バレーボールのチャレンジって何?いつからのルールでその仕組みとは?

バレーボール チャレンジ?

近年、バレーボールの新しいルールに加わったチャレンジシステムというのは、ご存知でしょうか?

現在、世界大会など大きな試合では当たり前になってきたようですけれど、リオオリンピックでも導入されています。

会場の大型ビジョンにプレー検証の映像が流れていたり、ベンチにいる監督がタブレットを持っているのをテレビで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

チャレンジシステムとは、チームの監督が審判の判定に対して異議を唱えた場合にビデオ判定を申請することですが、これには細かいルールがあるのです。

誰がチャレンジを要求できるのか、またどんなプレーが対象になるのか?

何度でもチャレンジシステムを使うことが出来るの?

そんな疑問を解消すべく、チャレンジシステムはいつから導入されたのか、チャレンジシステムを使うことによるメリットやデメリットなどを紹介していきたいと思います。

女子バレーリオオリンピック出場メンバーはこちら

女子バレーリオ五輪代表メンバーまとめ背番号順&試合日程とテレビ放送時間
追加:明石家サンタでリオ五輪女子バレー日本代表選手の元カレからこちらのページに辿り着かれた皆様へこちらにその点に関して書いていますので、ご覧いただけると嬉し...

スポンサーリンク
  

 

バレーボールのチャレンジって何?いつから導入されたルールなの?

 

バレーボールのチャレンジシステムというのは、簡単に言うとビデオ判定のことです。

バレーボールにおいて、インかアウトか等の不明瞭なケースなど、疑惑のある判定に対してビデオ判定を求めることが出来るシステムのことで、ビデオ映像を副審が確認して、会場の大型ビジョンにも映し出され、ボールのイン・アウト判定に関しては、CG映像で表現されます。

バレーボールのチャレンジシステムは、2012年のロンドンオリンピック後に試験導入が決定されました。

テニスやサッカーなど、審判判定の公平さが大前提となるスポーツの判定にコンピュータを採用し、人の目ではやむを得ず生じてしまう誤審を、限りなくゼロにするという動きが始まっています。

FIVBの国際大会では、2013年の男子バレーボールワールドリーグ、女子バレーボールワールドグランプリの一部の試合において、チャレンジシステムという名称で試験導入されました。

正式に導入された2014年の世界バレーでは、監督から両手の指でテレビ画面の四角を表すサインを審判に出し、チャレンジを要求するものでした。

2016年からチャレンジシステムが一部変更になり、指でサインを出すチャレンジ要求ではなく、ベンチに据え置きのタブレット端末で、判定対象のプレーが行われた5秒以内に要求することとされました。

選手交代やタイムアウトの要求も同様にタブレット端末で行うことになったことから、便利になった反面、素早く操作をしないといけないので、操作性の不便さも訴えられています。

出典:Wikipedia ビデオ判定 バレーボール

バレーボールのポジションの名称と特徴と、リオ代表の該当選手についてはこちら

バレーボールのポジションの名称と特徴は?リオ代表の該当選手とは?
8月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピックに出場が決まっている全日本女子バレーボール。そのオリンピック出場権をかけた世界最終予選大会をテレビで見た方も多...

 

バレーボールのチャレンジシステムの詳しい仕組みとは?

 

チャレンジシステムに関して、誰がいつどのように請求できるのか疑問に思うかもしれませんね。

まず、チャレンジを要求できるのはチーム監督です。

監督が不在の場合は、チームキャプテンが行うことが出来ます。

1セットに2回まで申告することが可能で、チャレンジが成功すればその回数は減ることはなく、また、選手が監督に伝えてチャレンジすることが可能です。

ただし、チャレンジを要求したいプレーから5秒以内に行うとされています。

具体的にチャレンジ要求出来るプレーのうち、よくテレビ中継で見たものを取り上げてみたいと思います。

・スパイクやブロック後における、ボールのアンテナへの接触(通常ネットの端に設置されているアンテナに当たると、スパイクやブロックをしても得点に繋がりません)

・選手によるネットタッチやアンテナへの接触(ボールと同様、選手もアンテナに触れてしまうと反則になります)

・ブロックした際にワンタッチがあったかどうか(ワンタッチがなくボールがコートの外に落ちていればアウトになり、ワンタッチ後にコートの外に落ちていれば得点に繋がります)

スポンサーリンク

この3つに関しては、実際のリプレイ映像が会場の大型ビジョンに映し出され、スローモーションで確認を行います。

ボールが落ちた場所がコートの内側なのか外側なのかをビデオ判定する場合は、実際の映像ではなく、CG映像で再現されたものが会場の大型ビジョンに映し出されます。

複数のカメラでボールの動きを追い、コンピュータでボールの軌道を再現出来ることから、ボールのイン・アウト判定はCGが可能であると言われています。

白いラインの上にボールの影が通過するアニメーション映像で、ボールの影がスタンプを押したように表示されて、着地ポイントが誰でもわかる仕組みになっています。

少しでもラインの上に影が乗っていれば、スパイクやサーブ、ブロックのポイントに繋がります。

その他にも「スパイク時にアタックラインを踏み越えてないか」、「リベロがトスを上げる位置は守備範囲のものか」など細かく要求出来るポイントがあるようです。

通常、テレビ観戦をしている中では、「ブロックのワンタッチ」や「ボールのイン・アウト」のチャレンジが主になってくるかと思います。

ボールが指先に触れているだけでもワンタッチと見なされますし、ボールの9割がコートの外に落ちていても、1割がライン上にあるだけで得点に繋がりますから、人の目では見逃されがちな大きな一点を取るために、チャレンジ要求が多くなるのも頷けますね。

バレーボールのルールでの反則や審判のサインに関してはこちら

バレーボールのルールで何をやったら反則になる?審判のサインとは
全日本女子バレーがリオデジャネイロオリンピック出場権を獲得して、再びバレーボールに注目が集まっていることと思います。得点シーンは分かるけど、ブロックやスパイ...

 

チャレンジシステム導入によるメリットとデメリットとは?

 

判定を公平に保つ目的で導入されたチャレンジシステムですが、正しい判定が認められて正しく得点が加算されるといったメリットがある一方、デメリットもあるようです。

スローモーションで再生される映像に、観客も歓喜と落胆で湧き上がるという楽しみがある中、会場の大型ビジョンで映像を確認している間は、当然プレーが中断している状態にあります。

そのため、プレーをしている選手の集中力に大きく影響しているのではなかとも言われています。

一つのプレーで試合の流れが一気に傾くバレーボール、その判定よりも「流れ」を重視したいと思う人も少なくないようです。

試合を見ている私たちも、試合が中断すると水を差されたような気持ちにもなりますよね。

また、チャレンジを要求するタブレット端末には、選手交代やタイムアウトなど7つの申請を兼ねていることから、操作ミスやタブレット端末の不具合により5秒以内にチャレンジの申請が通らないことがあり、ベンチを混乱させる一因にもなっています。

注目すべき問題点としては、ラリー中のインプレーについてもチャレンジが可能なため、ボールを拾って試合が継続出来る状態にあるにも関わらず、チャレンジが申請されたらラリー中でも試合を中断せざるを得ない場面が出てくる、ということではないでしょうか。

これに関して全日本女子の真鍋政義監督も「ラリーが止まるのは良くないのかなと思う」と語っているように、ルールとはいえ、バレーボールの醍醐味でもあるラリーが中断されてしまうのは、楽しみが損なわれてしまう印象を受けるファンも多いのではないかと思います。

そしてチャレンジは1セットに2回まで可能という点を利用し、タイムアウトの代わりにチャレンジを要求して、試合の流れをあえて止めているような場面もテレビ中継を通して見ることが出来ました。

試合の流れを変えたいというベンチの考えも分からなくはないですが、明らかに誰が見ても判定通りの場面でチャレンジ要求を行うのは、やはり会場の空気は良くないように感じました。

チャレンジを要求する際のルールを、今一度見直す必要がありそうです。

出典:NumberWeb バレーの新システムはなぜ”今”か? タブレットとチャレンジの問題点

 

まとめ

 

リオデジャネイロオリンピックでも正式に採用されることが決まっているこのチャレンジシステム。

チャレンジシステムと同様にビデオ判定が導入されているどのスポーツにも言えることですが、やはり試合が中断してしまうという所がネックになっているように感じます。

「公平を保つために」というルールはとても素晴らしいものですが、その反面で、タブレット端末の操作性、選手の集中力、試合の中断による試合時間の延長など、疑問に上がっている声に傾けた対応と改善が求められています。

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016メンバーに関してはこちら

全日本男子バレーFIVBワールドリーグ2016第3週中国大会メンバーまとめ
2016年7月1~3日に開催される全日本男子バレーFIVBワールドリーグ予選ラウンド第3週中国大会メンバーをまとめてみました。以下、FIVBワールドリーグ予選ラウンド...
スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

2016年リオオリンピック柔道男子女子日本代表選手まとめ
noimage
noimage
noimage
男子バレー石川祐希選手の経歴や武器とは?膝は大丈夫?
男子バレー小野寺太志の身長は親譲り?父も母も元バレー選手?
箱根駅伝のルールを初心者にも分かるようにまとめてみた!
小関也朱篤選手自由形から平泳ぎに?出身大学では北島康介選手の後輩?
バレーボールの試合をTV観戦する際に見るべきポイントや基礎知識とは?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
秋山雄飛(青学)の進路はどうなる?記録成績とレーザービームとは?

Menu

HOME

TOP