ディズニーシーに一人で行く際の楽しみ方は?おすすめの乗り物や過ごし方も

最近、何かと話題の「おひとりさま」。

誰かと一緒にいるわけではないから気楽で、好きなようにいろんなところに1人で行く方も多いのではないでしょうか?

中でもハードルが高いと言われる1人ディズニーをやってみたいけれど、周りの目が少し怖いという方に必見。

ディズニーは、1人で行っても充分に楽しめます。

今回は1人ディズニーシーの過ごし方について、ご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

ディズニーシーに一人で行く際の楽しみ方は?

 

1人ディズニーだと何をしていいか分からない、という方は結構いるのではないでしょうか?

たしかに、ディズニーリゾートは複数人で行くイメージがありますよね。

ですが、1人でも充分楽しめるのがディズニーです。

結構1人ディズニーをしている方を見ますし、私自身もよく1人ディズニーをしますし、言うほど周りの人は1人ディズニーしている方にどうこう言うことはありません。

私の1人ディズニーの楽しみは、フォトスポットを巡ること。

ディズニーシーは7つのテーマポートに分かれています。

エントランスを抜けたら広がるイタリアの街並み、その他にニューヨーク、近未来的、アラビア、海底、中央アメリカ、火山島をイメージしたエリア。

それぞれどの建物も細かく作り込まれているので、インスタ映えにもなりますし。

また、各シーズンごとにイベントが行われるのに際してパークの内装もガラッと変わります。

春はイースターの飾り、今時期の夏はパイレーツ、秋はハロウィン、冬はクリスマスとその時期にしか見ることができない季節ごとのフォトスポットがありますので、是非見に行ってみてください。

 

スポンサーリンク

お一人ディズニーシーおすすめの乗り物やショーは?

 

私は、1人ディズニーに行ってもアトラクションには乗りません。

しかし、1人で行っても周りの目を気にせず乗ることができるアトラクションがいくつかあります。

・ヴェネツィアン・ゴンドラ(メディテレーニアンハーバー)

・ニモ&フレンズ シーライダー(ポートディスカバリー)

・マジックランプシアター(アラビアンコースト)

・シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(アラビアンコースト)

・マーメイドラグーンシアター(マーメイドラグーン)

これらのアトラクションはシアタータイプで、一度にたくさんの人が入るので、あまり周りの目を気にする心配はないかと思います。

中には、1人でタワー・オブ・テラーや、センターオブジアースなどの絶叫アトラクションを乗る方もいますので、自分に合った楽しみ方をしてみてください。

1人でショーを鑑賞する際の注意点ですが、トイレに行きたい等で誰もいない状態になる場合、必ず近くにいるキャストさんに声をかけてくださいね。

声をかけないと、せっかく見やすい場所をとっても安全の為に荷物を撤去されたり、自分のとったスペースが小さくなってしまいます。

必ずキャストさんに声をかけ、出来るだけ短時間で戻るようにしてください。

 

お一人ディズニーシーおすすめのレストランや過ごし方も!

 

レストランで食事をする際も1人でのんびりと過ごすことができますし、ディズニーシーはランドと違ってお酒も飲むことができます。

SSコロンビア号の中にある、テディ・ルーズヴェルト・ラウンジというラウンジには、バーカウンターもあり、静かな空間でゆっくりとお酒を飲むこともできます。

また、私がよくやるのが・・・レストランではなく、ギョウザドッグうきわマン寿司ロールチュロス肉巻きおにぎりなどのフードワゴンで少しずつつまんでいます。

ほとんどが1,000円以内で購入でき、小腹が空いたなというときに近くのワゴンを覗いて、購入して食べ歩いています。

自分の好きなタイミングで食事ができるのも、1人ディズニーの醍醐味だと思います。

 

一人ディズニーシーまとめ

 

ディズニーは、1人で行っても充分に楽しめる場所です。

友達や家族、カップルで行くときには見ることが出来ない小さな発見もたくさんあり、あっという間に時間が経ってしまうほどです。

自分に合った1人ディズニーの楽しみ方を、是非見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください