ディズニーグリーティングでのサインのもらい方やコツは?時間や場所も

ディズニーのキャラクターと実際に触れ合うことができる『キャラクターグリーティング』

写真を撮るだけではなく、キャラクターとお喋りしたり、サインを貰うことができることはみなさんご存知ですか?

ディズニーランドやディズニーシーをより楽しむには、この『キャラクターグリーティング』は外せません。

キャラクターとのふれあいを楽しむのは子供だけ?とは限りません。

結構、大人でも実際に出会うとテンションが上がるのですよ。

ということで今回は、キャラクターグリーティングについて紹介しますね。

スポンサーリンク

ディズニーグリーティングでのサインのもらい方やコツは?

 

早速ですが・・・『キャラクターグリーティング』でキャラクターからサインを貰う方法として、グリーティング施設とフリーのグリーティング別に解説していきたいと思います。

まず、グリーティング施設でサインを貰う方法。

グリーティング施設を利用する場合は、並んでるゲストさんから順々にキャラクターと写真を撮っていきます。

順番が回ってくるとキャストさんから、「手荷物はこちらへどうぞ」と荷物置き場への案内があります。

荷物を置く際、サインを書いてほしい物とペンは必ず持って、キャラクターに会いに行ってください。

順番が来たらキャラクターの方から声をかけてきてくれます。

そのときに「サインください」と言えば、キャラクターは快く引き受けてくれます。

サインを書いてもらったらいよいよキャラクターとの写真撮影になりますので、キャストさんの指示に従って動いてください。

次に、フリーのグリーティングでのサインの貰い方です。

フリーのグリーティングは、グリーティング施設があるものと異なり、ゲストさんからキャラクターに気付いてもらうまで声をかける必要があります。

キャラクターは順番にゲストさんと写真を撮っていきますので、焦らず声をかけてみてください。

このとき、サインをすぐに書いてもらえるように、必ずペンと、サインを書いてもらいたい物は手に持っておいてくださいね。

キャラクターから選ばれたら「サインください」と差し出せば、キャラクターは快く引き受けてくれます。

なかなかキャラクターから選んでもらえないからと諦めず、根気よく声をかけるのがポイントです。

注意
※サインは基本的に誰でも書いてくれますがディズニーシーにいるダッフィーとシェリーメイはサインの練習中とのことで、貰うことはできませんので、あらかじめご了承ください。

 

サインは携帯ケースやノート、カバンなど基本的になんでも書いてくれます。

フリーのグリーティングでは、施設グリーティングと違って高さのある台はありません。

キャラクターが書きやすいように支えてあげてくださいね。

注意
ペンを渡すときには、キャラクターにペンがつかないように必ずペン先は自分に向けて渡してあげてください。

 

スポンサーリンク

ディズニーキャラクターグリーティングの時間や場所は?

 

施設グリーティングってどこにあるの?と思われた方、必見です。

ディズニーランドとディズニーシー別に分けたので、是非活用してくださいね。

ディズニーランドでは、以下の場所で施設グリーティングを楽しむことができます。

  • ミッキーの家→ミッキー(トゥーンタウン)
  • ウッドチャック・グリーティングトレイル→ドナルドとデイジー(ウエスタンランド)

ディズニーシーでは、以下の場所で、施設グリーティングを楽しむことができます。

  • アメリカンウォーターフロントパーク→シェリーメイ(アメリカンウォーターフロント)
  • ヴィレッジ・グリーティングプレイス→ダッフィー(ケープコッド)
  • サルードス・アミーゴス→ドナルド(ロストリバーデルタ)
  • ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル→ミッキーとミニーとグーフィー(ロストリバーデルタ)
  • アリエルのグリーティンググロット→アリエル(マーメイドラグーン)

 

時間は、開園から閉園まで行われています。

ショーの時間になると、ショー出演キャラクターたちは一時運休になってしまいますが、すぐに戻ってきてくれます。

フリーのグリーティングは、何時に行われるか、パークのどこに現れるかというのはまったく分かりません。

パークの中を散策していたら偶然出会った!という楽しみを味わうことができるのは、フリーのグリーティングだけです。

 

キャラクターグリーティングでできることと、注意点も!

 

キャラクターグリーティングでは、常識的な範囲内であれば禁止事項はありません。

グリーティングを行う上でいくつか注意点があるので、順番に紹介していきます。

まずは、写真を撮る人数です。

一部の施設グリーティングでは、整理券を配布しているグリーティングがあります。

整理券を貰うときに撮影人数を聞かれるのですが、そのときに申告した人数よりも増えた場合は撮影ができなくなってしまいます。

例えば、3人家族でディズニーへ遊びにいき、代表して1人がグリーティングの列に並んだ場合、「写真を撮る人数は1人です」と伝えてしまったら、1人しか写真が撮れませんので、必ず途中合流含めて何人で撮るかを申告してください。

次にカメラについてです。

手持ちのカメラは、1グループ1台と決まっています。

撮影前にキャストさんが「カメラのお手伝いいたしますか?」と声をかけてきてくれます。

例えば、5人家族でグリーティングに行ったとき、お父さんのカメラで撮ってもらおうとキャストさんに渡した場合、お母さんやお子さんの持っているカメラでは撮影ができないということです。

カメラは、携帯電話のカメラやデジカメなどのカメラに関わらずです。

最後に、フリーのグリーティングでの注意点です。

先程も記載した通り、フリーのグリーティングは何時に出てきてくれるか分かりません。

出てきたら多くのゲストさんが押し寄せてきますし、押し合ったりすると大変危険です。

また、お子さんが小さい場合、大人の足の間をくぐって前に出てしまうと怪我につながる場合もありますし、実際に大人の間をすり抜けさせ、お子さんのみを前に行かせて写真を撮ってもらっている親御さんを何人も見かけています。

大人も子供も関係なく、大好きなキャラクターと写真を撮りたい気持ちはその場にいるゲストさん全員同じです。

どうかお子さんのみで前へ行くようなことはせず、はぐれないように目を離さない、必ず手を繋ぐなどの対策をとってください。

 

ディズニーグリーティングまとめ

 

キャラクターグリーティングについて、いかがでしたか?

楽しい夢の国とはいえ、マナーは存在します。

マナーを守らない方が多数いるとフリーのグリーティングが行われなくなる可能性も高まってしまいますし、怪我をしてしまっては楽しい思い出も悲しい思い出に変わってしまいます。

そんなことがないように、マナーを守ってキャラクターグリーティングを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください