グランプリシリーズ2018ロシア大会のテレビ放送&男子女子出場選手!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018が、2018年10月19日からスタートしました。

グランプリシリーズは全部で6大会行われ、各競技の上位6名がグランプリファイナルに出場することができます。

そのグランプリシリーズも3大会の半分が終了し、折り返し地点を迎えました。

そこでここでは、グランプリシリーズ第5戦目となるロシア杯についてお伝えしていきたいと思います。

ロシア杯に出場する男子シングル、女子シングルの選手について、そしてテレビの放送予定についてもご紹介しますので、ぜひテレビ観戦の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

グランプリシリーズ2018ロシア大会のテレビ&ネット放送予定は?

 

それではまず、フィギュアスケートグランプリシリーズ2018、ロシア杯の大会日程とテレビ放送予定について見ていきたいと思います。

なお、ショートプログラムは「ショート」、フリープログラムは「フリー」と略して表記させていただきます。

【グランプリシリーズ2018 ロシア杯 大会日程】

●開催地

ロシア・モスクワ

●大会日程

2018年11月16日(金)~18日(日)

●日程詳細

2018年11月16日(金)
14:00~ 男子シングル ショート
16:00~ アイスダンス リズムダンス
18:30~ pair ショート
20:00~ 女子シングル ショート

2018年11月17日(土)
13:30~ 男子シングル フリー
15:40~ アイスダンス フリー
17:30~ ペア フリー
19:10~ 女子シングル フリー

2018年11月18日(日)
15:00~ エキシビション

※大会日時は現地時間で表記しています。

【テレビ放送予定】

●地上波  テレビ朝日

2018年11月16日(金)

20:00~ 男子シングル ショート

2018年11月17日(土)

18:56~
女子シングル ショート
男子シングル フリー

2018年11月18日(日)

10:00~ 女子シングル フリー

 

●AbemaTV

AbemaTVで配信されるのはグランプリシリーズ初戦のアメリカ大会と、第6戦のフランス大会のみとなっています。

ロシア大会の配信予定はありませんので、ご注意くださいね。

 

●AbemaTVとは?

インターネット環境があれば日本全国どこからでも無料で番組が視聴できるサイバーエージェントが行っているサービスです。

パソコンならブラウザで、スマートフォンならAmebaTVのアプリを利用することで視聴が可能。

会員登録も不要ですので、誰でも気軽に視聴することができます。

視聴方法は、以下のリンク先をご覧ください。

パソコン(ブラウザ)で視聴する場合
参考 トップページAbmeaTV

App store
参考 AbemaTV(アベマティーヴィー)App Store

Google Play
参考 AbemaTV-無料インターネットテレビ局‐アニメやニュース、スポーツ見放題Google Play

 

●BS朝日

2018年11月18日(日)

13:00~ 男子シングル ショート

14:30~ 女子シングル ショート

21:00~ エキシビション ※生放送※

2018年11月19日(月)

12:00~ 女子シングル フリー

21:00~ 男子シングル フリー

 

スポンサーリンク

グランプリシリーズ2018ロシア大会シングル男子&女子出場選手!

 

それでは次に、グランプリシリーズ2018、ロシア大会に出場する男子シングル、女子シングルの全選手をご紹介したいと思います。

【男子シングル 出場選手】

ブレンダン・ケリー (AUS)

キーガン・メッシング (CAN)

モリス・クヴィテラシヴィリ (GEO)

パウル・フェンツ (GER)

羽生 結弦 (JPN)

友野 一希 (JPN)

ジュリアン・ジージエ・イー (MAS)

アルツール・ドミトリエフ (RUS)

アレクセイ・エロホフ (RUS)

ミハイル・コリヤダ (RUS)

アレクサンデル・マヨロフ (SWE)

アレクセイ・クラスノジョン (USA)

参考 ISU GP Rostelecom Cup 2018 MenISU

 

【女子シングル 出場選手】

ニコル・ショット (GER)

樋口 新葉 (JPN)

松田 悠良 (JPN)

山下 真瑚 (JPN)

エリザベート・トゥルシンバエワ (KAZ)

イム・ウンス (KOR)

ソフィア・サモドゥロワ (RUS)

ポリーナ・ツルスカヤ (RUS)

アリーナ・ザキトワ (RUS)

アレクシア・パガニーニ (SUI)

カレン・チェン (USA)

グレイシー・ゴールド (USA)

参考 ISU GP Rostelecom Cup 2018 LadiesISU<br />

 

グランプリシリーズ2018第5戦ロシア大会の見どころや注目選手は?

 

それでは最後に、グランプリシリーズ2018、ロシア大会の見どころや注目したい選手について見ていきたいと思います。

グランプリシリーズ第5戦目となるロシア大会では、どんなところに注目すれば良いでしょうか?

男子シングルと女子シングルについて、それぞれ見ていきましょう。

 

【男子シングルの見どころは?】

男子シングルでは、やはり羽生結弦選手を語らないわけにはいかないでしょう!

グランプリシリーズ第3戦のフィンランド大会では、フリープログラムで世界初となる4回転トウループ+トリプルアクセル(+SEQ※)のコンビネーションジャンプを成功させました。

着氷にやや乱れがあったため、GOEと呼ばれる出来栄え点から0.14点減点されていることもあって、羽生結弦選手自身は納得していない様子でしたが、会場もものすごい歓声でしたし、私もテレビを見ていて鳥肌が立ちました。

ショートとフリーを合わせた総合得点も、今季世界記録となる297.12点という高得点!

ロシア大会では、さらにジャンプの精度も上げてくると思いますので、300点超えもありえるかもしれませんね。

そしてもう一人、カナダ大会では見事2位を獲得して、グランプリファイナルへの切符がかかっているキーガン・メッシング選手です。

惜しくも引退してしまったパトリック・チャン選手の後を継ぐ、カナダの代表選手としての強さを発揮できるのか、ぜひ注目してみてくださいね。

※SEQとはシークエンスの略称で、連続ジャンプの間に用いられる一連の動作のことをいいます。

この、羽生結弦選手の4回転トウループ+トリプルアクセル+SEQの場合、4回転トウループの後にワンステップするような格好になるのがSEQとなり、ただちにトリプルアクセルを跳ぶこととされています。

ほとんど助走をせず、トリプルアクセルを跳ぶことができるというのも、羽生結弦選手の強みですね。

 

【女子シングルの見どころは?】

女子シングルでは、羽生結弦選手と同じくグランプリシリーズ第3戦のフィンランド大会で優勝したアリーナ・ザキトワ選手です。

2018年2月に出場した平昌オリンピック以降、なんと身長が7㎝も伸びたというアリーナ・ザキトワ選手。

成長期とはいえ、ちょっとした体型の変化がジャンプに影響するとも言われているフィギュアスケートですから、身長の変化に対応するのはとても大変だったと思います。

しかしながら、ふたを開けてみればアリーナ・ザキトワ選手の強さは健在で、さすがだなと思いました。

このロシア大会でも上位に入って、グランプリファイナルへの切符を手にするのは間違いないでしょう。

そしてもう一人、カナダ大会ではグランプリシリーズ初参戦にして2位という好成績を収めた山下真瑚選手にも注目です。

シニアデビューでありながら、1位のエリザベータ・トゥクタミシェワ選手とわずか0.26点差で、203.26点という200点超えを果たした山下真瑚選手。

ロシア大会で3位以上になればグランプリファイナルの出場も見えてきますので、ぜひとも頑張って欲しいと思います。

 

グランプリシリーズ2018ロシア杯まとめ

 

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2018、ロシア大会の出場選手やテレビ放送日程についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

グランプリシリーズは、いよいよグランプリファイナルに出場する選手が決まってくる後半戦になりました。

採点方法のルール改定もあって、より良い演技にはプラスの評価がされますが、反対にジャンプの回転不足や転倒によるマイナス評価の幅も大きく、そんなに引かれてしまうの?と思うことも少なくありません。

ちょっとしたミスがマイナス評価に繋がってしまうので、いかに確実に演技を行うかがグランプリファイナル出場へのカギとなってきそうです。

残り2大会となったグランプリシリーズ、まだまだ目が離せませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください