ディズニーシー絶叫系苦手でも楽しめる?おすすめの乗り物や過ごし方

ディズニーシーの人気アトラクションとはいえば、タワー・オブ・テラーやセンターオブジアースですよね。

この2つのアトラクションを目当てに、ディズニーシーへ行く方もいるのではないのでしょうか?

しかし、一緒にディズニーデートに行く彼女は絶叫系が乗れないけれど・・・どうしたらいいかわからない彼氏の為に、今回は絶叫系アトラクションに乗らないでディズニーデートを楽しむ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ディズニーシー絶叫系が苦手な人でも楽しめる?

 

ディズニーシーは、ランドに比べて大人な雰囲気があるパークとなっています。

ディズニーシーの絶叫系アトラクションは、タワー・オブ・テラー、センターオブジアース、レイジングスピリッツ、インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔境です。

しかし、ディズニーシーでは絶叫系アトラクションばかりではありません。

人気の絶叫系ではないアトラクションの代表例は、下記の通りです。

・トイ・ストーリーマニア

・アクアトピア

・ニモ&フレンズ シーライダー

・タートル・トーク

この他にもシアタータイプライドタイプのアトラクションがたくさんあるので、絶叫系アトラクションに乗らなくても日中満足して遊ぶことが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

ディズニーシー絶叫系苦手の人にもおすすめの乗り物は?

 

先ほど紹介した絶叫系ではないアトラクションの中で、私がおすすめしたいアトラクションを紹介します。

まず一つ目は、タートル・トーク

ファインディング・ニモのキャラクターでお馴染みの亀のクラッシュとお話できるシアタータイプのアトラクションです。

SSコロンビア号の地下室でハイドロフォンというマイクを使用して、おしゃべり好きなクラッシュとお話をします。

クラッシュ直々にお話ししたい相手を指名してくれたり、クラッシュとお話したい人は立候補できてしまうという。

クラッシュの他にも、ニモやドリーなどのファインディングニモのキャラクターたちがたくさん出てくるのも見所の一つです。

クラッシュと楽しいひと時を過ごしてください。

次におすすめするのが、トイ・ストーリーマニア

アトラクションの中に入った瞬間に広がるアンディの部屋、ゲストさんは自分がおもちゃになったような気分を味わえます。

アトラクションはライド型のシューティングゲームで、最後には得点も出るので、彼女と一緒に楽しめるアトラクションです。

ゲームの内容は、お皿を割ったり吹き矢を飛ばしたりカラーボールを使って特典が書いてる的に当てたり様々です。

くるくる動くライドや風が吹いたり水が飛んできたり体感的にも盛り上がること間違いなしです。

ファストパスの発券狙い目は開園直後ですが、走らず歩いてファストパス発券所まで向かってくださいね。

 

ディズニーシー乗り物以外の楽しみ方やおすすめの過ごし方も

 

実はアトラクションに乗らなくても、ディズニーシーは楽しめるスポットがたくさんあります。

私自身もアトラクションに乗らずに1日過ごすことが多いです。

ショーの鑑賞、フォトスポット巡り、食べ歩きなど気付いたらもう夜になっていたなんてことが何度かあります。

まず、ショーの鑑賞ですが季節ごとに行なっているショーは異なります。

春ならイースター、夏はパイレーツ、秋はハロウィン、冬はクリスマスとピクサー、パークの中もそのイベントに合わせた装飾になるんですよね。

ショーはメディテレーニアンハーバーで行われる為、どこからでも見やすい位置になっており、座り見と立ち見の場所があります。

キャラクターがどこに上陸するか等は、キャストさんに聞くとおすすめの場所を教えてくれますよ。

フォトスポットは、その時期でしか見ることができないのと限定のフォトスポットもパークの各所にあるので写真を撮るのにはおすすめです。

インスタ映えする箇所やキャストさんが撮ってくれるフォトロケーションもありますので、是非巡ってみてください。

ディズニーのパーク内の至る所に、フードワゴンがあります。

季節限定のフードや、今ならば35周年の期間しか販売されない食べ物がたくさんあって、どれにしようか迷ってしまうほど。

小腹が空いたときや口がちょっと寂しくなったときにぴったりで、カップルで半分こするのもおすすめ。

お値段もほとんどのフードワゴンが1,000円以下で購入できるので、是非お気に入りのフードワゴンを見つけてみてください。

 

まとめ

 

ディズニーシーは大人な雰囲気もあり、ランドよりシーの方が好きと言う方もいらっしゃいます。

上記に紹介した2つのアトラクションの他にも、おすすめのアトラクションがたくさんあります。

また、夜のメディテレーニアンハーバーの景色はとても幻想的でロマンチックなので、カップルで見ることをおすすめします。

絶叫系アトラクションに乗らなくてもディズニーシーを楽しむ方法!をお伝えしましたが、悩んでいるあなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください