見忘れたドラマを見る方法?無料配信民放5局をまとめて見れるTVerとは?

200470
楽しみにしていたテレビドラマを見忘れてしまった、うっかり見逃してしまった、録画を忘れていた、録画出来ていなかった・・・そういうことって意外と有りますよね。

私もパソコンでテレビを観ているのですが、ソフトの不具合とかで録画予約していたのに録画出来てなくて、最終回を見逃してガッカリすることがたまにあります。

それも、1番楽しみにしていたドラマの最も知りたいと思っていた最終回だったりすると、そのガッカリ感は相当なものです。

野球中継で延長して、クライマックスの1番いいところが録画出来ていなかった・・・という悲しい出来事が起こることもあります。

もう、肩を落としてがっくりです。

そんな時、あなたはどうされていますか?

最近は、テレビ局のサービスで一定期間無料で見逃した最新のドラマやバラエティーの番組の再放送を見ることが出来たりするので、私はそれを利用しています。

有料無料いろいろあるのですが、今回はこれは一押しのおすすめ無料配信サイトをお伝えしたいと思います。

※とはいえ、必ずしも全ての見逃したドラマやバラエティー番組を網羅しているものではないので、もし、こういう便利なサイトも有るよというのがあれば、違法のもの以外でしたらコメントなどで教えて頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

 

見忘れたドラマを見る方法?無料配信民放5局をまとめて見れるTVer(ティーバー)がおすすめ!

 

2015年10月から、TVer(ティーバー)という、在京民放5社(日本テレビ放送網株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社 TBS テレビ、 株式会社テレビ東京、株式会社フジテレビジョン)が連携した、初めての公式テレビポータルの配信サービスが開始されるようになったのはご存知でしょうか?

TVer(ティーバー)に関して、より詳しくは以下をご覧ください。

民放5局がひとつに!約50番組がすべて無料です!

在京民放5社(日本テレビ放送網株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社 TBS テレビ、 株式会社テレビ東京、株式会社フジテレビジョン)が連携した初めての公式テレビポータル。

それは、各局の番組を好きなときに自由に楽しめるようになるキャッチアップサービスです。

さあ、あなたも新しいスタイルでテレビを楽しむ、TVer(ティーバー)に!

※1
キャッチアップサービスとは? 放送番組に関し、見逃してしまったなどリアルタイム視聴できなかったユーザーをター ゲットにした、放送後一定期間限定の放送局による公式無料動画配信サービス。(一部のアーカイブコンテンツも含まれます。)

各局の自社サービスや「TVer」からのサービスの他に、提携配信会社からのサービスも 含めた総称になります。

※2
サービス名称「TVer(ティーバー)」の由来 ユーザーの誰もが、場所や時間の制約から解放され、もっと自由に、もっと自分に合わせてテレビ番組を楽しめるようになります。

そんな新しいスタイルでテレビを視聴する人 たち(=TVer)が世の中にどんどん増え、テレビをこれまで以上に楽しんで頂きたいという願いを込めてつけました。
出典:TVer 公式HP

動画で説明を観ることが出来るので、どういうサービスなのかを知るには分かりやすかったです。

 

見忘れたドラマを見る方法?無料配信民放5局をまとめて見れるTVer(ティーバー)を私がおすすめする理由とは?

 

毎週楽しみにしているドラマを見逃してしまった時に、私もちょくちょく見逃し無料配信サービスで検索して、公式のテレビ局が配信している期間限定の無料配信で見逃したドラマを見るのですが・・・。

見たいドラマによってテレビ局が違うと、それぞれの公式HPでしか見られなくて、見逃したドラマが1つならいいのですが、フジテレビのドラマ1つ、日本テレビのドラマ1つという風になると別々にアクセスして観ないといけないというのは結構面倒になってくるのですよね。

その際には、このドラマはどのテレビ局のドラマだったっけ?といちいち調べないといけなくて、私自身はテレビ局によってドラマを見ているわけではなく、見たいドラマをその都度選んで観ているだけなので、どのテレビ局とかあんまり気にしていないのですよね。

テレビ局さんには申し訳ないのですけれど・・・ドラマが気に入れば観るし、気にいるものがなければ観ないという基準で、〇〇TVのドラマは絶対見なきゃというのは全く思っていないのです。

なので、民放5局の見逃したドラマやバラエティなどが一度に確認、視聴できるまとめサイトのような「TVer(ティーバー)」は、私みたいな人には物凄くありがたいサービスなのです。

どれだけ面倒だったかを更に具体的に言えば、TVer(ティーバー)の配信が始まる前は、見逃したドラマなどがあった場合で無料で見たい時には、日本テレビなら日テレ無料DATA!、TBSならTBSFREE、TV朝日ならテレ朝キャッチアップ、フジテレビなら+7(プラスセブン)、TV東京ならネットもテレ東キャンペーンと、それぞれのドラマが無料配信している局のサイトにアクセスして観ないと観られなかったのです。

スポンサーリンク

私は、どのドラマがどの局のドラマだったか5つの局だけでも混乱して、毎回どこだったけ?となっていたのですよね。(私の記憶力が乏しいだけなのかもしれないのですけれど。)

それが、TVer(ティーバー)にアクセスするだけで、見逃したドラマを局の壁を超えて観たいものだけ選んで観ることが出来るようになったのですから、待ってました!という感じでした。

有料の配信サービスなら同じことが出来るものもあるのですけれど、有料にすると観たいものが際限なく出てきてしまって、こんどはあれもこれも観たくなってTV観るのに忙しくなるので、違う弊害があって敢えて絞って無料を選択しています。

あくまでも、録画が失敗して見逃した時の保険のような感じで利用しています。

利用の仕方はそれぞれあると思うので、あくまでも私は上記の仕方の利用なのですけどね。

 

無料配信のTVer(ティーバー)の便利な使い方とは?

 

TVer(ティーバー)のサイトのトップページ上には、いろいろな便利な機能があります。

『新着』をクリックすれば、配信されてた最新のドラマやバラエティの一覧を見れます。

『注目』をクリックすれば、注目されている番組の一覧を見れます。

『まもなく配信終了』をクリックすると、配信終了間近の番組を見忘れずに済みます。
 
それぞれの局の無料配信サービスは期間が1週間くらいが殆どなので、新しい話が配信されると前の話は見れなくなるか、有料になるので注意しないといけないのです。

『さがす』では、番組名タレント名で検索も出来ますし、放送局別・ジャンル別・放送日別に検索出来るので、見逃した番組を探すのにすごく便利です。

『マイリスト』に登録しておくと、後で観る時に便利です。
  
とはいえ、期間限定の無料配信も多いので、見逃した番組を見る予定が、再度見逃すことになってしまいますのでご注意くださいね。

『トッピクス』は、ランダムに選ばれた?話題のトッピクスを観ることが出来ます。

『番組表』をクリックすると、今日を基準に前後およそ1週間分の過去未来の日付の番組をその日ごとに見られるので、見逃した番組名が出てこないなんて時には、番組表から探すことも出来ます。

私も普段見てなくて、チャンネル変えた時にたまたまちょこっと見た番組とかだと、後から見たいと思っても、どの番組だったのか意外と思い出せない時があって、地味に便利だと感じました。

TVの番組表は過去の番組表は消されてしまうので、新聞や番組表の載っている雑誌を購入していない私にはありがたいです。

因みに、TVer(ティーバー)のサイト内では、5局のあらゆるドラマやバラエティーなどの番組を網羅して配信しているわけではなくて、このドラマは本家の無料配信サービスはしているのに、TVer(ティーバー)では検索してもない?ってこともあるので、ご注意くださいね。

そういう場合には、TVer(ティーバー)のサイト画面をスクロールさせていくと、下に5局の無料配信サービス画像?があるので、その画像部分をクリックするとお目当ての放送局の無料配信画面から、目的のドラマが無料配信していることもあるので、諦めないで確認するといいですよ。

私もフラジャイルを見逃して、TVer(ティーバー)で検索しても出てこなくて、放送局にアクセスして無料で見逃した回を無事見ることが出来ましたから。

 

まとめ

 

TVer(ティーバー)の回し者?みたいになってしまったのですけれど・・・私自身とっても面倒に思っていた見逃した時のサービスが、すごく便利になって嬉しかったのですよね。

とはいえ、デメリットも有ります。

無料だからこそかもしれないのですが、CMが途中で必ず入る(だからこそ無料で運営出来るので当然ですが・・・。)

アクセス状況によってはスムーズに視聴できない(途中で止まっては再生を繰り返すのでイライラする時もある。)ことです。

視聴に問題が起きた時、例えば画面が止まったり動いたりとカクカクしたり、スムーズに見れない場合には、時間帯や日にちを変えて、改めて観るようにするのがおすすめです。

土日祝日や夜など、人気のあるドラマの見逃し配信(とくにドラマ放送直後や配送終了間近)にはアクセスが集中するので、切れ切れ配信になりやすい傾向があります。

人気のないドラマとか、バラエティーとかは全然問題なく観ることが出来るので、アクセスの集中が原因なのかと思われます。

あくまでも、便利なサイトなのですが、見逃した時だけ賢く使うというのが1番いいかもしれないです。

TV離れとは言われているのですけれど、楽しみなドラマや番組を見逃した時のあの脱力感は分かる人も多いのでは?

勿論、有料サービス、Blu-rayやDVD販売、レンタルもあるので、後から観ることも出来るので、よっぽどこれは!と思えばそれらのサービスを使えばいいのですけれど、実際問題そこまでの必要を感じてはいないので、そんな私にはありがたいサービスだったりするのです。

あなたも、見逃した!録画に失敗してショック!と思ったらこの記事を思い出して、利用してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP