ディズニーランドにスマホスタンドを持ち込みできる?禁止なものは?

ディズニーに遊びにきた思い出として、たくさんの写真や動画を撮りたいと考えている方も多いと思います。

中でも、パーク内の状況やInstagramのストーリーに投稿するために自撮り動画を撮ろうと考えている方も多いのではないでしょうか?

自撮りに欠かせないセルカ棒や三脚の持ち込みについてのルールや、スマホスタンドはどうなのだろう?と私も気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

ディズニーランドにスマホスタンドの持ち込み禁止?

 

自撮り写真や動画を撮るのに便利な道具として、スマホスタンドを持っている方も多いと思います。

ディズニーランド含めディズニーリゾートでは、撮影補助機材について禁止しているものと禁止していないものについて、公式ホームページに明記しています。

ディズニーリゾートの公式ホームページには、「片手で収まるハンドサイズの物に限り使用が認められる」との記載があるため、スマホスタンドは持ち込んでも大丈夫です。

ただ、スマホスタンドの使用についても可能ではありますが、安全のために他のゲストさんに迷惑になるような撮影や、登ってはいけない場所での撮影は禁止となっていますので、注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

ディズニーランドは三脚やセルカ棒の持ち込み禁止?ミニサイズや伸ばさなければ使える?

 

「シンデレラ城をうまく入れて写真を撮りたい!」

と、インスタ映え写真を狙いたい!と思っている方も多いかもしれません。

キャストさんや知らない人に頼むのもと躊躇ってしまい、ついセルカ棒を持ち込みたいと思ってしまいますよね。

ディズニーランドでは、パーク内での三脚やセルカ棒など、撮影補助機材の使用は禁止されています。

厳密に言えば、三脚はパーク内への持ち込み自体禁止ですが、セルカ棒は伸ばして使用しなければ持ち込みは可能ということです。

セルカ棒でも、両手で持たなければ使用できないほどの長くて大きいセルカ棒は持ち込むことは出来ませんが、伸ばさなくても片手で写真を撮ったり、動画を撮ったりすることが出来るセルカ棒であれば使用可能です。

もし、サイズオーバーのセルカ棒を持ち込もうとすると、ディズニーリゾートラインにあるコインロッカーに預けることになってしまい、せっかくの遊ぶ時間が少なくなってしまいます。

ミニタイプや自分の持ってきたセルカ棒は大丈夫かな?と不安に思ったら、持ち込み検査のときに、セキュリティキャストさんに聞いてみるのが1番安全だと思います。

また、キャストさんは今までいろんなゲストさんの写真を撮ってきており、写真撮影を頼んでも嫌な顔せず対応してくれます。

ノリのいいキャストさんも中にはいるので、遠慮せず写真撮影を頼んでくださいね。

 

ディズニーランドで三脚や自撮り棒を禁止する理由は?

 

ではなぜ、便利なセルカ棒や三脚の使用が禁止されているのかというと、元々セルカ棒は韓国で流行っていたものが、後に日本でも流行し、使用する人が増えてきました。

ディズニーランドでも、セルカ棒を持ち込んでパークを楽しむゲストさんがたくさんいました。

でも、人混みの中で使用することによって、伸ばしたセルカ棒に当たってしまって怪我をするゲストさんも増えてしまったのです。

そこでディズニーリゾートでは、ゲストさんの安全を第一に考え、パーク内でセルカ棒を伸ばして使用することを禁止し、その代わりに伸ばさず使用することを許可したのですね。

一方、三脚等については、ディズニーのショーやパレードは前方で場所取りしているゲストさんは着席し座り見するように、後方のゲストさんは立ち見するようにと決められています。

座り見、立ち見に関わらずスマホやカメラなどの撮影機材を使用する際に、頭の高さを超えると後ろのゲストさんが見えにくくなってしまうことから禁止されているんですよね。

以前から禁止されていたのかというとそうではなく、まだパーク内での三脚使用が認められていたときに、自分で撮影したパレードをDVD化して違法に販売していたということがあり、この問題が三脚使用禁止になった1番の原因だと言われています。

また、撮影機材だけではなく、小さいお子さんを抱っこしながらショーやパレードを鑑賞するときも、お子さんの頭が親御さんの頭を超えることも禁止されているので、子連れの方は注意してくださいね。

 

まとめ

 

ディズニーで禁止されている撮影補助機材について、細かなルールが出来てしまった背景があり、安全の為に禁止になっているということが分かりました。

セルカ棒やスマホスタンドは便利な反面、周りの人への配慮や注意が必要なものでもあるのですよね。

いろんな人が訪れる夢の国だからこそ、訪れるすべての人が楽しい時間を過ごしてほしい、そして、その中にはあなたもあなたの大切な人ももちろん含まれています。

自分たちや他の人が怪我をしない、させないという心遣いと、ディズニーランドにもルールがあることを忘れずに、楽しい1日を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください