大掃除はダイエットに効果あり?痩せるには冬に行う方が最良な訳とは?

200467大掃除、最近ではあえてしない人たちも増えているみたいですね。

汚れを落とすには夏や秋のほうが最適なのですが、実はダイエットしたいと思っている人には、大掃除は冬に行うといいのです。

それはなぜでしょうか?

大掃除はダイエットに効果あるの!?その理由とは?

家中を大掃除(掃除機をかける・窓ふき・風呂掃除など)すると、消費カロリーは3655kcalになるとのこと。

フルマラソンは2500~3500kcalなので、大掃除と消費カロリーは殆ど変わらないどころか、フルマラソンよりも大掃除のほうが消費カロリーは大きかったりするのです。

つまり、大掃除はダイエットに効果あるということ。

痩せて、しかもお家も綺麗になるなんて、こんな一石二鳥のダイエットはなかなか無いですよね。

面倒な大掃除もダイエットが目的になると俄然やる気が出てきませんか?

大掃除ダイエットで効果を出すのは冬が最良!?

大掃除は実は、汚れを落とすという点に関しては、油汚れなど暑さで浮きやすい夏や秋のほうが最適なのですが、ダイエットで効果をより出したいと思うなら、寒い冬が最良なのです。

割りと、夏に比べると冬は脂肪を溜めやすいからダイエットが難しいと思っている人が多いのですが、実は、冬の方が代謝がアップするのでダイエットには最良なのです。

スポンサーリンク

冬に代謝がアップするのはなぜかというと、人間の体には、周囲の温度に左右されず常に一定の体温を保とうとする働きがあって、
暑い夏は体温を下げる働きをし、寒い冬は体温を上げる働きをしてくれているのです。

体温を下げるエネルギーよりも体温を上げるエネルギーの方が、より多くの“力”が必要になるのですね。

つまり、寒いので体温を上げる冬は夏に比べて基礎代謝量がアップするのです。

同じ大掃除を行ったとすると、夏より冬に行うほうがダイエット効果が高いといえるのです。

寒いから大掃除なんてしたくないと思うかもしれませんが、

寒いからこそ大掃除すると痩せると思えば、気合が違ってくるかもしれないですね。

大掃除より更にダイエット効果が期待できるその方法とは?

大掃除はフルマラソンと同じくらいカロリーを消費するとはいえ、大掃除は一過性の作業です。

ダイエットというのは基本、継続することが一番効果的だったりします。

つまり、普段からのお掃除をこまめに定期的に行うことによって継続してダイエット効果を期待することが出来ます。

今は便利なお掃除ロボットにお任せしている家庭も増えているみたいですけれど、ダイエットのためには、自分で掃除機をかけたり、ほうきで掃いたり、雑巾がけをするほうが効果がより出るのではないでしょうか。

毎日の習慣の中に、お掃除を組み込んでしまいこまめに動くのが一番ダイエットには効果的かもしれませんね。

まとめ

寒い冬の大掃除、目的をダイエットにすると張り切って行えるかもしれません。

更に年末やその前の大掃除だけではなく、普段からのお掃除もダイエットを意識して行っていくと春には、スリムになっているかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
年末大掃除冷蔵庫はいつする?どのようにまた効率的な方法とは?
0歳児とのクリスマスの過ごし方特別な日にするには?プレゼントは?
ベルメゾンのディズニーおせち、味はどうなの?毎年食べている友人の感想!
大掃除どこから?いつ始める?抑えるべきコツと手順とは!?
おせち料理の中身それぞれの意味や盛り付け方は?わが家の手作りレシピも
大掃除の窓拭きやサッシの溝の汚れ取りいつすべき?コツとグッズをまとめてみた
noimage
noimage
年末大掃除と片づけは別々にしたほうがいい?その訳と時短テクとは?
noimage
子どもの写真入り年賀状を送る際に気をつけたいマナーや危険について
noimage
お歳暮のブロックハムの食べ方と簡単に手軽にできる味付け不要レシピも紹介!
noimage

Menu

HOME

TOP