ディズニー夏イベント着替える場所はある?全身ずぶ濡れって本当?

ディズニーの大人気イベントといえば、夏のびしょ濡れイベントですよね。

行ってみたいけど濡れた時はどうするの?

着替えはあったほうがいい?

など、疑問の多いことも確かです。

今回は夏イベントの必要アイテム、びしょ濡れ対策についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ディズニー夏イベント着替える場所はある?濡れたらどうしてるの?

 

ディズニーの夏のイベントはびしょ濡れになることは皆さんご存知だと思います。

ですが、残念なことに決められた着替える場所はありません。

濡れたまま自然乾燥を待つ人もいれば、トイレで着替える方もいますし、ディズニーホテルに宿泊しているならば一度部屋に戻って着替えるという方もいます。

また、全身びしょ濡れは嫌だけどちょっと濡れるくらいなら…という方はカッパを着用していたりします。

カッパだとディズニーでも購入できますし、中には100均のカッパを予め持ってきて、終わったら捨てている方もいます。

100均だとお財布の負担も大きくないですし、「参加はしてみたいけれどあんまり服を濡らしたくない」という方は、カッパを持参することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

ディズニー夏イベントは全身ずぶ濡れになるって本当?参加時の注意点も

 

ディズニーの夏イベントでは、必ずしもびしょ濡れになるわけではありません。

自分がどこの場所でショーやパレードを見たかによって濡れ具合が変わってきます。

現在ディズニーシーで行われている、パイレーツ・サマーバトル”ゲットウェット!”ですが、前年度より水の使用量が大きく変わりました。

尋常じゃないほど水がかかるエリアは

・ミキ広(エントランス抜けてすぐの広いエリア)

・リドアイル(半月状の島)

・ザンビ前(ザンビーニ・ブラザーズリストランテの前)

の、3エリアです。

ちなみにこちらの3エリアは全身びしょ濡れになることを避けられませんし、抽選に当たらないと入れないエリアとなっていますので、ご注意を。

抽選箇所に関しては、東京ディズニーリゾート公式アプリもしくはヴェネツィアンゴンドラの乗り場へ向かう途中にある抽選所で行うことが出来ます。

全身びしょ濡れになってしまうということは、もちろん手荷物も濡れてしまいます。

防水加工や防水ケースを付けていないスマートフォンやiPhoneをポケットに入れておくのは、確実に水没してしまいます。

他には、自分の手荷物を持参したゴミ袋やお店で貰える袋で荷物が濡れるのを防いでいる方もいますが、容赦なく水が降りかかってきますので、コインロッカーに預けることをおすすめします。

しかし、コインロッカーも数に限りがありますので、お友達やカップル、家族で行く場合は出来るだけまとめてコインロッカーを使用してください。

 

ディズニー夏イベント濡れ対策 服装や持ち物&おすすめグッズは?

 

濡れ対策として、濡れてもいい服を着ていくことをおすすめします。

おめかしして行っても服が濡れてしまったらもったいないです。

特に女性の方に多いのですが、濡れても下着が透けない色や素材の服をおすすめします。

そして、着替えは確実に持って行くか、現地調達のほうが良いでしょう。

現地調達する場合、Tシャツは1,000円から2,000円ほどで購入することができます。

全身濡れるのはという方はカッパを持っていくといいでしょう。

カッパもパークだと1,000円で購入することが可能ですし、一度大きめのカッパを持っておくと、別の機会にも使用することが出来ます。

なんといっても外せないのがタオルです。

天気の良し悪しに関係なく、濡れたまま過ごすのは誰だって不快感を感じると思います。

バスタオルでなくてもハンドタオルでも充分ですので、荷物にならない大きさのタオルをひとつ持っていくことをおすすめします。

 

まとめ

 

びしょ濡れ必須のディズニーリゾート夏のイベントですが、この暑さならとても気持ちよく感じます。

手荷物もコインロッカーに預けてしまえば、あとは体ひとつで楽しめることもあって、全身びしょ濡れになってもお構いなしに楽しんでいる方がたくさんいます。

くれぐれも熱中症に注意しつつ、この時期ならではのイベントも皆さん体験しにいってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください