グランプリシリーズのアサインの決め方や2018~2019出場選手と開催日程

フィギュアスケート2018-2019シーズンのグランプリシリーズが開幕。

世界各国6都市で行われるグランプリシリーズ、6大会を終えた時点で各競技の総合ポイント上位6名が、最終決戦となるグランプリファイナルに進むことができるという大事な意味を持つこの大会。

そのグランプリファイナル出場をかけた争いとなるグランプリシリーズ、ISU国際スケート連盟よりアサインが発表されましたので、各大会に出場する主な選手をご紹介していきたいと思います。

また、グランプリシリーズを欠場する選手や引退した選手などについてもご紹介していきますので、どうぞ最後までご覧になってくださいね。

 

スポンサーリンク

グランプリシリーズのアサインの決め方や出場資格とは?

 

それではまず、グランプリシリーズのアサインの決め方出場資格について見ていきたいと思います。

その前に、そもそも「アサイン」てなに?と思われる方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明しますね。

「アサイン」とは「アサイントメント」の略で、単語としては「割り当てる、任命する、指定する」といった意味があります。

つまり、グランプリシリーズの6大会にどの選手が出場するかを割り当て、それを発表したもの、ということになります。

出場資格には、フィギュアスケートの世界ランキングも関わってくることから、グランプリシリーズを主催しているISU国際スケート連盟が毎年アサインを発表しています。

 

それではグランプリシリーズの出場資格について、もう少し詳しく見ていきましょう。

【グランプリシリーズ 出場資格】

グランプリシリーズの出場資格(出場要項)はいくつかあるのですが、ここでは簡単に説明したいと思います。

重要なポイントとしては、グランプリシリーズの6大会のうち、一人が出場できるのは最大2大会までということです。

また、グランプリシリーズには順位ポイントが定められていて、6大会終了後に順位ポイントが多かった上位6名が、グランプリファイナルに出場することができます。

 

グランプリシリーズの主な出場資格は、以下の通りです。

  • 前年の世界選手権で上位にランクインした選手と、ISU世界ランキング、シーズンベストスコアの上位選手に出場資格が与えられて、最大2大会まで出場することができます。
  • 前年の世界選手権上位6名はグランプリシリーズに確実に出場できるシード権を獲得することができて、2大会の出場資格を得ることができます。

ただし、どの大会に出場するかは抽選によって決められます。

・ISU世界ランキングで24位以内の選手には、1つの大会に出場する権利が与えられます。

これらのことを踏まえて、2018-2019シーズンのグランプリシリーズに出場する選手について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

グランプリシリーズ2018~19アサイン出場選手(日本代表選手)は?

 

それでは次に、2018-2019シーズンのグランプリシリーズに出場する選手を、大会ごとに見ていきたいと思います。

1大会につき、12名が出場するので、日本人選手を中心にご紹介しますね。

また、アサインは変更されることもあるようなので、最新のアサインについてはリンクを貼っているISU国際連盟のサイトで確認してみて下さい。

 

【2018-2019シーズン グランプリシリーズ日程と出場選手】

 

●第1戦 スケートアメリカ

2018年10月19日(金)~21日(日)

・男子シングル

※日本人選手の出場はありません

ネイサン・チェン選手
ケヴィン・レイノルズ選手 他

・女子シングル

本田真凜選手
宮原知子選手
坂本花織選手

ポリーナ・ツルスカヤ選手
ブレイディ・テネル選手 ほか

・ペア、アイスダンスともに日本人選手の出場はありません

 

●第2戦 スケートカナダ

2018年10月26日(金)~28日(日)

・男子シングル

宇野昌磨選手
友野一希選手

キーガン・メッシング選手
ジェイソン・ブラウン選手 ほか

・女子シングル

樋口新葉選手
松田悠良選手
山下真瑚選手

エフゲニア・メドベデワ選手 ほか

・ペア、アイスダンスともに日本人選手の出場はありません

 

●第3戦 フィンランド大会

2018年11月2日(金)~4日(日)

・男子シングル

羽生結弦選手
田中刑事選手

ボーヤン・ジン選手
ミハル・ブレジナ選手 ほか

・女子シングル

本郷理華選手
坂本花織選手
白岩優奈選手

アリーナ・ザキトワ選手 ほか

・ペア
須崎海羽/木原龍一 組

・アイスダンス

※日本人選手の出場はありません

 

●第4戦 NHK杯(日本:広島)

2018年11月9日(金)~11日(日)

・男子シングル

佐藤洸彬選手
宇野昌磨選手
山本草太選手

デニス・ヴァシリエフス選手
ヴィンセント・ジョウ選手 ほか

・女子シングル

三原舞依選手
宮原知子選手
紀平梨花選手

マリア・ソツコワ選手ほか

※エレーナ・ラジオノワ選手(欠場)

・ペア
須崎海羽/木原龍一 組

・アイスダンス
小松原美里/ティム・コレト 組

 

●第5戦 ロステレコム杯(ロシア)

2018年11月16日(金)~18日(日)

・男子シングル

羽生結弦選手
友野一希選手

キーガン・メッシング選手 ほか

・女子シングル

樋口新葉選手
松田悠良選手
山下真瑚選手

アリーナ・ザキトワ選手
エリザベヴェート・トゥルシンバエワ選手
グレイシー・ゴールド選手 ほか

・ペア

※日本人選手の出場はありません

・アイスダンス
小松原美里/ティム・コレト 組

 

●第6戦 フランス杯

2018年11月23日(金)~25日(日)

・男子シングル

田中刑事選手

ボーヤン・ジン選手
デニス・ヴァシリエフス選手
ネイサン・チェン選手 ほか

・女子シングル

本田真凜選手
紀平梨花選手
三原舞依選手

カロリーナ・コストナー選手
エフゲニア・メドベデワ選手
マリア・ソツコワ選手 ほか

・ペア、アイスダンスともに日本人選手の出場はありません

 

●グランプリシリーズ2018-2019アサイン

上記以外の出場選手については、以下のISU国際スケート連盟のサイトでご確認ください、

男子シングル アサイン
参考 ISU Grand Pix of Figure Skating 2018/19 MenINTERNATIONAL SKATING UNION

女子シングル アサイン
参考 ISU Grand Pix of Figure Skating 2018/19 LadiesINTERNATIONAL SKATING UNION

ペア アサイン
参考 ISU Grand Pix of Figure Skating 2018/19 PairsINTERNATIONAL SKATING UNION

アイスダンス アサイン
参考 ISU Grand Pix of Figure Skating 2018/19 Ice DanceINTERNATIONAL SKATING UNION

 

グランプリシリーズ2018~2019注目の日本人選手と出場を見送った海外の選手は?

 

それでは最後に、グランプリシリーズ2018-2019に出場する選手ついて、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

グランプリシリーズ2018-2019に出場する選手を見て、あまり見たことのない選手だな、とか、あれ?あの選手の演技を楽しみにしていたのに出ないの?って思った方はいませんか?

そこで、注目の若手選手と、グランプリシリーズ2018-2019の出場を見送った選手についてご紹介したいと思います。

【グランプリシリーズ2018-2019注目の日本人選手】

まずは、グランプリシリーズに初めて出場する日本人選手についてご紹介しましょう。

●山本草太選手

2016-2017シーズンにシニアへ移行して、その年にもグランプリシリーズにエントリーしていたのですが、実は右足首を骨折、さらに右足のくるぶしも疲労骨折するアクシデントに見舞われ、出場することができなかったのです。

2017-2018シーズンでは、1回転ジャンプの構成から徐々に調子を取り戻して、全日本選手権では9位入賞、そして2018-2019シーズンに再びグランプリシリーズの出場権の切符を手にしました。

山本草太選手にとっては、ようやくスタートラインに立てたといった感じかもしれませんね。

シニア3年目の山本草太選手、ぜひ注目してみて下さい。

 

●山下真瑚選手

2018-2019シーズンにシニアに移行した期待の若手選手です!

ジュニアのグランプリシリーズでは何度も表彰台に上がり、2018年3月に行われた世界ジュニア選手権では見事銅メダルを獲得。

シニアのグランプリシリーズではどんな演技を見せてくれるのでしょうか、とっても楽しみですね。

【グランプリシリーズ2018-2019を見送った海外の選手たち】

次に、グランプリシリーズの出場を見送った海外の選手についてご紹介します。

 

●ハビエル・フェルナンデス選手

現役続行を発表するも、何試合かは出たいが休養をとりつつスローペースでやりたいとのことで、連戦となるグランプリシリーズは欠場するようです。

 

●アシュリー・ワグナー選手

少し休息を取りたいとのことで、休養による欠場となります。

 

●長洲未来選手(アメリカ)

無期限の休養を発表

 

●ケイトリン・オズモンド選手

2018-2010シーズンの休養を発表

 

●アンナ・ポゴリラヤ選手

2017-2018シーズンでも、怪我による負傷のため、グランプリシリーズのスケートアメリカとロシア選手権を欠場しています。

いまだ体調が回復していないのでは?という見方が濃厚のようです。

また、2018年7月に元アイスダンスの選手として活躍していたアンドレイ・ネフスキーさんとのご結婚を発表されました。

 

●アレックス・シブタニ/マイヤ・シブタニ組(アイスダンス)

2018-2010シーズンの休養を発表

 

●テッサ・バーチュー/スコット・モイヤ組(アイスダンス)

公式な発表はありませんが、アサインされていないところを見ると、休養の意思があるのかもしれません。

また、日本のアイスダンス、村元哉 中/クリス・リード組はペアを解消、そして、無良崇人選手、村上大介選手、パトリック・チャン選手、ミーシャ・ジー選手などが引退を発表しています。

 

グランプリシリーズ2018-2019まとめ

 

グランプリシリーズ2018-2019の日程や出場選手についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

出場を見送った選手や引退した選手も多く、2017-2018シーズンとはまた違った顔ぶれになりました。

日本の女子シングルでも、シニア3シーズン目となる松田悠良選手や、シニアデビューとなる山下真瑚選手などが出場、国内争いも活発化しそうです。

また、男子シングルのフリープログラムは従来の4分30秒から4分に変更された初めてのグランプリシリーズとなりますので、各選手の演技構成にも注目したいと思います。

スポンサーリンク

2 Comments

ミーシャ引退悲しい

ラジオノワ、出場しないのでは?
アサインはされても出場をやめたのか…ぬか喜びしました、残念です。

返信する
さくきよ

コメントありがとうございます。
ラジオノワ選手、エントリー発表後に欠場とのことで残念ですね。

ぬか喜びさせてしまい、申し訳ないです。
訂正させていただきました。m(_ _)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください