますね。

可愛いというよりは大人っぽく感じますし、美人と言われるのも納得です。

 

ザギトワ選手の強さに関して詳しくはこちら

 

スポンサーリンク

ザギトワ選手はアニメオタクでユーリ好き?

 

それでは次に、アリーナ・ザギトワ選手は本当にアニメオタクなのか?ということについて、探ってみたいと思います。

以前、Instagramにフィギュアスケートアニメ「ユーリ!!!ON ICE」に関するものが投稿されていたようなのですが、今は削除されてしまったのか、確認をすることができませんでした。

実は、アリーナ・ザギトワ選手はエフゲニア・メドベージェワ選手を憧れの選手だと言っていて、二人は同じコーチの元で練習をしていた時期がありました。

「ユーリ!!!ON ICE」はエフゲニア・メドベージェワ選手がハマっていたアニメとしても良く知られていますので、そのあたりの影響もあったのではないかなと思います。

本格的フィギュアスケートアニメとして人気も高い「ユーリ!!!ON ICE」は、2019年に劇場版が公開されることが決定しています。

そのときはまた、ユーリの話で盛り上がるかもしれませんね。

 

フィギュアスケート 男子&女子シングルのルールや基礎知識 詳しくはこちら

フィギュアスケートのルール男子&女子のショートとフリーの違いと基礎知識

フィギュアスケートのルール男子&女子のショートとフリーの違いと基礎知識

 

ザギトワ選手のジャンプの凄さとは?ロシア選手の強さの秘密も

 

それでは最後に、アリーナ・ザキトワ選手のジャンプの凄さと、ロシアの選手の強さの秘密について見ていきたいと思います。

アリーナ・ザキトワ選手が得意をしているのは、片手または両手を上げながらジャンプをする「タノジャンプ」

通常はジャンプをする際、両手は体の前にして脇を締めて回転を行うことが多いので、手を挙げて回転をするというのはバランスを取るのも難しく、そう簡単にできるものではないのだそうです。

そんなタノジャンプを軽々と跳んでしまうアリーナ・ザキトワ選手は、ジャンプの基礎点に加えてGOE(出来栄え点)も多く獲得できるという強みを持っています。

また、アリーナ・ザキトワ選手は平昌オリンピックの公式練習で、3回転ジャンプを5連続で跳んだことでも話題になりました。

試合では3回転ジャンプは2連続で行うことが多いのですが、練習では本番以上のことを行うことで技術を強化しているようです。

 

●ロシア選手の強さの秘密は?

アリーナ・ザキトワ選手が練習拠点としている「サンボ70」は、ロシアの国立ナショナルトレーニングセンターで、フィギュアスケート専用のスケートリンクを始めとして、バレエ・ダンススタジオ、陸上練習場のスペースなど、充実した設備が整っています。

2014年に行われたソチオリンピック(ロシア)の影響もあって、ロシアではフィギュアスケートの人気が高く、フィギュアスケート人口も増加しているのだそうです。

そのため、国内での競争も激しくなり、一人ひとりのスケート技術が高まっているのではないか?という見方もあります。

また、アリーナ・ザキトワ選手が指導を受けているエリテ・トゥトベリーゼコーチは厳しいことで有名で、ジャンプの失敗で転倒することが多かった幼きエフゲニア・メドベージェワ選手に対しては、「そんなに失敗をするのが好きなら転倒するのを手伝ってあげる」と言って、氷の上を引きずり回したという逸話も・・・。

「練習で150%やって、本番で110%出せるように」という言葉からも、エリテ・トゥトベリーゼコーチの勝ちへのこだわり、信念というものも伺えます。

2017年12月に行われたジュニアのグランプリファイナルの女子シングルでは、出場した6選手のうち5名がロシアの選手で、表彰台はロシアの選手が独占しました。

彼女たちがシニアに上がってきたら、さらにロシア勢の力が増してきそうですよね。

ロシアには、フィギュアスケートは欠かせないバレエやダンスなどの練習が一度にできる環境があるということに、ロシア選手の強さの秘密がありそうです。

 

ザギトワ選手まとめ

 

アリーナ・ザキトワ選手について、これまでの経歴やプロフィールなどを簡単にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

2017-2018シーズン終盤に彼女を襲った不調の原因は、短期間で身長が3㎝伸びたという成長期によるものだったと言われています。

フィギュアスケートは身長や体重の変化によって、ジャンプを跳ぶタイミングがずれてくるので、特に女子選手はこの成長期の体の変化に悩まされることが多いようです。

これからアリーナ・ザキトワ選手はどんな記録を作ってくれるのでしょうか。

強さと巧さと見せてくれる演技に期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください