ディズニーランドの混雑予想カレンダーって当たるの?避けるべき日は?

いつ行っても基本混んでいるディズニーランド。

でも、できるなら出来るだけ空いている日に行きたいですよね?

そういう人に為に、ディズニーランド&ディズニーシーの混雑予想カレンダーというサイトがあります。

ただ、ディズニーランド・ディズニーシーの混雑予想カレンダーって本当に当たるの?と疑問に思われる方もいると思います。

私も利用することがありますが、予想というだけあって実際に行ってみると違うって感じたことが何度かあります。

 

ということで今回は、ディズニーランド・ディズニーシーの混雑具合や混雑予想カレンダーについて、お伝えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーランド・ディズニーシーの混雑予想カレンダーって当たるの?

 

ディズニーランド・ディズニーシーの混雑予想カレンダーは、実際当たるのでしょうか?

ディズニーランド・ディズニーシーの混雑予想カレンダーは、開園以来過去のデータと1年間のスケジュールから算出しているので、一概に当たる・当たらないというのを答えることは出来ません。

実際に私も「かなり混雑」の日に行ってことはありますが、かなり混雑している感じはしませんでした。

毎年同じ条件、同じ気候になるわけではないので、それは仕方ないかと思います。

参考にするという位置づけがいいかもしれませんね。

 

ディズニーランド ディズニーシー混雑予想カレンダーを見るならこちら

参考 トップページディズニーランド ディズニーシー混雑予想カレンダー
スポンサーリンク

ディズニーランド・ディズニーシーの混雑予想で確実に避けるべき月や日はある?

 

ディズニーランドやディズニーシーの混雑予想で、確実に避けるべき月や日というのはあるのでしょうか?

私個人から見たときに、1年の中でもっとも混んでいると感じるのは2月と3月です。

混雑予想カレンダーも2月3月は他の月に比べて「かなりの混雑が予想される」になっています。

・卒業旅行でディズニーに遊びにくる子が多い

・中国の旧正月に当たる

・周年イベントの最終日が3月にある

卒業旅行のシーズンというのもあり、2月3月は制服を着た子達でいっぱいです。

また、2月3月限定で学生だけが利用できるキャンパスデーパスポートというものがあり、それを利用するとワンデーパスポートより安く購入できることもあり、それを利用する大学生や高校生が多数いるということです。

通年通してアジア系の観光客が多く感じるディズニーランドですが、2月には旧正月もあり、1月下旬から2月上旬までは特に多く感じます。

そして、過去のイベントもそうですが、周年イベントの最終日が3月なのです。

現在行われている35周年イベントですが、最終日が3月25日なので、最終日にディズニーに行こうと考える方もいるため、3月25日は混雑予想がされています。

上記の理由から、2月3月はあまりおすすめできません。

アトラクションメインでショーやパレードは見れたらいいかなって方にはあまり関係ありませんが、1年通してイベントの当日・最終日は混雑が予想されます。

今年の残りイベントスケジュールですが、

・夏のイベント:7月10日~9月2日

・ハロウィーン:9月11日~10月31日

・クリスマス:11月8日~12月25日

特にハロウィーンは人気もあり、全身仮装がイベント前日の9月10日から出来るというのもあり、混雑が予想されます。

 

ディズニーランド・ディズニーシー天気が雨の日は空いてる?月や曜日でも違う?

 

屋外のディズニーランド・ディズニーシーは、天気に左右されることが多いです。

雨の日は晴れの日に比べて空いていますし、台風の日に一度行きましたが、全然人がいなく、アトラクションの待ち時間も1時間以内でした。

土日祝日に比べたら平日の方が空いていますが、土日と絡めて月曜日や金曜日から遊びにくる遠方のゲストさんや学校行事の振替休日で遊びにくる家族連れもいるので、他の平日に比べると人が多く感じます。

確実に空いている日を狙うとしたら平日3日間ですが、閑散期と言われている1月・6月・11月もおすすめです。

 

まとめ

 

最後に混雑予想カレンダーについてまとめました。

・確実に当たるというわけではない

・実際に行ってみると予想と違ったりする

・混雑日を避ける場合は閑散期の平日がおすすめ

あくまでも予想ですので、予想が外れることもあります。

混雑していてもディズニーランドはインスタ映えする場所がたくさんあるので、パークの中を散歩するようにのんびり過ごすこともおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください